Makeup

ホリの深いハーフ顔を簡単につくるコツは「眉頭の下」にあった!

kate3

欧米人にくらべて顔の凹凸が少なく、のっぺりした顔が多い日本人。ホリの深い顔になりたい、メリハリのある顔立ちになりたいという願望、ありますよね?

「ハーフ顔になりたい」。でも、骨格そのものは変えられない。だから、いろんなテクを駆使して立体感をだすようなメイクをがんばっているわけですが。。。

立体感はほしい、でもナチュラルメイクにしたいなら

いままでハーフ顔をメイクでつくるには、まぶたのグラデーションが最大のポイントでした。アイシャドウでまぶたに濃淡をつけることによって、まぶたのホリが深いように見せていたわけです。

ただ、このメイク方法だとアイシャドウが濃くなりがち。少々ナチュラルさに欠ける仕上がりになってしまいます。

「メリハリはほしい、でもナチュラルさもほしい」というのが今のトレンドメイク。この2つを同時にかなえたいなら「眉頭の下」が最大のポイント! 方法はとっても簡単。眉頭下の三角ゾーンにマットな質感のダークベージュカラーをのせるだけ。たったコレだけでいいんです!

眉頭下の三角ゾーンはココ!

眉頭下の三角ゾーンはココ!

なんで眉下に塗るだけでいいのか? 立体感のある欧米人の顔をよーく観察すると、実は眉頭下あたりから鼻の付け根が始まっていいて、この部分に陰影ができているんです。平らな鼻の付け根部分(=眉頭下)にダークなカラーをのせることで、ホントはない立体感を演出してしまうというワケです。

 

鼻の付け根部分を陰影で高く見せる、骨格リメイクアイシャドウ!

(左)眉頭下にメイクなし。(右)眉頭下にメイクあり。

(左)眉頭下にメイクなし。(右)眉頭下にメイクあり。

同じマネキンの顔に、眉頭下の三角ゾーンにダークベージュをのせたもの(右)と、のせていないもの(左)を比べてみると一目瞭然です。マネキンの鼻の高さはいっしょなのに、右のほうが鼻が高く「ハーフっぽい顔」に見えるでしょう?

骨格をつくり変えるような「ケイト ブラウンシェードアイズ」

骨格をつくり変えるような「ケイト ブラウンシェードアイズ」

このメイクに使ったコスメはこちら。

ケイト ブラウンシェードアイズ(1,600円+税)

左側の3色はまぶたに、右側のベージュカラーを眉頭下の三角ゾーンに塗っています。まるで骨格をつくり変えたような自然でホリ深い目元をつくる「骨格リメイク」アイシャドウ。ブラウン系のバリエーションで全6色。発売は8月1日。ナチュラルハーフ顔メイクをつくる必須アイテムです!

 

 

 

 

 


2014/07/22 | キーワド: , , , | 記事: