Lifestyle

女性必見!!あなたのその症状、もしかして「PMS」かも??

最近、耳にするキーワード「PMS」。

☑イライラする

☑首や肩がこる

☑感情を抑制できない etc……

生理前にこんな症状が出ていたら、それはもしかしたらPMSかもしれません!!

前回の女性ホルモンまとめ記事にも、このキーワードがあがっていることに気づいていたでしょうか??10代~20代前半の思春期の女性の悩みに多い症状です。ところで、PMSがどんなものかご存知でしょうか??

8372301538_10d425ea90_b[1]

PMSって??

PMSとは(Premenstrual Syndrome)の略で、日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。 生理が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調のことで、生理が始まると自然に治まったり、軽くなるのが特徴としてあげれています。

症状としては、乳房のハリや痛み•顔や手足のむくみ•不眠•便秘•下痢•頭痛•吐き気•にきび•食欲増進などの身体に影響するもの。また、イライラする•集中力がなくなる•憂うつになる•興奮する•不安が高まる•無気力になる•1人でいたくなる•仕事の能率が低下するなどの心に影響するものがあります。

PMSが起きてしまう原因って??

実は、PMSが起こる原因でハッキリとこれだ!というものはありません。ですが、いま考えられる原因としてあげられるものが3つあります。

1 プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響

排卵〜生理前に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)によって、脳内物質(GABA) や水分代謝に影響し、体調が不安定になるといわれています。

2 脳内物質の低下

排卵後、卵胞ホルモンの分泌が減ることにより、セロトニン (喜びを感じる脳内物質)が急激に低下し、ネガティブな気持ちを引き起こすといわれてます。

3 ビタミンやミネラルの欠乏

PMSの人は、ビタミン・ミネラルの微量栄養素の欠乏状態にあるといわれています。

PMSの症状が重い人はこんな人!!

上記の症状にもあるように、ストレスや疲労を抱えているであろう、働く女性に多くみられるような気がします。

特に注意してほしい人の例をあげてみると……、

◎就職、結婚、離婚そして、春になると多くなる一人暮らしなど、環境が変化する時期にある女性。また、その環境で強いストレスを抱えたりするとよりPMSが重くなっしまう可能性が高くなってしまうようです。

◎普段から几帳面、つらくても我慢してしまう、細かいことを気にしてしまうなど、繊細な性格な人ほど、PMSの症状を強く感じてしまう傾向があるようです。

◎バランスの悪い食事(たとえば、毎日コンビニ弁当など)のビタミンやミネラルが不足した食生活をしている人。また、たばこやお酒、甘いものなどの嗜好品を摂る人も症状が出やすくなりやすいといわれています。

PMSを改善するためには、あなたの生活習慣を見直す必要があります。生活習慣といえば、食事や睡眠、リラックスアイテムやサプリなどなど。。。次回は、PMSが軽減される改善方法を紹介していきます!!

 

 


2014/02/07 | キーワド: | 記事: