Makeup

おしゃれ顔に見えるダークリップの使い方

5D-7808b

12月に入り本格的な冬の訪れを感じる今日この頃。メイクも冬仕様に変えたくて簡単にイメージチェンジできる方法を探してみたら…ありました♥ うっかり手を抜きがちなリップこそ冬メイクの大本命! この冬リップカラーはダーク系で“おしゃれ感と顔の引き締め効果”を叶えて、ちょっとリッチでイイオンナをめざしてみては?

ダークリップにはどんな効果があるの?

 

先にお伝えした通り、ダークリップはこの冬のトレンドアイテムなので塗るだけでおしゃれな印象に見えます。さらにクチビルの輪郭をボカす技を加えればメイク上級者に見えること間違いナシ!

 

次に冬太り解消にうれしい顔の引き締め効果。ピリッと辛口なダークカラーが視線を惹きつけて、顔の余白を目立ちにくくしてくれます! 冬でも隠すのが難しい顔面をカバーしてくれるなんて、使わない手はありませんね!(笑)

 

ダークリップの正解カラーってどんな色?

 

初心者さんでも挑戦しやすい人気のダークリップをまとめてみました。

 

1ボルドー系

5D-7749b

ダークリップの定番カラーといえばボルドー。どんなメイクにもなじむから、取り入れやすいのが人気の理由。

 

2プラム系

5D-7840b

ダークリップ使いに慣れてきたら挑戦したいおしゃれカラー。人と差をつけたい方におすすめ!

 

3レッド系

5D-7837b

流行の血色メイクにも使えるレッドは指でなじませて、にじんだような質感をつくるとケバくならすに使えます!

 

 

ダークリップを上手に使うコツは?

 

ダークリップを失敗しないために、おさえておきたいポイントはこの3つ↓

 

  • リップを塗る前にクチビルの色を消しておく

5D-7733b

コンシーラーやファンデーションを軽くなじませて、もとの赤みを消しておくとリップカラーがキレイに発色してくれます。

 

  • 中央を濃くして立体感を出す

5D-7737b

全体に色をのせたら、クチビルの中央部分にもう一度色を重ねて真ん中が濃くなるようにするとのっぺりクチビルを回避できます。

 

  • クチビルの輪郭を綿棒でボカす

5D-7739b

仕上げに綿棒でやさしくこすってクチビルの輪郭をボカすと、じんわりグラデーションが出来てダークリップが顔になじみます。

 

いかがでしたでしょうか? 使ってみれば意外と簡単なダークリップを取り入れて、冬らしくこっくり深みのあるリップカラーを楽しんでみてください♥

 

(撮影/山下拓史)

 


2014/12/04 | キーワド: , | 記事: