Lifestyle

人にはいえないにおい問題「ワキガ」を完全OFF!?セルフチェック&対策

underarm odor

そろそろ汗ばむ季節が近づいてきましたよね。汗をかけば、気になるがにおい。

「自分だけならまだしも、ほかの人を不快にさせていたら……」と悩んでいる人も多いはずです。そこで、悩んでいる方のために、ワキガのセルフチェックと今回は、誰でも一度は使ったことがあるだろう制汗剤の選び方を紹介。

 そもそもワキのにおいってどうして起きるの??

皮膚全体には「皮脂腺」があり、2種類の汗を分泌します。通常のサラサラした汗は『エクリン腺』、お洋服の汗ジミやワキガなどの原因となるのは『アポクリン腺』なんだそう。

『アポクリン腺』から出る汗自体は無臭なのですが、脂肪酸が含まれるため、お肌の表面の細菌によって酸化され、“におい”の原因に!これが、ワキガが起きるメカニズムなのです。

ワキガのセルフチェック

自分は、ワキガ予備軍なのか……、とっても気になりますよね。

ここからは、ワキガのセルフチェック↓↓

☑ 入浴は、湯船につかるよりシャワーで済ますことが多い

☑ 肉や油っこいものが好きで良く食べる

 便秘がちだ

上記の3つで当てはまる数が多い人は、生活習慣に問題があるタイプ。

今はまだにおいの悩みがなくても、このまま続けていると体臭が強くなる可能性大です。

 

☑ ワキ汗の量が多い

 ワキ毛の量が多い/処理していない

上記の2つに心当たりがある人は、皮脂や汚れが汗と混ざって、雑菌が繁殖している可能性があります。知らず知らずのうちに、汗臭いにおいを発しているかも。

 

 耳垢はしっとり湿っているタイプ

 家族にワキガの人がいる

この2つに当てはまる人は、体質・遺伝的にワキガになりやすい人だといわれています。

 

☑ 白いシャツのワキ部分が黄ばみやすい

 ワキ毛に白い粉のようなものがつくことがある

☑ 脱いだシャツなどから、ツンとしたにおいがすることがある

こちらに「はい」という項目がある場合、すでに軽度のワキガかもしれません!!

 

「わたしってワキガだったんだ……」と落ち込まないでください!!

ここからは、におい対策の主流である「制汗剤の選び方POINTを紹介していきますよ~!!

ワキガに使える制汗剤の選び方のPOINT!

いま、使われている制汗剤の種類は、スプレータイプ・ロールオンタイプ・ローションタイプ・シートタイプの4 つあります。

いまさら聞けない方も多いかと思いますので解説していこうかと思います。

スプレータイプ

使用時にひんやりとした爽快感があり、さらっとした感触が長続きします。手軽にさっと吹きつけられるのが特徴です。

ロールオンタイプ

ロールオンタイプはボトルに液体状の制汗剤が入っており、ボトルのトップ部分にプラスチックなどのボールが入っているので、コロコロとお肌に転がすだけで簡単に塗ることが出来ます。

さらに、皮膚に直接塗るため、スプレーのように煙が拡散することもありません。

ローションタイプ

液体状の制汗剤をこのタイプは手のひらに乗せ、直接脇の下、もしくは全身につけるタイプです。効果を実感したい方、豪快にバシャバシャと使いたい方にお勧めです。

シートタイプ

持ち運びに便利で、日中でも気軽にケアすることが出来ます。汗が急に気になったときにも、さっと拭き取ることが出来るのが特徴です。

4つの特徴をふまえつつ、自分自身のワキガの強さで分けた使い方をしていきましょう!参考としては、下記のとおりです。


 ● ニオイレベルが【強】の場合

殺菌力が強いものを選ぶようにします。成分としては塩化ベンザルコニウムを配合しているものがおすすめ。

患部に直接塗りつけて汗腺にバリアをつくるスティックタイプがいいかと。


 ● ニオイレベルが【中】の場合

殺菌効果と制汗効果のバランスがとれたスプレータイプが使いやすいです。

成分としては塩化アルミニウムやイソプロピルメチルフェノールや銀配合と書かれたものを選ぶとよいそうです。


● ニオイレベルが【弱】の場合

汗をふくだけでいいのでシートタイプで十分!

成分などにもこだわる必要がないので安くてそれなりに消臭効果のありそうなものを選んでみてください。

 

いくらキレイに着飾っていても、汗のにおいはやっぱり気になってしまうもの。。。

みなさん、自分にあう制汗剤を選んで、ワキガはもちろんいやなにおいは完全OFFしていきましょう♪

 


2014/05/23 | キーワド: , | 記事: