Skincare

ナッツの美容効果で美肌を叶える!

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.08)

前々から美容効果があるとして人気の”ナッツ”ですが、いまの季節は特にナッツと組み合わせのよい食材も多く、積極的に摂取したいところ。そこで今回はナッツの種類別の効能をお届けします。美容にもダイエットにも非常に嬉しい効果が期待できるナッツ。今日から毎日のおかずに、おやつに、取り入れてみてはいかがでしょう?

img-Y16133447-4

ナッツの美容効果おさらい

ナッツに含まれる「オレイン酸」は、動物性脂肪や植物油に多く含まれる脂肪酸で、腸を滑らかにして便秘などを改善してくれる効果があります。さらに、体の中の悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを増やして血液をサラサラにしてくれる働きもあるので美容の手助けをしてくれる、自然由来の優秀な食材! ちなみにオレイン酸はアンチエイジングで話題の成分、「オメガ9」を含むものも多く、皮膚刺激が少なく肌にも優しいのでクリームやローションなどのスキンケア用品の原料に使われたりもしているんだそうです。

 

 

 

 

【プチメモ】★★★

オメガ◯◯って何?

オメガには3,6,9の合計3種類があり、先ほど出てきたオメガ9とオメガ3は多価飽和脂肪酸という脂肪酸のこと。善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあります。

そしてオメガ6ですが、主にリノール酸と呼ばれ、こちらも同じく善玉コレステロールを増やす働きがあるのですが摂り過ぎると悪玉コレステロールを増やす働きもあるので注意。

この注意ポイントを踏まえた上で理想的な摂取バランスは…

オメガ3が1あるのに対してオメガ6が2摂取できれば良いわけなのですが、丁度その比率で摂取できるのが日本の銀杏と栗だけなんだそう。

 

ええっ! ※ いきなりの一人称感

 

 

…日本の銀杏と栗だけなんだ。(これってちょっとスゴイですよね)

では、具体的なナッツの効能についてみていきましょう。

 

 

 

 

ナッツの種類別の効能

 

マカダミアナッツ

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.08)

ナッツのなかでも最もオメガ9を豊富に含んでいる種類です。体のエネルギー代謝を促進してくれるナイアシンも入っているので、体に脂肪を貯めこまない効果も期待できます。

 

 

 

ヘーゼルナッツ

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.12)

一般的にナッツに含まれるビタミンEがとても豊富! さらに気分の落ち込みを防いでくれるビオチンも豊富に入っているので、暗い気分になってしまった時はヘーゼルナッツを食べれば良い効果が期待できるかもしれませんね。

 

 

ピーカン

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.16)

こちらも、ビタミンEを非常に多く含み、さらに高いアンチエイジング効果が期待できるナッツでもあります。若返り効果にはピーカン、ですかね。

 

 

アーモンド

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.18)

この中では最も豊富にビタミンEを含むナッツです。さらにビタミンB2とナイアシンも豊富なのでエネルギー代謝を高め、余分な脂肪を排出して肌を健康に保つ効果が期待できます。アーモンドは私達に一番身近なナッツですから、ナッツ美容法初心者の方にはオススメです。

 

 

ピスタチオ

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.22)

アーモンドと同じくビタミンEを多く含み、ビタミンKを含む数少ないナッツでもあります。そのため、お腹の中の善玉菌を守る効果が期待できます。

 

 

カシュー

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.25)

カシューナッツはナッツの中でも唯一、必須アミノ酸をほぼバランスよく含んでおり、優秀なアミノ酸供給源と言えます。ビタミンEが少ないことが他のナッツより少し劣る点ではありますが、ビタミンKを含む少ない種類でもあります。

 

 

ピーナッツ

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.28)

ピーナッツはお酒をよく飲む人にオススメのナッツです。ビタミンB1を豊富に含み、疲労回復やストレス解消効果も期待できます。また、ビオチンとナイアシンも多く含んでいるのでエネルギーの代謝も高めてくれます。

 

 

 

くるみ

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.31)

くるみはビタミンEを豊富に含み、ねずみを使った研究ではくるみを与えた老齢のねずみの記憶力が回復したことが報告されています。そのため、「ブレイン(脳)フード」と呼ばれるようになり、人間ね対してもアルツハイマー予防効果が期待されています。

 

 

銀杏

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.38)

銀杏は外国由来のナッツには含まれないビタミンCを豊富に含む貴重なナッツで、免疫力を向上させる働きのほか、秋の花粉症予防にも優れています。銀杏の葉も医療品に使われるなど、捨てるところのない優秀な食材です。

 

 

スクリーンショット(2014-11-16 14.12.35)

銀杏と同様にビタミンCを多く含み免疫力を高めてくれるので風邪予防に効果的。こちらも花粉症対策に効果に◎。鉄分やカルシウムを多く含む野菜と一緒に食べるとその吸収を促してくれる効果が期待できます。栗は単体で食べるよりも食卓に並べて野菜と一緒に摂取したほうが効率がよさそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやってみてみると、”ナッツ”と一言ではまとめられないほどの種類と効能があることがわかります。肉、魚、野菜などの栄養と違って、「持ち運んで気軽にいつでも食べられる。」ことがナッツの魅力でもあるのではないでしょうか。

 

美味しいから…と、ついつい食べ過ぎてしまうのには注意が必要ですが、いつも食べているおやつをナッツにかえるだけで1週間後にはしっとりと潤いのある肌が蘇っているかも。寒い乾燥の季節を乗り切るために、外側だけでなく内側からもしっかり乾燥対策をしていけると安心ですね。