Skincare

目薬・エステ・手術!?白目ケアランキングNo.1発表!!【白目ケア後編】

sirome

前回の記事で、白目ケア第5位『サプリメント』・第4位『ドリンク』と紹介してきましたが、白目ケアの本番はここからです!!

早速行ってみましょう!

第3位 インド目薬でクリアに

白目をクリアにすることで有名な目薬、フランス発の「INNOXA(イノクサ)」や、ジョンソン・エンド・ジョンソンの「Visine(バイシン)」はもう当たり前ですよね。それでも満足する結果が得られなかったり、ちょっと違うブランドを試してみたい人は、インド発の「Catramide(カトラミデ)」と「NETRAPRABHA(ネトラプラバ)」なんてどうでしょうか?

カトラミデ」 ハーブやロータスハニー(蓮の花の蜜)が含まれている。この蜜が眼球の充血や濁り、白内障の予防にも役立つ。

ネトラプラバ」 ハチミツが主成分で、かなりねっとりとした目薬。白目の血管を引き締める効果があるので、充血を取り除いてくれる。また、眼球にこびりついた汚れも取り除いてくれる。

megusuri

どちらもアーユルヴェーダというインドの伝統医学発祥で、ドクターのオススメ度も口コミの評価もかなり高いです。一滴たらすと最低でも5分は涙がこぼれ続け、ひどい激痛がするようなのですが……あとからくる爽快感ドライアイ改善白目のきれいさに使用者はやみつきのようです! 2つとも日本では販売されていないのですが、インターネットで取り寄せることができます。お値段は各600円。

第2位 眼球エステでクリアに

最近では白目をきれいにするために、専門の美容クリニックが登場しています。その数もじわじわと増えつつありますが、眼球エステといえば東京都港区赤坂にある「三井メディカルクリニック」。そちらで行われている2つの白目ケア方法をご紹介します。

ネトラヴァスティ」 アーユルヴェーダ発祥で、ギーと呼ばれるバターオイルで目を洗浄するという方法。眼精疲労、近視進行予防、ドライアイ、黄ばみがおちる、目元の活性化、シワやクマの改善などの効果が期待できる。所要時間30分で、お値段は5,250円です。

アイホワイトニング充血した目を一瞬で白くすることができる、即効性のある方法。症状に合わせて医師が用意した13種類の目薬をどんどん点眼し、白目をクリアに。ただし、施術後1時間はコンタクトができない、当日はアイメイク等の化粧は禁止などの注意事項があります。所要時間10分で、お値段は6,300円です。

第1位 白目の手術でクリアに(番外編?!)

ついにアメリカでは美容のための目のホワイトニング手術が話題になっています。最も注目されているのがI-BRITEです。

I-BRITE充血を引き起こす原因となる毛細血管や、黄色っぽく変色した部分の膜を取り除いてしまうという手術。時間は30分程度で、翌日の生活になんの支障もありません。ですが、この手術はまだロスかカリフォルニアでしか受けれず、費用もなんと片目で30~50万(日本円)です!両目合わせるとかなり高額なので、ちょっと手が出しづらいですね。

 

白目ケア方法のランキングはいかがでしたでしょうか?「I-BRITE」は、目の健康を害してしまう恐れがあると一部の外科医から問題になっているちょっと危険な方法のようです。なので1位だけど番外編としてご紹介。 子供のときの澄んだ目の白さが今となっては懐かしい……だけど、美しさを追求するあまり目の健康を損なってしまっては、意味がありませんよね。正しい白目ケア方法で、いつどこで誰に会ってもクリアな瞳でいられるようにしましょう♪


2014/07/04 | キーワド: , , | 記事: