Skincare

20代からやるべき美の秘訣 【神崎恵さん編】

神崎l[1]JPG

「まだ若いからオールで遊ぶ♪」「お肌の乾燥とか気になったことないし大丈夫でしょ?」と思っているそこのあなた、油断禁物です! 今は大丈夫だと思っていてもちゃんとケアしておかないと10年後にドン!ときますよ。今から始められる、知って損じゃない美容法をご紹介します。
今回20代からやるべき美の秘訣を紹介してくださるのは、ビューティブラッシュアップコンサルタント・美容研究家の神崎恵さん。ひとりひとりに合わせたメイクやライフスタイルを提案するアトリエ『muit』主宰。『「あのコの可愛さは普通じゃない」と噂される女になる』など美容系の著書も多数。

■神崎さんの20代のころ■
なんとなくまわりの友人に取り残されてる感じがして、いろんな資格を取得する日々を送っていたそう。さらに不規則な生活リズムに慣れず、お肌のくすみやかさつきに悩まされる日々…。25才で出産を経験、油と肉抜きダイエットを試したこともあったけどお肌のハリが失われて逆に老けて見えるようになってしまったとか。それからは友達と外食に行ったときは好きな物を食べたり、好きな映画を観たりとストレスのない生活を送ったら肌荒れが気にならなくなりました。女性の美容は日々の不安やストレスの解放も大事と実感! それ以来、ひとりひとりのライフスタイルを通して美容法を考えるように。

神崎さんがオススメする20代にやっとくべき美容テク

1、結婚して子供を産んでもヒップをたるませない!
「肩甲骨を出す運動」
肩甲骨は体の中でサスペンダーのような役割。肉で埋まってしまうと、ヒップがたるみだらしない後ろ姿に。1日にたった約3分間のエクササイズを取り入れるだけで後ろ姿美人になれるんです。壁に向かって両腕を壁につき、腕立てふせのように腕を曲げる。これを1日数回行なうだけでスレンダーな後ろ姿をGET!

2、ごわついた肌を10才若く見せる!?
「古い角質の除去」
お肌のごわつきは古い角質によるものかも。洗顔の前に不要なものを取り除くケアを。一週間に一度の目安で行えばみるみるうちになめらかお肌に。スキンケアの浸透もUPします

「毎日ローションマスク」
毎日、ローションマスクをすると肌があきらかに変わります。ローションパックで肌をやわらかくして。おもわず触れたくなるもちもち肌を手に入れましょう♡
① 化粧水を含ませたコットンをお肌に乗せる。化粧水は安いものでいいので、たっぷりバシャバシャとコットンに含ませるのがポイントです。
② その上からラップを乗せ15分くらいキープ。

mn1410-2791[1]JPG

 

3、体の冷えを防いで代謝UP!!
20代のときに体を温めていると老化しづらくなります。もうすでに半身浴などで冷え予防をしている女性は多いと思いますが、+αでやっておくと効果バツグン!

 
神崎さん流20代からやるべき美容法はいかがでしたか。あなたも今日から始めて健康的でキレイな女性を目指しましょう!