Skincare

「たるみ対策」で知って欲しい2つの成分 Part 2~FGF~

bam2015060702

年齢を重ねるごとに増えていく肌悩み。とくにシワが進行すると現れるたるみは、できてしまったら改善が大変です。そんな肌印象を下げてしまう、たるみの予防や進行を遅らせるために取り入れてほしい成分を解説するシリーズ。Part2の今回は、“FGF”についてご紹介します。

FGFとは別名、線維芽細胞成長因子とも呼ばれる成分なのですが、「線維芽」とは何なのでしょうか?肌のしくみとともに、どんな働きをするのか詳しく説明していきましょう。

線維芽細胞は肌のハリや弾力を生む母親的存在

Part1のレチノール編で説明したように、肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成りたっています。シワやたるみケアで注目したいのは、肌のハリや弾力を維持する2層目の「真皮」の部分。

真皮内には、コラーゲンという線維がはりめぐらされています。網目のような構造で肌の弾力を支えていて、真皮の約70%を占めています。そのコラーゲン線維をところどころでつなぎとめているのがエラスチンという線維。コラーゲン同様、肌に弾力やしなやかさを与えています。さらに、そのまわりを満たしているのが、ヒアルロン酸などを含む基質と呼ばれるゼリー状の物質で同じく肌にハリや弾力をもたらし、肌のクッションのような役割をしています。鉄筋のビルにたとえると、ビルの鉄骨がコラーゲンで、それを止めるボルトがエラスチン、鉄骨のまわりを埋めるコンクリートが基質、というイメージです。

これら、肌のハリや弾力に大切なコラーゲンやエラスチン、基質を生み出しているのが線維芽細胞というわけです。この線維芽細胞は自らも分裂して新しい線維芽細胞を増やすのですが、年齢とともに線維芽細胞が減ったり、働きが衰えてしまいます。

つまり、コラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸などを生み出す力が低下することで、肌は弾力を失い、表皮を支えられなくなりシワの原因となってしまいます。シワが進行してたるみとなってしまう、というのがたるみの現れるメカニズムです。

そんな真皮内の肌の弾力をキープする成分を生み出す、母親的な存在の線維芽細胞を活性化し増やすサポートをするのがFGFの働きです。

FGFは線維芽細胞を活性化する働きの成分

コラーゲンやエラスチンなどの修復を促し、増やす働きをする成分を取り入れることが、シワやたるみケアには重要なポイントです。FGFは線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸を増やす成長因子の成分です。エイジングケア用の美容液に配合されているのが多くみられます。成分表示名は「ヒトオリゴペプチド-13」ですので、購入の際は成分表示をしっかり確認しましょう。

EGFと併用すると効果UP!

FGFは真皮の線維芽細胞に働きかけますが、EGFは肌の表面の表皮に働きかける成分です。上皮成長因子とも呼ばれるEGFは、表皮の細胞を活性化させ新陳代謝を促し、ターンオーバーをスムーズにさせるのでニキビや吹き出物、くすみの改善にも効果的です。このEGFとダブルで使用することで表皮と真皮の肌細胞を活性化させ、美容効果がアップすると言われていますので、同時に取り入れてみるとよいでしょう。EGFの成分表示名は「ヒトオリゴペプチド-1」です。

 

年齢とともにだんだんと減っていってしまう、肌のハリや弾力を保つために大切なコラーゲンやエラスチンを増やす作用のある成分を、Part1とPart2にわたってご紹介しました。いつまでも時を感じさせない素肌のためのエイジングケアに。ぜひ、参考にしてみてくださいね!


2015/06/22 | キーワド: , , | 記事: