Lifestyle

働き女子に急増中!?『五月病』対処をしてHAPPYに過ごそう★

悩む女性

4月が過ぎて、新生活を始めた人もやっと慣れてきた頃ではないですか??

仕事も覚えてきて、頑張りどころでもあるこの5月。そんな時期に、「カラダがだるいな~」と感じたりしていませんか??それは、五月病のせいかもしれませんよ。。。

 

そもそも五月病とは??

五月病=うつ病と同じものだと考えている人も多いかと思いますが……、実は少しちがうみたいなのです。

五月病

仕事や学校、転居などで環境が変わるときになるものです。この時期は、ストレスがたまりがち。。。そのストレスが一気にあらわれて、自律神経を乱れやすくなるのです。

自律神経が乱れると同時に、ホルモンバランスの乱れにもつながります。

そうなってくるとしたのような、症状があらわれてきます。

☑ 生理が定期的に来ない

☑ 肌荒れになりやすい

☑ カラダやココロが疲れやすい

☑ 仕事や勉強、家事などに集中できない

☑ 眠れない

これらの症状を感じたら「五月病」の可能性が高いようです。

また、「五月病=五月にしかならない」と考えている人も多いと思います。

そのとおりで、五月病は環境が変わるタイミングによって、時期も変わるようです。

うつ病

五月病と症状は似ているのですが、「気分が落ち込む」「ゆううつ」な気分が“長期”にわたって続いている場合、「うつ病」の可能性があるようです。。。

うつ病は、“精神的ストレス”や“身体的ストレス”が重なることなど、いろいろな理由から脳の機能障害が起きている状態といわれています。

ものの見方が否定的・悲観的になり、「自分はダメな人間なんだ」と考えるようになってしまうのです。

五月病とうつ病のおおきなちがいは、五月病は、”病気”ではないというということ!

(要は、気の持ちようなのです!!)

もし、気持ちが落ち込んだりしてしまったら…

★五月病を対処する方法★

1 身近な人と会話をする

五月病は、一人でストレスをため込むことが原因の1つ。辛いことや落ち込んでいるときは、家族や友人、恋人など、身近な人と楽しく過ごしてみるとキモチもスカッとしていいですよ。仲のいい友達には会社や学校で感じているグチをこぼしてもいいかも♪

2 気分転換をする

1の身近の人と会話をして、ストレスをためないようにすることもそうですが、ストレス発散をするためには“気分転換”が一番!!休日には、仕事や学校とは無関係の趣味に没頭してみるといいかも♪

3 食生活の改善

五月病のゆううつな気分は、脳内のセロトニンという物質が不足しているために起こることがあるそうです。

セロトニンの生成を高めるためには、セロトニンの原料となるトリプトファンを多く含むバナナ、乳製品、卵黄、ナッツ類、大豆製品、赤味の魚を摂取することが有効だといわれています。

また、イワシやレバー、アボカド、青魚、発芽玄米にも、セロトニン量を増加させる効果があるそうです。

いままでの食生活を見直す機会にもなるので、ぜひ参考にしてみてください♪

また、日光に当たることでもセロトニンが増加するので家で、ひきこもらずに日光パワーで元気をいただいちゃいましょう♪

ほかにも、お風呂に入ってリラックスをしたり、朝起きる時間を一定にするなどさまざまな対処法があるみたいです!余裕をもって、生活することが五月病の脱出するカギなのかもしれませんね。

 

「なんだか、気持ちが落ちこんでいるかも……」という人は、はやめの対処を心がけて!

「頑張らなくていいんだよ」と、疲れている自分を受け止めてあげて、この時期は少し頑張り過ぎないように、気持ちをラクにして過ごしてみてください❤


2014/05/17 | キーワド: | 記事: