Lifestyle

幸せホルモン『セロトニン』を増加させて、”ストレス”に負けない強いカラダへ!!

☑夜眠れない☑最近イライラする☑カラダが疲れている気がする……、などの症状の経験は誰でもありますよね!

その症状を解消するためのひとつの方法が『セロトニン』の増加。セロトニンの増加といわれてもなんのことかわかりませんよね。。。今回は、このあまり聞きなれないセロトニンが”ストレス”に負けない強いカラダに導いてくれるワケを解説していきます!!

l201302141800

画像 Shawn Ntexas

【セロトニンって??】

セロトニンとは、“ノルアドレナリン”や“ドーパミン”と並んで、体内で特に重要な役割を果たしているといわれている三大神経伝達物質の一つです。

セロトニンは、人間の精神面に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも効果があるといわれているため別名『幸せホルモン』とも呼ばれているのです。

このセロトニンが不足すると、うつ病や不眠症などのカラダへの悪影響が起きてくるんだとか……。

【セロトニンを増加させること】

◎ 太陽の光を浴びること

セロトニンは、日中の明るい時間帯に多く分泌されるホルモンですが、その切り替えのスイッチとなるのが、朝、起床時の日光です。

◎ 規則正しい睡眠を心がける

よい睡眠をとるためには、睡眠ホルモンである“メラトニン”という物質が必要なんだそう。セロトニンはこのメラトニンの材料にもなっているともいわれています。夜遅くまで起きていたり、明るい中で眠っているとメラトニンの分泌が少なくなってしまいます。そうすると、質のいい眠りを手に入れることができなくなってしまいます!!規則正しい睡眠を心がけることで、セロトニンとメラトニンのバランスが良くなるのです!!

◎ 食事はバランスを考え、よく噛んで食べること

セロトニンの材料は、肉や魚、大豆などのたんぱく質を構成する“トリプトファン”というアミノ酸です。私たちが体内では作ることのできない必須アミノ酸の1つで、食べ物から十分に摂取することがとても重要です。

◎ リズム運動をする

一定のリズムを刻む運動を繰り返して行うとセロトニン神経が活性化されるとされています。

オススメな運動は、スクワット・ウォーキング・階段の昇り降りなどがあげられています。

◎スキンシップを大切にする

家族や恋人、ペットとのスキンシップで、セロトニンの分泌が増えるんだとか。メールや電話ではなく、実際に顔を合わせ、表情や仕草を間近に感じながら、スキンシップをとっていきましょう。

今までよりもハッピーな生活になれるカギとして、幸せホルモン『セロトニン』を紹介しました!!意外とできていない規則正しい生活を見直してみては??新生活が始まるこの時期、良い機会かもしれませんね♪S