Lifestyle

美サギ女子には常識な自撮りテク!?ざわちんの自撮りテクも❤

12

最近、芸能人のブログでもよく見られる自撮り写真。芸能人だけじゃなく、いわゆる一般的な人だってTwitterやFacebookなどのSNSのアイコン、写真で自撮り写真を投稿するというのが当たり前になっていますよね。でも、「写真と本人が全然違う!」と仰天するほどの変わりように遭遇した経験はありませんか?

実は、この自撮り旋風の裏には、女子たちの“キレイに魅せる”ための努力が隠されていたのです。。。今回は、私が調査した自撮りテク(ざわちんだってやってる自撮りテク!?)を紹介していきたいと思います。

 

1 光が多いところで撮影する

自分撮りをする上で一番大切なのは光!!光がたくさんあるところで撮影すれば、ぶれたり、暗い印象を与えるの防ぐだけでなく、肌をきれい見せる効果があるのです。(美肌女子に!)室内で自分撮りをする場合は、光がたくさんある場所で撮りましょう。

厳選!!効果的な場所3

『自動販売機』

夜の自動販売機の前で撮影すると輪郭が白くぼやけて優しい雰囲気の写真が撮れます。自動販売機を背にせず、自動販売機にからだを向けて撮影するといいみたいです。

自動販売機を背にして撮ると、逆光になってしまい顔が暗く写ってしまいます。

『お風呂』

こちらも湯気(蒸気)を利用してボカシ効果のある写真がとれちゃいます!自然な効果なので、加工感が少なく感じますよ。

『プリクラ機』

プリクラを撮るだけではもったいない!プリクラ機のライトは自撮りには最適な明るさなのです。プリクラついでに友達と自撮りにも挑戦してみましょう。※ ただし、いつまでもいると待っている人に迷惑なので許容範囲で行いましょう!

【ざわちんの場合】

電気の下で寝転んで、ライト効果を使うんだとか!顔のニキビやシミなどの小さなトラブルも光で飛ばせるんだって。(ぜひとも、すっぴんのときに試したいテクですね♪)

2 20度斜め上がベスト角度

スマートフォンや携帯をどの位置で撮るかが自分撮りの成功を大きく左右するのです。斜め上からの撮影は、小顔効果やでか目効果を生みますが、上すぎるのはダメ。自撮り女子がみんなやっているベストな角度は20度。あまり急角度だとにらんでいるようにみえるので、あくまでも自然に、撮影するのがポイントです。

【ざわちんの場合

目の形を自由自在に変えられるというざわちん。それにはこの3つの法則がカギ!

目をくりっとみせたい場合……上から

(また、輪郭を隠したい、面長な子も上からが効果バツグンみたい)

切れ長にみせたい場合……ナナメから

2重幅を広くみせたいなら……下から

3 気になる輪郭を隠す

自分撮りをすると「私ってこんなに顔が大きいの!?」とショックを受けた経験ありませんか?……ありますよね。顔の輪郭が気になる人はほお杖をついたり、ピースをすることで輪郭を上手く隠してみましょう。

【ざわちんの場合】

基本中の基本テクとしてあげているのが、手をほおに添えるテク。顔の大きさも隠せるし、可愛くも見えます。実際に、ざわちんのブログでもこのテクの写真はたくさんありました!(髪で隠すのも雰囲気にオシャレ感がでるのでやってみるといいかも❤)

4 とりあえず何枚も撮ってみる

“下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”ということわざのように、「写真も何枚も撮っていれば1つくらい奇跡の写真が……!?」というように根気よくやってみてください(笑)。

5 カメラアプリで加工ワザ

ただのカメラでとるだけではテクニックにも限界があります。今までのテクニックにカメラアプリをプラスすると、劇的に可愛くなってしまいますよ。

【ざわちんの場合】

ざわちんおすすめのズルイくらい盛れるというカメラアプリが『Puddingカメラ』『Poco美人相机』『PopCam』のこの3つ!!美肌にみせてくれるフィルターがすごいんだとか。(お肌のシミやシワ、ニキビまでなくなってしまいます!本当にサギレベルです。。。)

 

番外編 メイクで自撮りテクアップ!!

男子受けには、やっぱりスッピン自撮り!だと思いますが、女子に人気な自撮りって実はメイク時の写真なんです!!メイク時だと、その人自身のメイクテクニックが見れて参考にもなりますしね!ここからは、自撮りには欠かせないメイクのテクニックをパーツごと紹介♪

・ 目

アイライン、つけまつげで目元を強調しましょう。つけまつげが苦手な人もアイラインだけでもきちんと描くことで目元がはっきりします。

また、カラーコンタクトを付けて撮影する際は自然光の下でないとフラッシュでコンタクトレンズが光ってしまい宇宙人に見えるので注意が必要です。

・ 唇

グロスを下唇の中央部分に塗って、可愛くあひる口をしましょう。歯をむきだしにせず口角をあげるのがポイントです。

・ ほお

ほおのチークは、ほお骨の下に少こしだけつけてください。また、ほお骨の上に、同色系の、少し色の薄いカラーをのばしてみるといいかも。ほお骨が際立ち、小顔効果に期待大!

・ 髪

できるだけ髪で顔の輪郭を囲んでください。(小顔効果)毛先をクルンとカールさせたり遊ばせると表情が出ます。毛先に艶出しのスタイリング剤をつけておいてもいいですよ。

 

いかがでしたか??自撮り女子のテクを参考に自分自身のSNS画像も見違えた写真にしてみませんか?どうせやるならサギレベルに挑戦して楽しんでみてください(笑)。まだまだ、自撮り旋風は続く予感がしているサトユリがお届けしました~。

 


2014/06/11 | キーワド: , , , | 記事: