Lifestyle

EMODA(エモダ)2014-2015秋冬コレクション開催【発表会レポ】

P1010006

先日、行われたEMODA(エモダ)2014-2015秋冬コレクションのランウェイショーの様子をお届けしていきます!

松本恵奈がプロデューサーを務めるEMODAの今季のテーマは、「ROCKABILLY DOLLS」。

まだかまだかと会場は、人と熱気であふれていました。会場にいる人オシャレな人がたくさんいました!

P1010003

*EMODAブランドコンセプト*

EMODA(エモダ)は、「MODE=トレンドの発信」をコンセプトにして、お洒落を楽しみたい女性の気持ちを満たしてくれるブランドです。プロデューサーの松本恵奈さんの想いがハイセンスでリアルクローズなスタイルに表現されています。

このコンセプトは、特に表れているのがデザインやアイテム。白と黒のモノトーンの世界観を基調に、さまざまな色や柄、素材を組み合わせて、女性らしさのあるスタイリングを提案しています。

また、ファッションブランドでありながら、その域を超えて、音楽、アート、カルチャーと結びつき、うまく融合されて新しいEMODAのファッションの形が創造されています。

ROCKABILY(ロカビリー)とは??

ROCKABILLY(ロカビリー)とは、1950年代にアメリカ南部中心で誕生した音楽のこと。

黒人音楽のブルースから生まれたロックンロールと白人音楽のヒルビリーが融合して生まれたもの。

日本では、1970年代後半から80年代初め、オールディーズブームと共に一部、50sファッションやコントラバスをスラップする音楽スタイルが見られたが、90年代のバンドブームにより多数の本格的なロカビリーバンドが登場し、音楽のみならずフラットトップやダックテール(ロカビリーのヘアスタイル)および50sアトミックデザインの生活用品やパターン、バップとジャイブ(ロカビリーのダンススタイル)と言った『ライフスタイル』のひとつとして認識され始めました。

今回のROCKABILLYのテーマにあったデザインを着こなすモデルさんたち!

image (2)image (1)

今のトレンドである、膝下丈スカートも実は50年代のファッションだったんですよ!!驚きです。。。

今回の ROCKABILLYのファッションは、白と黒のモノトーン基調でまさに、EMADA流のデザインでした。

タイトスカートやフレアスカートはもちろん、メンズ的なタイトなスキニースタイルも秋冬は注目のようです。アウターも秋冬といえば、やっぱりレザー。今季もまだまだ人気は継続されそうな予感。

また、EMODAの注目すべき点は、各アイテムの柄である。春夏のイメージが多い花柄も多く目立ちました。また、秋冬の柄の鉄板でもあるチェックも注目!!

imageimage (33)

遠くて、ファッションの細かいところまでは、写真に収めることができなかったことが残念です……。見入っている間に、終わってしまったランウェイ。これから夏に入るが、「秋冬にはやくならないかなー」とついつい気持ちが高まってしまいました❤ オシャレをするとその日の自分自身の気持ちも高まるし、ファッションを気を付けると自然と内面も磨かれていくのではないでしょうか??

これからもまだまだトレンドなファッション(もちろん、ビューティーも!)をみなさまにお届けするために、私、サトユリは飛び回りたいと思います!!

今後もお楽しみに♪

 


2014/05/27 | キーワド: | 記事: