Skincare

サプリより簡単! 女性ホルモンがアップする3つの方法

ピンクの下着には女性ホルモンをUPさせる効果があるとか

ちゃんとお手入れしているのに、肌がお疲れ気味だったりうるおいがなかったり……。もしかしたらそれは「女性ホルモン」が減っているからかも!

女性ホルモンの分泌は8~10歳くらいから始まって、30歳くらいの分泌量がピーク。その後、だんだんと減っていき、40代くらいから急激に減少してしまうと言われています。

バラの香り・ピンクの下着・女ホルUPのツボ!

女性ホルモンを減らしたくない、アップさせたい人におすすめな、スグにでもできる「女ホルアップ法」を3つ教えましょう!

①バラの花の香りをかぐ

バラの香りは嗅覚から脳を刺激して女ホルをUP!

バラの香りは脳を刺激して女ホルをUP!

クレオパトラも愛したといわれるバラ。バラの花の香りには、500を超える芳香物質が含まれていると言われ、脳を刺激して女性ホルモンの分泌を高めるのだとか。ちなみに、ほかの花はだいたい30種類しか芳香物質がないそうです。

 

②ピンク色の下着を身に着ける

女性はピンク色を見ると、無意識に「かわいい」という感情がでて、その気持ちから女性ホルモンが分泌されるのだとか。さらに直接身に着けることで肌感からもそれが感じられ、相乗効果でより女性ホルモンがアップします。

 

③「壇中(だんちゅう)」のツボを押す

女性ホルモンをアップさせるツボが「壇中」です。位置は、左右の乳首を結んだ線の真ん中にあります。ここを30秒くらい「イタキモチイイ」くらいの力加減で押してみましょう!

 

以上の嗅覚・視覚・触覚の3つから、女性ホルモンをふやしてみてください!

 

逆に、女性ホルモンを減らしてしまう5つの悪習慣

加齢とともに女性ホルモンが減少してしまうのは、やむを得ない部分はあります。ただ、それ以外にも減らしてしまう原因があります。それがこちら。

●偏った食生活

●睡眠不足

●水分不足

●冷え

●喫煙

当てはまるもの、いくつありますか? これらの女性ホルモンによくない生活習慣をおくっていると、20代や30代であっても、すでに女性ホルモンがかなり減少してきているはず。。。orz

美肌&アンチエイジングには不可欠な女性ホルモン。増やす&減らさないためにも、いまからできる対策を!

 

 

 


2014/06/25 | キーワド: , , , | 記事: