Skincare

あなたも参加しませんか??『大人ニキビ』撲滅運動❤【常識編】

20歳以上の女性の悩みのなかで、常に上位に入り込んでくる『大人ニキビ』。顔や体のいたるところに突然できるので、発見したときはつい二度見しちゃった……、なんて経験あると思います。でも、なんでできちゃうんだろーって疑問に思ったことありませんか??そこで、今回は『大人ニキビ』を撲滅するために、知ってほしい「ニキビ」の常識を紹介していきたいと思います!!

487

ニキビ常識Ⅰ 「ニキビ」の原因

ニキビの2大原因は、“余分な皮脂”と“毛穴詰まり”です。

余分な皮脂”は、生理やストレス、食生活からくる、ホルモンバランスの乱れが原因の一つと考えられています。ホルモンバランスの乱れが起きた場合、男性ホルモンの分泌が活発になり、皮脂分泌量も増加し、ニキビ発生の原因につながります。さらに、もうひとつの“毛穴詰まり”は角質、ターンオーバーの異常からもたらされるものです。角質は、お肌を外から守るバリアの役割を担っており、ターンオーバーを繰り返しています。しかし、乾燥や、ホルモンバランス等で、そのバランスが乱れると、古くて固い角質が何時までも肌の上に残り、毛穴をふさいでしまうのです。

ニキビ常識Ⅱ 思春期ニキビと大人ニキビの違い

・思春期ニキビ

10代の思春期にできる「ニキビ」のこと。思春期の頃は、体を作るために成長ホルモンが多く分泌される時期です。この成長ホルモンが毛穴の内部にある皮脂腺を刺激して、皮脂が過剰に分泌されるため、毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌も繁殖し、「ニキビ」ができてしまうのです!

特徴→おでこや鼻まわりなどのTゾーンにできやすい。思春期を過ぎてホルモンバランスが整うと、比較的落ち着いてきます。

・大人ニキビ

思春期を過ぎて大人になってからできる「ニキビ」のこと。大人ニキビの原因は、不規則な生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、ホルモンなどがあげられます。そして、間違ったスキンケア方法やお肌に合わない化粧品を使うことによっておこるなど、さまざまな要因が考えられます。原因追及の研究はされていますが、特定の原因はいまだに解明されていません。

特徴→あごや口のまわり、フェイスラインなどのUゾーンにできやすい。また、同じ場所に繰り返しできやすく、治りにくい。

ニキビ常識Ⅲ 「ニキビ」の主な種類は4つ!

「ニキビ」には、4段階の症状があるといわれています。

それがコチラ!!

①    白ニキビ→毛穴に過剰な皮脂・角質がたまっている初期状態。

②    黒ニキビ→毛穴がぽこっと出ている中に、皮脂・角質が酸化して黒ずんだ状態。

③    赤ニキビ→赤くはれ上がり炎症が起き、アクネ菌(※)が繁殖した状態。

④    黄ニキビ→炎症がさらに進み、膿をもった状態。

基本的には、この4段階で「ニキビ」ができますが、人によっては初期状態の白ニキビにならないで、いきなり赤ニキビになったりっと必ずしもこの順番ではありません。とにかく「ニキビ」を発見したらよりはやい対処を心がけてください!!

(※)脂肪を好み空気を嫌うという性質をもつ菌のこと。お肌の皮脂の中に住みつくと免疫反応により白血球の攻撃を受けるようになります。それによって毛穴は炎症を起こします。

ニキビ常識Ⅳ 「ニキビ」の場所によって違う主な原因

459

①    生え際→洗顔料やシャンプーの洗い残しによるもの。

②    おでこ→前髪の刺激のよる皮膚の硬化によるもの。

③    ほお→ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモン増加によるもの。

④    Tゾーン→アクネ菌の繁殖によるもの。

⑤    あご、口まわり→生理前や食生活の乱れによるもの。

場所別にできるニキビの主な原因を紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください。また、すべてがこれらの原因とは限らないのでご注意ください!

今回の『大人ニキビ』撲滅運動❤【常識編】いかがだったでしょうか??今年もあとわずかですが、「ニキビ」は今年中にさよならして、来年は“脱ニキビ女子”として、みんなに自慢できる“ツルぴか”お肌でスタートしませんか❤

次回は、今年中にできる『大人ニキビ』撲滅運動【対処編】を紹介する予定です。

こうご期待!!


2013/12/10 | キーワド: , , | 記事: