Skincare

黒ずみやブツブツのない角質レス肌になろう!

名称未設定-2

みんな誰もが一度は試したことのある角質ケア。毛穴パックやピーリング…若い頃は全然悩まなかったのに、なぜこんなことになってしまったの!? 毎日悩んでいるアナタ。角質を除去することも大事ですが、角質を新しく作らないように基礎の肌を整えていきませんか?

 めんどくさがりな人ほどキレイになれる

最近話題の”肌断食”。いままでにきくことのなかった言葉なだけに、真新しい印象を受けてしまいますが考えてみれば”何もしない”ということ。角質が気になるからスクラブ洗顔、皮脂が気になるからしっかり落とせるクレンジング…など、そうやってどんどん肌に過保護になっていくうちに肌表面のバリアが正常に働かなくなり、もっとトラブルを発生させてしまっていることも。選びきれないほどの化粧品&スキンケアが並ぶ今だからこそ、しっかりと選んでいくことが大切になってきます。

img-922160016-1

 

クレンジングやスキンケアの前にメイクを見直そう

”肌断食”ときくと、スキンケアを純粋に水に近いものに! と考えがちですが(もちろん間違った考え方ではありません)その前に、毎朝のメイクを見直すことが肝心なんです。一般的な化粧品には合成界面活性剤が使われています。合成界面活性剤とは、いわば洗剤のようなもの(!)。元からある肌のバリア効果を弱めてしまう他、しっかり洗ったつもりでも肌にしぶとく残留し、私達の体をジワジワ蝕んでいくのです…。ちなみに合成界面活性剤を使った日用品(洗顔料・クレンジング・石鹸・歯磨き粉など)も注意が必要! ものによってはその洗浄力たるや台所クリーナーに劣らない洗浄力なんだとか。台所クリーナーを肌につけているなんて、考えただけでゾッとしますよね。本当は肌に何もつけないのがベストですが、そうもいきません。では、どんな化粧品を選んだほうがいいんでしょう?

 

 

クレンジング剤を使わなくて良い化粧品を選ぼう

肌のシミ、シワ、くすみが気になる人ほど(自分の肌を真剣に気にしている人ほど)化粧は厚塗りになりがち。厚塗りになればなるほど肌はトラブルが起こりやすく、コンプレックスも増すばかり。やっぱり元の素肌の状態を良くしないといずれ”ああ、なんでしっかりケアしなかったんだろう”という事態になりかねません。最近の化粧品はミネラルを多く含んだパウダーや、自然由来の成分を使用したものも多く発売されています。100%天然成分でないにしても、コテコテの人工成分に比べれば肌への負担は少なくなるでしょう。さらに、クレンジング剤を使用せずに石鹸だけでメイクオフできてしまう化粧品も発売されています。合成界面活性剤を使用していない石鹸と併用して使用すれば、肌に合成界面活性剤も残留せず、肌本来のバリア機能を回復に導き、時間のかかっていたクレンジングの時間も短縮! なんて嬉しい相乗効果も期待できます。

肌が1番若いのは今この瞬間。

「スキンケアや化粧品を見直すのは、人目のつかない冬休み…いや、来年からにしよう。」なんて先延ばしにしないで、細胞が一番若い今から始めないと損ですよ。

 

今年の秋は”肌活”に力を入れて、目指せ! うるプル素肌❤

img-922160016-2

 


2014/09/23 | キーワド: , , , , | 記事: