Skincare

唇荒れはもう卒業!乾燥を防ぎ、ふっくら色っぽい唇をつくる方法

男性が本能的に思わず惹かれてしまう女性の顔のパーツって、どこだか知ってますか?それは「目」でも「肌」でもなく、実は「唇」なんです。もちろん、男性にとって女性の「かわいい」かどうかを判断する上で、目や肌も重要なチェック項目になりえますが、唇はもっと“無意識的”に目をやってしまう、セックスアピールのつよい場所。そんなに引力のつよい、女子力のかなめとも言えるパーツなのに、この時期、乾燥に負けたままのガサガサ唇を放置しちゃっている人!そのままじゃ女子力だだ下がりですよ!これから冬に向かい、ますます乾燥はひどくなってくるから、このタイミングで唇のお手入れ方法をしっかり覚えておくことがマスト!以下で唇が荒れる原因とその解消法をご紹介しちゃいます。

8030200324_cd950ed32a_b

【唇が荒れる理由】

*「肌」ではなく「粘膜」だから

ついつい忘れがちですが、唇は肌ではなく、口の内部と同じ粘膜でできています。だから、肌と同じように、“水分不足をおぎなう為に皮脂を分泌する”ことができません。また、水分をキープする細胞も少ないので、ちょっとしたことですぐ乾燥する事態にも。だから、自分の手でマメにケアし、水分をあたえてあげることが大切なんです。

【唇荒れを招く4つの悪いクセ】

*舌で舐める

唇が荒れてくるとついついやってしまうのが、舌で唇を舐める行為。その場は唇が潤ったように見えても、唾液が乾くときいっしょに、元々あった水分も乾燥してしまうから、さらに乾燥をまねくことに。また、唾液には消化酵素が含まれているから、あんまり舐めすぎると炎症をおこしてしまうことも。充分注意してくださいね。

*口で息する

口で呼吸をすることは、その都度息で自分の唇を乾かしていることと同じこと!口をついつい開けたままの人は、鼻呼吸にシフトチェンジするだけでだいぶ変わります。

*ナプキンでゴシゴシふき取る

ついやってしまいがちなのが、コレ。きちんと汚れをふき取ろうとゴシゴシ唇をふいてしまうと、薄い角質層を傷つけて、ムリヤリ皮をはがすことにもなりかねません。ナプキンは上から軽くおさえたり、気になる場合は化粧室でお水で洗うなどしたほうが無難。

*リップクリームを塗りたくる

“きちんとリップクリームを塗って唇をケアしているつもりなのに、なんだかいっこうに改善されない……”そんな風に思った人は、これこそが本当の原因かも。リップクリームにも色んな種類がありますが、UVカットタイプやメンソールが強いものは、すでに唇が荒れている人には不向き。それに、“唇の乾燥が気になるから”と、何度も何度も塗りなおすと、それだけでデリケートな唇の表面には摩擦による負担がかかってしまいます。唇への刺激を極力減らすなら、低刺激なタイプのリップクリームを選んでください。

*刺激物をとりすぎる

冬のこの時期、“辛いものを食べてカラダをあっためたい!”なんて人も多いのではないでしょうか。でも、再三言ったように、唇の皮膚は薄くてデリケート。刺激の強い食べ物が触れただけでも、負担がかかると覚えておいてください。だから、以下の飲食物をとる際には要注意。

・     コーヒー
・     唐辛子などの香辛料
・     レモンやオレンジなど酸性の強いもの

刺激物を食べる際には事前にリップクリームでしっかり唇を保護するなどして、唇の上に膜を張っておきましょう。それだけで直接的な刺激がだいぶ軽減されます。

 

【ふっくら唇を叶える2つの方法】

*唇エクササイズ&マッサージで血行促進

寒くなると唇が青くなったりしますよね。それはいうまでもなく血行が悪くなっている証拠ですが、血行が悪くなると、栄養が届きづらくなり、唇が荒れてしまう原因にもなるんです。だから唇を動かして、血流の流れをスムーズにしてあげることが大切。 “スマイル・すぼめる”の動作を繰り返したりして、普段使わない部分を意識的に動かしてあげると◎。

また、唇をマッサージしてあげるのもいいですよ♪唇を軽くもんだり、唇の表面をくるくると円を描くようにマッサージすることで、血色もよくなるから、ヘルシーな印象の唇に♡

*唇パックでスペシャル保湿ケア

唇は肌にくらべ、ターンオーバーが3日間と極めてサイクルが短いことが特徴です。ダメージの回復が早いから、ケアした分だけ早く効果があらわれるということでもあります。だからたった10分の唇パックでも、見違えるほどつややかなリップを取り戻せますよ!

1.蒸しタオルで唇を数分間あたためる
2.ワセリンを唇にたっぷり塗る
3.ラップで唇にフタをして、5~10分ほどパックする
(この時、お風呂の湯船につかるのも効果的。蒸気でさらにふっくらとしあげてくれます)
4.ラップをはずし、そっとふき取る

短時間で充分効果的なので、10分、20分と欲張るのはあんまり効果ナシです。ラップによってかぶらないよう、口周りの皮膚にまで大きくかぶせないようにしてくださいね。

 

以上、唇の乾燥の原因と、ふっくら唇を手に入れるワンポイントアドバイスでした!

この冬、リップの潤いと女子力をしっかりキープして、男性に見つめられても恥ずかしくないふっくら唇でアピールしちゃいましょう♪


2013/11/18 | キーワド: , , , , | 記事: