Skincare

ひと夏で3歳老ける!? 紫外線が肌に与えるコワ~い影響

日差し・若い女性

先週の猛暑日、キツかったですね~! 今週はやや落ち着いていますが、まだまだこれからが夏本番!

ところで、みなさんは、ちゃんと紫外線対策していますか?

紫外線が肌に与える影響は、日焼けして黒くなるだけでなく、内側では、肌細胞が破壊されて老化が進んでいるんです。

これがいわゆる「光老化」。結果として、紫外線にあたると、シミ・タルミにつながることに。

改めて学んでおきたい「日焼けのメカニズム」をご紹介します。

 

そもそも紫外線とは?

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と見えない光(赤外線や紫外線等)があります。

紫外線は、波長の長さによって、UV-A~Cまであり、実際に地表に届くのがUV-AとUV-Bです。

「UV-A」

地表に届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌を黒くして真皮まで到達。毛穴の目立ちや乾燥、シミ、シワ、たるみの原因に。

「UV-B」

地表に届く紫外線の約1割ですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなり、大量に浴びると赤く炎症を起こし、シミ、そばかす、さらには皮膚がんなどの原因にも。

雨や曇りの日も注意が必要!

日差しの強さ=紫外線照射量と思われがちですが、曇っていても晴れた日の6割強の量が地表に届いています(晴れた日の紫外線量を100%とすると、曇60%、雨30%)。また、UV-AはUV-Bに比べると雲による影響が少ないうえ、窓ガラスも通過するため、室内にいても注意が必要です。

 

UV-Bがシミを作り、UV-Aがシワを刻む「光老化」から肌を守る必要があります

UV-Bが表皮に侵入すると、ガード役のメラノサイトが紫外線から細胞内のDNAを守るバリアー「メラニン色素」を分泌。メラニンに染まった細胞は、通常はターンオーバーによって皮膚表面から剥がれていきますが、紫外線を浴び続けるとメラニン色素が過剰に分泌し続け、シミとなります。

UV-Bは曇りの日には量が減少し、また窓ガラスにより80%以上吸収されるので、直射日光を避ける他、SPF表示の一般的な日焼け止めでダメージを防ぐことが出来ますが、波長の長いUV-Aは、曇り空や季節の変化でも殆ど量が変わらず、窓ガラスも通り抜けてしまいます。作用が穏やかなだけでに、気付かず間にジワジワと真皮層まで到達し、コーラゲンやエラスチンを破壊し、真皮層からシワを刻んでしまうのです。

 

シミ・くすみのできるメカニズム

シミ・くすみのできるメカニズム

守る&攻めるの2STEPで美白肌をGET!!

美白肌のキープで一番大切なのは、肌を紫外線から守ること。日常使いからアウトドア、さらには肌の体調によって様々なUVカット製品を使い分けるのがオススメです。日常使いするには、SPF30・PA+++ぐらいあれば十分。それよりも大事なことは、こまめに塗り直すことです。

まずは日焼けに表示されているSPF・PA値を改めて確認しよう

「SPF」

Sun Protection Factorの略で、UV-Bの防止効果を表す指標。塗布後に紫外線を浴びて20分間肌を守る数値をSPF1とし、数値が大きい程防止効果が高い。現在の最高レベルは50+。

「PA」

Protection grade of UV-Aの略で、UV-Aの防止効果を示します。PA+(効果がある)~PA+++(非常に効果がある)などで表示。去年からPA++++が最高レベルの表記に。

 

日焼け止めの一例をご紹介

デイリー

デイリー

アウトドア

アウトドア

 

シミ・くすみの目的別対策コスメで最大限の効果を狙って!!

日常生活で、外的要因を完璧に防ぐのは不可能。そこで必要なのが、目的別に対応した美白スキンケア。できちゃったシミを集中的にケアするスポッツ系、くすみを払って顔全体を明るくしてくれるうるおい美白、かつて日焼け派だった人にプレエイジ美白、その他、目元用美白や美白シートマスクなど、多種多様。美白アイテムを使い続け、さらに日々のお手入れてメラニンを含む古い角質も落とすことが大切です。

 

美白アイテムの一例をご紹介

集中美白美容液

集中美白美容液

うるおい美白化粧水

うるおい美白化粧水

目元用美白クリーム

目元用美白クリーム

 

(出典:Ray2014年5月号より)

 


2014/07/30 | キーワド: , , | 記事: