Skincare

もう一度会いたい!男性をとりこにするベースメイク3選 【超ナチュラル仕上げ編】

ファンデ(メイン)

女子にとってメイクに欠かせないアイテム・ファンデーション! 毎日使うからこそ、本当にいいものを使いたいですよね。そこで今回は、ファンデーションを上手に使いこなす3つのコツを紹介します。どんな愛されメイクも基本のベースが大事! いつもと違うあなたのお肌に誰もが魅了されるはず!

 

「超ナチュラルに仕上げたい!」→下地+コンシーラー+パウダー

1、下地を使うのが美肌への近道です
「下地」は日焼け止めですませちゃう人が多いけど、ファンデーションのノリをよくするために必須です。赤みやくすみが気になる人は、イエロー系を選ぶのが正解です。また下地を塗る場合はスポンジを使って。直に塗るよりも崩れにくくなります。
① 目の下は、下地をやや多めにのせてハイライト効果を狙って。引っぱるように塗るとヨレるので、ハンコを押すように内側から外側へポンポンとなじませていきます。
② くすみ&赤みが気になる小鼻は、スポンジの角を使ってしっかりなじませます。口のまわりはよく動く部分でヨレやすいので薄~く塗っていきましょう。気になる毛穴には専用の下地がGOOD!

【おすすめ下地】

1下地ANNASUI JPG
クリーミィ ファンデーション プライマー
SPF20・PA++ 3,000円+税/アナスイ コスメティックス

 

2、コンシーラーはお悩み別に使い分けて!
例えば同じコンシーラーでもシミとクマでは使うべき質感、塗り方が違うもの!
ニキビ・シミには、しっかりカバーできるかための質感がGOOD。まず細筆でニキビやシミにピンポイントでのせます。次にスポンジでコンシーラーをのせた部分の輪郭をぼかす。最後にフェイスパウダーをのせたら完成です。
皮膚が薄い目のまわりにできるクマは、肌にピタッと密着するやわらかい質感を選びましょう。まずクマが気になる部分にコンシーラーを点でのせます。「少ないかな?」と思う程度の量でOK。次にスポンジでポンポンとやさしくたたきこみなじませます。最後に目頭がくすんでいる人はスポンジに残ったコンシーラーを目頭にもなじませて完成です。
小鼻の赤みは意外と目立つのでコンシーラーでしっかりカバーしましょう。クマに使うものと同じく、薄くのびてフィットするタイプを選ぶのが正解。まず小鼻の横をなぞるようになるべく薄くコンシーラーをのせます。次にスポンジの角を小鼻の溝にあて、毛穴を埋めこむような間隔でたたきこんでなじませます。最後にスポンジに残った分で口の周りをカバーします。

【おすすめコンシーラー】

2コンシーラー JPG
スーパーミネラル コンシーラー ロングキープ
02 1,200円+税/メイベリンニューヨーク

 

3、仕上げのパウダーはなりたい肌に合わせて
ファンデーションを薄く塗ってもパウダーを大量に重ねたら厚塗り感が出て台なし!
①まずムラなく仕上げるため、ブラシにパウダーを含ませ、ティッシュの上で余分な粉を落とし、ブラシ全体に行き渡らせます。
②テカりやすい部分からパウダーをのせていきます。Tゾーンは粉が多めにつくよう、ブラシを寝かせ、それ以外はくるくると円を描くようになじませます。BB&CCクリームの場合は、皮脂の多いTゾーン&皮膚が薄くてヨレやすい目の下だけをパウダーでカバーしておけばOK。テカりやすい部分を中心に、ごくごく少量をふんわりかぶせることがポイント!

【おすすめパウダー】

3パウダー JPG
スーパー ミネラル ルースパウダー ロングキープ
全1色 1,700円+税/メイベリン ニューヨーク
ファンデーションを上手に使い分けて最上級の美肌をめざしましょう!

 

 

 


2014/10/14 | キーワド: , , | 記事: