Skincare

冬の乾燥に気をつけて!女性に増えている『皮脂欠乏性湿疹』

byo2014112101

肌の露出が減る冬こそ気をつけたいのが肌の保湿。人の目につくところのケアはしっかり行なっていたのに、露出が減ったとたん「めんどくさいからいいや」なんておざなりになっていませんか? 今回は、いきすぎた乾燥から起こる皮脂欠乏性湿疹についてご紹介します。

byo2014112102

乾燥しきった肌の行く末

乾燥しすぎた肌は、かゆみを伴う皮脂欠乏性湿疹へと、どんどん状態が進行していきます。皮脂欠乏性湿疹とは皮ふの表面に細かい粉がふき、フケのように皮ふが剥がれて亀甲模様の亀裂やシワがみられる『いきすぎた乾燥』のこと。さらに、かゆみから強く皮ふを引っ掻いたりすることで皮膚が赤くなったりブツブツができ、そのまま放置しておくと次第に色素が沈着して黒ずむことも。

 

 

乾燥肌こそ、更なる乾燥をまねく

皮ふが乾燥すると角質層にすき間ができて水分が蒸発しやすくなり、更なる乾燥を生み出します。それだけではなく、すき間ができると外部からの細菌やウイルスも入りやすくなってしまいます。そしてかゆみを感じる神経線維の数が増え、その長さも皮ふの外側に向けて伸びて刺激に敏感になるため、いままで以上にかゆみを感じやすくなるんです。そこまでいくと異常なかゆみに眠れなくなったり、日常生活にも支障をきたすように。

byo2014112104

 

皮脂欠乏性湿疹まで進行させないために

進行すると怖い皮脂欠乏性湿疹ですが、元をたどれば肌が乾燥しているせいで起こるもの。進行する前に保湿ケアをしっかり行なって、悩みのない肌にしていきましょう。

 

 

バスタイムで気をつけるべき注意点

熱いお湯で長風呂をしてしまうと皮ふ温が高まってかゆみが増すので避けたほうが◎。体を洗うときもナイロンタオルでゴシゴシ洗ってしまうと角質層がはがれおちて薄くなり、さらに乾燥を悪化させるので✗。なるべく優しい繊維のものか、手で洗うくらいで十分。石鹸やシャンプーは少量を1度手のひらで泡立ててからつけるようにしましょう。多量につけてしまうと角質層の脂分が取り除かれる危険もあります。

byo2014112103

 

 

洗顔で気をつけるべき注意点【冬】

1・洗顔料は優しいものを選ぶ

夏に使っていたような「皮脂をしっかりとる」系の洗顔料はオススメできません。ただでさえ皮脂が少なくなる時期ですから、できるだけ刺激の少ないものを選んで使うようにしましょう。

 

2・お湯の温度を上げ&下げ過ぎない

洗顔時には熱すぎるお湯で洗うのはNG! これも必要な油分までとってしまうので乾燥の原因に。逆に冷たい水で洗顔すると毛穴が引き締まってしまって十分に汚れが取れず、お風呂あがりのスキンケアもしっかり吸収しづらくなります。適温は「ちょっと暖かいかな」くらいの温度。具体的には、脂性肌・・・32〜34℃くらい、普通肌・・・30〜34℃くらい、乾燥肌・・・26〜28℃くらい、混合肌・・・28〜32℃くらいです。

 

ビタミンA、ビタミンEで乾燥を防ごう

ビタミンAと、ビタミンEには皮ふを乾燥から守り、皮ふの再生を高める働きがあるので積極的に摂取していきたいところ。ビタミンAが多く含まれる食品はレバー、卵黄、うなぎ、緑黄色野菜など。ビタミンEは穀類、胚芽油、豆類などに多く含まれています。ダイエットにも使える食材なので、肌ケアしながらダイエットをしてみてもいいかもしれませんね。

byo2014112105

 


2014/11/25 | キーワド: , , , | 記事: