Skincare

ガングロ金髪ギャル男が白肌美魔男(びまだん)へ!【福タローさん美容人生前半戦ッ】

スクリーンショット(2014-09-03 14.46.48)

みんな夏の気候楽しんでる!? まだまだギュンギュンに夏だぜ! 編集部にこんなキャラいなかったって、俺だよ俺。ツボユリです。今回はガングロ金髪ギャル男だったのに今では白肌美魔男(びまだん)※美魔女の男性ver. に劇的な変化を遂げた、日本人初の男性美容研究家である福タローさんの“美容人生”についてお聞きしてきました。(以下 福タローさん目線でお送りします)

 

中学生の頃からニキビ肌に悩まされていたあの頃

中学生の頃からずっとニキビ跡もひどくて、自分に自身がなくて、それを隠そうと30歳までガングロ金髪でした。週2回センター街の日サロに通っていて 黒いことがアイデンティティで。ピーク時は依存症で昼に焼いたのに夕方には「白くなってきたかも」と思ったり…

29歳くらいに「このままでいいのか?」と思ってたんだけどそのまま決断できずにぐずぐずしていて。でも30歳のお誕生日会で「福ちゃんの肌ってブラマヨみたいだよね。」と友達に言われて。悪気があって言ったわけではないと思うんですけど、とてもショックだったので、そこでやっとふんぎりがつきました。

img-812104136-1

 

 

第一段階 スキンケア

その頃はデパートの化粧品コーナーを練り歩いて、いろんなスキンケア商品を試してみていました。その頃、メンズでスキンケア商品っていうのもそこまで出てきてなかったし、「とにかく高いもの使ったらいいんでしょ!」とシャネルのスキンケアラインを揃えてみたり(笑)。でも、しばらく使ってみたら、シャネルは自分の肌に合わないことが分かったんです。自分の肌に合うか合わないか使ってみないと分からないから、半年くらい色々試しまくってました。メンタル面でも、“自分は美に対して一歩踏み込んだんだ!”という意識が生まれて、モチベーションも上がりました。

 

 

 

第二段階 エステ

エステもスキンケアと一緒でメンタル面でも磨かれた気がします。日サロはきっぱりやめたけど、まだまだガングロ金髪だったから周りからも怪訝な目で見られて。エステに行こうにも、男性だから…見かけがギャル男だから…というので門前払いに近い対応を受けたり。その環境を乗り越えるのがすごくハードルが高かったです。でもキレイになりたいからめげずに色んなエステをまわって。そこで対応して頂いた色んな先生にも美容のことについて教えてもらえることで知識も増えました。それからは自分でも美容の本を読んでみたり、食生活も自炊にして食材にも気をつけたりして、段々と今の自分に近づいてきている頃ですね。

 

 

 

第三段階 美容医療

そこからは自分の力だけでは限界があったし、いよいよ美容医療の道へと入っていったんです。今まで本当に色んな美容医療を試してきました。その中でも、自分のオススメを紹介しちゃいま…ちょっと待った! 長くなったから続きは次回だぜ!

 

 

というわけで次回の記事は福タローさんが実際に体験した、美容医療の成功談&失敗談! 乞うご期待~!


2014/09/16 | キーワド: , | 記事: