Makeup

絶対チェック❤2014秋メイクは奥二重をデカ目にみせる効果がたくさん!

img-922160016-3

「奥二重だって可愛いよ」なんて言われても、結局は幅広二重のほうが可愛いじゃん! そんな本音で生きる人に朗報です。2014年秋メイクは奥二重こそ活きるメイク。頑張らなくてもデカ目効果&旬顔になれちゃうって、知ってた?

 

元々の目のクセがあると、二重ラインはなかなか広がってはくれないのが現実。でも二重の幅を広げることばかりにとらわれていては、せっかくデカ目効果のあるシーズンメイクにまで頭が回りません。そこが落とし穴! ここまでの“二重幅メイク”を一回忘れて”2014秋メイク”を勉強しなおしましょう。そうすると、あれ? なんだか前よりデカ目かも?

 

 

”ハバ”よりも”ホリ”を意識してデカ目効果

今年の秋はスモーキーカラーを使ってシックに仕上げるのがポイント。各メーカーからもくすんだ色合いのアイカラーが次々に登場しています。しかも、単色でアイホールにのせてもしっかり肌に馴染んで違和感を感じさせない色ばかりなんです。普段難しくてアイホールにダークカラーを入れられない人も今年ならチャレンジしやすいはず。

 

どうやって”ホリ”を演出する?

”ホリ”とは眉毛~目までの間をダークカラーにするだけではありません。目全体をブラウンで囲ったり、目尻の色をぼかして目を大きくみせたり、デカ目効果のある涙袋だって、ハイライトをいれるのではなくダークカラーで目元をしめてあげることで目立ってきたりもするんです。むしろ、キラキラハイライトで頑張っている感がでるより印象はいいのかも?

ここからは2パターンにわけてご紹介していきます。

 

クール系美人デカ目を目指すには

奥二重の人が一番簡単にデカ目になれるのがこのタイプ。アイラインを目尻より長く、二重のラインにそって伸ばしていきます。そしてなだらかなカーブを描くように上に向けて軽く跳ね上げます。アイラインはなるべく細く引くのがポイント。アイカラーは濃くても肌に馴染みやすいですが、アイラインは肌色をパッキリをわけてしまうので逆に引き締め効果で目が小さくみえる可能性も。次にダークカラーのアイシャドウをカーブの外へ飛び出さないようにポンポンと馴染ませていきます。できるだけアイホールの真ん中は濃くせず、目の立体感をキープしながら仕上げていきます。最後にチップをティッシュやコットンで軽くこすり、もう色がつかなくなったくらいで目尻側から涙袋の下のラインを軽くなぞります。付け過ぎないように注意! あくまで“影”として演出しましょう。

名称未設定-1

ふわふわ系甘デカ目を目指すには

クール系が横幅を伸ばしてデカ目効果を狙ったのに対し、甘デカ目を目指すなら縦ラインを大きく見えるように演出していきます。あまりやりすぎると、せっかくの奥二重ラインも見えづらくなってしまうでそこだけ注意! まずアイライナーはなるべく目のキワのギリギリに引き、目尻側は跳ね上げずに、すーっと二重ラインの流れにそっておろすように引いていきます。黒目の大きさを際だたせるには目尻側はなるべく目立たないようにラインを引きましょう。その後、目全体を囲むようにダークカラーの中でも明るい方の色をのせていきます。そして一番濃い色で目のキワを埋めたら、最後に黒目の上と下を少し広めにぼかし、涙袋の真ん中が強調されるようにティッシュやコットンで色を落としたチップで涙袋真ん中下を軽くなぞります。

img-922160016-4

 

たったこれだけの工程で「あれ?あの子、あんなに目大きかったけ?」と思われちゃうかも❤ スモーキーカラーで色気も一緒にゲットしちゃえば秋のメイクは完璧!

 

 

一度試してみてくださいね♬

img-922160016-5


2014/09/22 | キーワド: , , | 記事: