Lifestyle

実はお酒はお肌にいい!?あなたを美肌に導くのは『●●酒』!!

そろそろ年末シーズン突入ですね。年末といえば、忘年会シーズンでもあります。お酒を飲む機会がいっきに増えますよね。実はお酒は、飲み方や使い方によっては女性にはうれしい美容効果が期待できるのです。特に、お酒の中でも、美容効果が高いといわれているのが……、『日本酒』なのです!!その『日本酒』に隠された美容・健康の効果を紹介したいと思います!!

resize[7]

『日本酒』に隠された美容効果!!

美白効果

『日本酒』の美肌効果と言ったら、まず美白ですね!!『日本酒』の原料に含まれる“コウジ酸”には、シミやほくろの原因になるメラニン色素を抑制します。だから、美白効果が期待できるですね~。保湿効果もあるので、しっとりモチ肌になるかも♪もちろん、甘酒にも同じような効果があります。

アンチエイジング効果

『日本酒』には、抗菌作用・抗酸化作用のある“フェルラ酸”が多く含まれていて、活性酵素を除去してくれます。つまり、アンチエイジング効果が高いんですね。上で挙げた美白効果がある“コウジ酸”にも、細胞の活性化や老化防止効果があるので、肌を若く保つ効果が、とても高いのです。『日本酒』の旨味成分である、αGG(α-グルコシルグリセロール)は、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させ、肌の保湿力や弾力性を維持する働きをします。『日本酒』を肌につけ続けて、2週間ほどで肌の弾力がアップした、という実験結果もあるようです!!うれしい効果が盛りだくさんです♪

血流改善効果

『日本酒』は、飲んだ後の体温の上昇が、他のアルコール飲料より2度ほど高く、さらにその体温を保つ効果があるそうです。そのため血流改善効果があり、肌のすみずみにまで、血液中の栄養素が行き渡ります。それによって顔の肌ツヤが良くなるといわれています。冬の寒い時期は、特に顔の血色が悪くなって、肌がくすみがちですが、そういうのが、改善されるかもしれませんね。また、顔だけじゃなくて、体中の血流改善にもなるので、肩こりや冷え性にも効果があります。塗るだけで血流を改善する効果もあるそうなので、お酒が飲めない方も、肌に塗ったりお風呂に入れたりして、『日本酒』の血流改善効果を実感してみてください!

健康維持

『日本酒』や酒粕には100種類以上の有効成分が含まれています。これらの機能成分は血管を詰まりにくくし、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などを予防するほか、アミノ酸が胃を丈夫にし、食欲を増進させる効果もあります。また、『日本酒』はお酒の中でも胃に優しく、胃潰瘍を防ぐと言われています。

リラクゼーション効果

『日本酒』には他のアルコール飲料よりも“アデノシン”が多量に含まれており、これが血管収縮を阻止する作用を備えていることがわかっています。つまり、収縮した血管が拡がり血液が流れやすくなるので、筋肉のこりがほぐれる効果があるのです。 また、『日本酒』の香りには神経を落ち着かせる作用があるとか!

これら3つの効果が美肌につながるものです!実は、お酒にこんな効果があったなんて驚きますよね??私自身もその一人です!!実際に女優の長澤まさみさんや藤原紀香さんも“日本酒美容”を取り入れているとか!!これは期待ができそうです。。。『日本酒』にあまり挑戦したことがないあなた!!呑んでみて実感するしかないですね!!