Skincare

花粉症に負けないお肌を!!“ガサガサ”肌荒れ対策3つ!!

この時期の肌荒れの原因って、乾燥が一番気になりますよね。。。

でも、2月といえば……、花粉シーズンではないでしょうか??今回は、この時期の乾燥×花粉症のWパンチを防ぐための対策法を大きく分けて、3つ紹介したいと思います!!

8474074109_898a1a1444_b[1]

 画像 Robert Couse-Baker

1 花粉を肌に触れさせない!!】

必需品はこれ!!マスク、眼鏡、帽子、スカーフ!!

・外出時にはマスクをして鼻やのどを守りましょう。

・サングラスやメガネは、目の結膜を守るだけでなく、目の周りの薄い皮膚も守ってくれますので、おすすめの対策グッズです。最近は、花粉症対策メガネもオシャレになっています。

・頭皮を守るために、帽子をかぶることも大事ですね。頭皮のかぶれは軽視されがちですが、一度かぶれるとなかなか治らない上にフケが増えたりして、ダメージは大きいです。

・また、首元に花粉がたまらないよう、マフラーやスカーフを巻くなどして首元を露出しないようにしましょう。

メイク

肌がかぶれていないのなら、ベースメイクは、きちんとしましょう。ベースメイクは、花粉から肌を守って、花粉による肌荒れを防いてくれます。メイクの際はパウダーファンデーションや、フェイスパウダーで覆いましょう。リキッドタイプのファンデーションは花粉のつきやすい油性なので避けた方が良いです。ノーメイクがベストです!!

2 花粉シーズンのお手入れ方法】

顔だけでなく、肌や頭皮をこすらないということが大切!!肌が摩擦によりこすれて傷ついてしまうと、弱くなっている肌のバリア機能がさらに低下傾向になってしまいます。それにより、花粉や有害物質が肌に侵入しやすくなり、肌荒れの原因へとつながってしまいます。

・お肌に負担をかけるオイルクレンジングやクリームクレンジングをひかえる。

・洗顔は、ぬるめのお湯にする。かゆみがあるときは、水で洗顔する。

・洗顔後、顔を拭くときは肌を擦らないように、タオルでおさえるようにしましょう。

・スクラブ入りやピーリング系の洗顔料は刺激が強く、日常的に使用するのはおすすめできません。特に花粉症の症状が出ているときにはさけた方がよいでしょう。

・化粧水はコットンを使わず手で優しくつける。(コットンでお肌の上をすべらせたり、パッティングをすると刺激になります)

・乳液やクリームは両手に伸ばし、顔を手のひらでおおうようにしてつける。

・シャンプーの時も、頭皮をこするのではなく頭皮マッサージのように、揉むようにして洗いましょう。

3 お肌のガード力を高める】

しっかりとターンオーバーができる肌状態を保つことが重要です。特に、保湿は一番の基本です!!

・お肌についてしまった花粉を落とすために洗顔をする機会が増えますが、毎回ローションなどでしっかりケアしてあげましょう。

・肌が荒れているときは、セラミドやヒアルロン酸など、肌の潤いを守る成分を多く含む化粧水や美容液を使うなどして、しっかり保湿しましょう。

・プラスして、ガード機能がある美容クリームを使ってあげるのもオススメです。もちろん低刺激、天然成分ものを選びましょう。

・エイジングケア系の重いクリームを使う時は、肌が薄く敏感な部分(目の周り)や、花粉症らしき肌トラブルが出ている部分をなるべくさけてください。

 

花粉症を完全に治す治療法はまだ見つかっていません。花粉症が原因の肌荒れは対策をすることで、予防可能なのです。今日から始められる項目がたくさんあったかと思います!!参考にしてみてください!!今年は、花粉症の肌荒れとはやめに、おさらばしましょう★

2014年、花粉症に打ち勝ちたいと人!!こちらもどうぞ↓

2014年花粉症対策の新事実!

花粉症に効く目薬選びのコツ!

じゃばらサプリで花粉症とさよなら!


2014/02/15 | キーワド: | 記事: