Makeup

イメチェンするなら今がチャンス! 夏休み明け「なんか大人っぽくなった!」って言われるヘア&メイクTo Do List ~Part1~

0707Ray_0549

楽しかった夏ももうそろそろ終わり。季節もファッションも段々と秋めいていくのに、メイクはそのままなんてことない? 夏休み明けは、自分を変えるBIGチャンスです! レディなファッションが流行の今秋は、イメチェンするにはうってつけ。新しい季節に向けて、旬のヘア&メイク術をマスターして、さり気なく大人な自分をアピールしよう。

Part1アイラインだけで目の印象をチェンジ!

メイクの中で顔の印象を一番左右するのが、アイメイク。まぶたを単色シャドウで仕上げるなど、あまり色をのせないアイメイクがトレンドの今年は、目元の仕上がりはアイライン次第といえます。その日のファッションに合ったアイラインを選択すれば、ナチュラルだけど存在感のある目元に。全パターンマスターして、アイメイク上級者を目指そう!

インラインだけで…すっぴん風eye

色素薄い系の透明感のある目元にしたい時は、強めアイラインはNG。ただし、本当にアイラインを引かないと目元の印象がぼやけてしまうため、まつ毛の隙間を埋めるインラインを入れておくのがベスト。こうすることで、クリンとした可愛い目元が手に入ります。オススメは芯が柔らかめな黒のアイペンシル。上まつ毛の下からペン先を入れて、まつ毛の間をうめるようにラインを入れましょう。

0707Ray_0520

ソフトな囲みラインで…ナチュ盛りeye

目幅を大きくしてデカ目に見せる囲み目は、黒ライナーで上下を囲むと強い印象になり過ぎ。ライナーをグレーにして、目尻と下ラインをメインにした囲み目にすれば、大人な立体デカ目にチェンジ! ナチュラルな印象で目幅を広げることができます。オススメは深みのあるチャコールグレーのペンシル。上は目尻1/3のキワのみ描き、下ラインは黒目内側から目尻まで入れて、目尻を広めにぼかします。

0707Ray_0544

ブラウンのシャドウラインで…フェミニン立体eye

インラインは苦手だけど、目力は欲しいし、透明感も捨てがたい。そんな人にはブラウンシャドウの疑似ライナーがオススメ。ちょい太めのブラウンライナーを選ぶと、シャドウもラインも同時に描けるから、時短メイクにも最適です。目尻にややオーバー気味にブラウンラインを太めに入れて、キワはほんの少しだけぼかす程度に仕上げてると今風に。

0707Ray_0529

 太めの切れ長ラインで…大人めレディeye

華やかな大人顔を作るなら、黒でくっきり描いた切れ長ラインが一番。今年は延長ラインよりも極太ラインに仕上げるのがオシャレ。目元のインパクトはもちろん、ほんのりクラシカルな印象に。シャドウは単色塗りでシンプルに仕上げるのがコツ。オススメは黒のジェルライナーやリキッドライナー。目頭から目尻まで同じ太さで描き、目尻は5mmオーバー気味に。ハネ上げず、真横に描くのがポイントです。

0707Ray_0552

 

★詳しくは、発売中の「Ray10月号」をチェックして!

DSC_3683

 

 


2014/08/28 | キーワド: , , | 記事: