Skincare

顔を診るだけで体の不調を把握! 顔望診の正しい実践法【辻内敬子先生】

スクリーンショット(2015-06-04 13.52.53)

前回の記事では『顔望診』について辻内先生に教えていただきましたが、今回はその実践編! 実際に自分の肌の色をチェックして、からだに不調があるのかを確認してみましょう。ちなみに、いまどきどんな顔の人が多いかお伺いしたところ、”赤い顔で悲しい顔をしている人が多い”んだそう。【赤ら顔=むくみ】【悲しい顔=慢性的な冷えから月経期になると体調が悪い】←う~ん、自分ももれなく当てはまっていそう。。。

スクリーンショット(2015-06-04 13.52.46)

前回の記事はコチラ

▶からだのどこが悪いのか毎朝30秒でわかる…顔望診って?【辻内敬子先生】

顔望診をはじめるまえの4つのポイント

顔望診で正確に自分の状態を知っておくためにやっておくべき注意点を抑えておきましょう!

 

POINT1…朝、明るいところで見る

顔を見るタイミングですが、起きてすぐだと体が完全な活動モードになっていないのでNG! トイレに行ったり、ご飯を食べたり、軽くストレッチをしたりして体を活動モードにしてから、自然光が入る窓際など明るい場所で診るようにしましょう。

 

POINT2…『いい顔』をつくろうとしない

東洋医学では目は”こころの遣い”と呼ばれる場所なんだそう。目に力が入っていなければ不安やストレスを抱えているサイン! そのサインをみつけることが顔望診の重要なところなので、鏡の前で『いい顔』を作らず、機嫌が悪いなら機嫌の悪いまま、元気がないなら元気のないままの状態で診察しましょう。

 

POINT3…顔色を観察

比べるのは昨日との差です。今日の顔色は、昨日の顔色と比べてどう変化していますか? 赤っぽかった顔の赤みが薄くなったり、昨日はなんともなかったのに目が充血していたり…元々の顔色は眉とまぶたの間の色を基準にすると◎。ここは血管が少なく体調の影響が出にくい箇所なので自分の顔色の変化を確認するにはオススメなんです。

スクリーンショット(2015-06-04 13.52.53)

POINT4…顔にあらわれたトラブルを確認

肌のハリ、毛穴の開き、しみやくすみ、吹き出物の状態をチェックします。気付いた吹き出物などの肌トラブルは、その位置も確認しておきましょう。

 

チェックしよう! 顔トラブル表

ニキビや肌荒れはわかっても他にはどんなことをチェックすればいいのかわからない…今日の自分の顔はどれに当てはまっているか、確認してみましょう!

 

◆顔色

☑赤い

☑青い

☑黒い

☑黄色い

☑白い

 

さて、今日の顔色はどうでしたか??いよいよ次回は顔望診をしてみましょう! 自分のタイプはどのタイプか知って、その日の過ごし方まで対処法を考えていきましょう。

くれぐれも鏡で「いい顔」をつくろうとせずに自然にね。

 

今回のまとめQ&A

Q:顔望診はどうやって行いますか?

A:鏡のある明るいところでリラックスして行いましょう

 

Q:なにを基準にチェックすればいいの?

A:昨日の自分と比べてどう変化したのかをチェックしましょう。

 

Q:肌の色がまだら…自分の本来の肌の色ってどこを基準にすればいいの?

A:眉とまぶたのあいだの色でチェックしましょう。

 

kaobosihion

【まぶたのむくみ】原因は胃腸の疲れ!? せりえ鍼灸室 辻内先生インタビュー『をはじめよう』

を見れば体調不良の原因がわかる! セルフケアができる! 『をはじめよう』せりえ鍼灸室 辻内敬子

こんなふうに使っています!『をはじめよう』で毎朝30秒健康チェック

 

 

今回お話をお伺いした人

辻内敬子さん

「せりえ鍼灸室・広尾」院長。鍼師、灸師、按摩マッサージ師。女性のストレスケア、不調の改善、産前産後ケア、ベビーケアなどを行う。こころとからだを切り離さない、1人1人に合った治療が評判を呼び、日々多くの女性が訪れる。著書に「妊活お灸」(河出書房)『東洋医学で自然治癒力を高める 0ヶ月からのベビー&マッサージ&つぼ療法』(技術評論社)、『出産準備教室 東洋医学を取りいれた妊婦さんの体づくりとセルフケア』(医歯薬出版)、監修書に『お灸のすすめ』(池田書店)などがある。全日本鍼灸学会、日本東洋医学会、日本母性衛生学会所属。女性鍼灸師フォーラム代表。せりえ鍼灸室で検索

 


2015/06/05 | キーワド: , , | 記事: