Skincare

化粧品って実は雑菌だらけ「スキンケアしてるのに肌が荒れる」の真実

baw2014121803

数年前、某モデルさんにインタビューをした時のお話です。そのお方、本気で肌の向こう側が透けて見えちゃうんじゃないのっていうぐらい透明感にあふれた美肌の持ち主でした。その彼女がこんなことを言っていましたのをふと思い出したのです。(回想シーン)「まず手を洗って、化粧品ボトルのフタを開けてつける順番にセッティングして。あ、クリームにはもちろんスパチュラもそえておきます。そこまで準備してから洗顔を始めるんです……」んんっ。多少心に引っかかりはしたものの、彼女なりの習慣というか“スキンケア儀式”的なものか、はたまたコレがいわゆる“美人の余裕”ってヤツね、なんて多少卑屈な考えまでもが頭をよぎり(たまにあるよね~)、思いっきりスルーしてしまった私。しかし、私が間違っておりました。むしろココ、掘り下げるべきポイントでした。キレイな人のビューティ習慣にはやっぱり意味があったことを数年後に知ることになるとは……。

baw2014121801

 

何気ないスキンケア習慣で容器に雑菌が繁殖しているかも!?

突然ですが、化粧品ボトルに触れているその手、本当に清潔ですか? 朝イチで顔を洗って、化粧水のフタをオープン。ハイ、ちょっとストップ! その化粧水の容器、毎日毎回清潔な手で扱っています? 昨日の夜、手垢やスキンケア成分のついた手で持ち上げたりしませんでした? そう、ココが落とし穴なのです。付着した手垢やスキンケア成分が酸化すると、良かれと思って続けているスキンケアが、肌トラブルの一因になってしまっているかもしれません。

baw121802

お手入れしているつもりが逆に肌をいじめていたなんて!

手洗いや容器の除菌をせずにスキンケアをするということは、実は化粧水や乳液と同時に雑菌まで肌に直接つけてしまっているのと同じこと。季節の変わり目や生理周期などで肌が揺らいでしまっている時には、雑菌のアタックで皮膚感染症を引き起こす可能性もあり、特に注意が必要です。

 スキンケア成分さえ雑菌にとってはおいしいエサ

一度ついてしまった雑菌は、スキンケア習慣を変えない限り、アナタの手から与えられる新たなエサで日々増殖するという負のスパイラルにハマっていきます。容器だけならまだガマンできても、例えばクリームそのものはどうでしょう? 直接つっ込んでいるその指から、おいしいエサがクリームの中に入り込んでいるかもしれませんね。

 特に注意が必要なのがオーガニック化粧品

防腐剤やアルコールが入っている化粧品であれば、まだ救いはあるものの、無添加コスメやオーガニック系の化粧品は雑菌の温床になりがち。肌への優しさを重視したはずが逆効果になってしまわないよう気をつけましょう。

 顔だけじゃなく容器にもたまのお手入れを

まずはお家に帰って化粧品容器の除菌からはじめてみては? 数日に1度は除菌ティッシュで拭き拭きして、清潔な状態を保ちましょう。そしてクリームは、面倒くさがらずに必ずスパチュラを使ってつけるべし!

 

いかがでしたか? 冬本番に向かうこの時期は、寒さや乾燥でただでさえ肌には過酷な環境。免疫力も下がりがちなので注意が必要です。いつ何時もキレイな人の何気ないひと言を聞き逃してはならない。そうココロの中で気持ちを新たに引き締め直した編集アキコがお届けしました。


2014/12/18 | キーワド: , , | 記事: