Skincare

寝不足だけが原因じゃない!“青クマ・茶クマ・黒クマ”タイプ別クマ解消法!

coupe du monde

目の下にクマがあると疲れた印象や、老けた印象に見られがちですよね。最近では女性の3人に1人がクマに悩んでいるそうです。一般的に寝不足がクマの原因だと言われていますが、実は原因は寝不足だけじゃありません。

クマには異なる原因をもつ3タイプがあるのです!それは、“青クマ・茶クマ・黒クマ”と呼ばれ、それぞれ対処法が違います。自分のクマタイプを知って、正しいアプローチで解消しましょう。

 

3タイプの“クマ”

まずは、“青クマ・茶クマ・黒クマ”の3タイプ、一体自分のクマはどれに当てはまるのでしょうか?それぞれ見分け方はこちらです。

青クマ⇒皮膚の下の静脈の色が青くみえるものなので、皮膚をひっぱってもクマが動かない

茶クマ⇒皮膚の色素沈着によるものなので、皮膚をひっぱるとクマも一緒に動く

黒クマ⇒皮膚がひっぱられてのびると、クマの色が消えて見えなくなる

 

青クマの原因

一般的なクマと言えばこの青クマです。目の下が青く見える原因は、目のまわりの血液がうっ血しているからです。目のまわりの皮膚は他の皮膚に比べてとても薄く、とくに、目の下はたったの0.6mmしかありません。0.6mmとは、卵の薄皮程度です。ストレスによりうっ血した血液が黒ずむと、その部分が青黒く見えて“クマ”としてあらわれるのです。

ストレス以外にも、睡眠不足・疲労・ストレス・血行不良・ドライアイ・眼精疲労もうっ血を引き起こします。 

茶クマの原因

お仕事疲れの女性に多いのが、この茶クマです。茶色く見える原因は、色素沈着です。色素沈着は、目をこするなどの摩擦が大きな刺激となります。さらに、アイメイクがしっかり落とせていないと残ったメイクが酸化して、そこに紫外線があたると色素沈着してしまいます。 

黒クマの原因

年齢を重ねた女性に多いのが、この茶クマです。黒く見える原因は、下まぶたのたるみです。たるみやシワが目元に影をつくり、それがシワのように見えてしまうので影クマとも呼ばれます。たるみは加齢による影響のほか、過度なダイエットによって不健康な肌になることが影響しています。

 

基本的なクマ解消法

青クマ解消法

青クマは目の周りの血行を良くすることが重要です。現代人はパソコンや携帯を長時間使用するので、首や肩が凝って顔全体がうっ血しやすくなります。

◆蒸しタオル・強めのまばたきをする

蒸しタオルで温めたり、強めのまばたきで目のまわりの筋肉を動かすことで血行を促進することができます。

◆青魚を積極的に食べる

青魚は血液循環の改善に効果大。あじ・いわし・にしん・ほっけ・かつお・サバには血液をサラサラにする効果があるので、積極的に食べましょう。

◆睡眠時間をたっぷりとる

不規則な生活を改めて、十分に睡眠をとりストレスを溜めない生活を心がけること。

 

茶クマ解消法

目のまわりをこすったり触ったりなるべくしないことが重要です。普段から目をこするクセのない人でも、毎日顔に(目のまわりに)触れている時間は必ずあります。

◆アイメイク専用のクレンジングを使う

メイクを落とす瞬間は、まさに顔をこすってしまいがちです。メイク落としのポイントはアイメイクは専用のクレンジングで落とすこと。まず、コットンにリムーバーをヒタヒタに染みこませ、すぐに拭きとるのではなくしばらく目に置いてメイクになじませてからそっと優しく拭きとりましょう。

◆洗顔後にはアイクリームを欠かさない

洗顔中も、顔をゴシゴシ洗わないように泡で優しく洗顔するように心がけましょう。そして、大切なのが洗顔後の保湿です。クリームを塗るときに摩擦に注意し、軽くパッティングするようにして保湿していきます。最近では、アイクリームにアプリケーターがついているのがあるので、ぜひ利用してみましょう!

◆紫外線ケアを十分に行う

紫外線にあたると色素沈着がさらに進行するので、クマを濃くさせないためにも日ごろから目元の紫外線ケアを怠らないようにしましょう。 

黒クマ解消法

黒クマには保湿とアンチエイジングが重要です。乾燥するとさらに小ジワや顔ジワが増え、クマとしてみえやすくなります。

◆表情筋を鍛える

化粧品で肌のハリを保つのもいいけれど、表情筋を鍛えるのがオススメです。いつでもどこでも簡単にできるのは、常に口角をあげることです。ニコッと笑うときにちょっと目を見開くのもポイントです。簡単にできるけど、意識していないとすぐに仏頂面になってしまいます。常に鏡を常備して口角チェックをしてみましょう。

◆リンパマッサージ

顔がむくむと変なところに影ができたりして、クマが濃くみえる場合もあります。目元のリンパを流すだけではなく、全身をマッサージして全体から血行改善しましょう。

さらに、どうしても影が消えない場合はメイクでカバーして解決する方法も。パール系のコンシーラーを目の下に使って、目元をふっくらみせるのがポイントです。

 

 

目の下のクマ3タイプ、それぞれ違った原因と対処法が必要です。クマタイプはこのうちどれか1つに当てはまることが多いですが、年齢を重ねた40代以上になると、全てのクマタイプに当てはまる可能性もあります。

次回は、多くの人が悩んでいるクマの代表“青クマ”の撃退方法について紹介します!


2014/11/22 | キーワド: , , | 記事: