Skincare

リップクリームが手放せないあなた!!唇が乾燥してしまうNG習慣をチェック★

唇に良いと思って、何気なくやっている唇ケア。リップクリームでケアしているという方が大半かと思います。そのケア方法間違っているかも!?今回は、リップクリームのNG方法と合わせて唇へのNG習慣を紹介していきたいと思います!!

file0001636644282

何気なくやってしまっているリップクリームのNG方法

● 1日に何度もぬっている

リップクリームは唇の乾燥を防ぐ代わりに、細胞のターンオーバーを妨げてしまいます。荒れているときも1日に2~5回までがベストな回数のようです。

● 横向きにぬっている

口紅みたいに横にスライドさせて付けるのはダメ!!唇の組織は、縦になっています。そのシワの奥にしみこませるようにするために、横ではなく縦にぬる方が良いのです。

● 取り出してそのままぬる

特に、今のような寒い冬場だと、リップクリームの先端は固まっているので、そのままぬると唇が引っ張られて、デリケートな唇に傷ができてしまうことも。。。先端を唇や身体のどこかに軽く押し当て、溶かしてから使用してみてください。

● 最後に上唇と下唇を合わせてなじませている

摩擦によって、唇の荒れにつながってしまう場合があります。

●メントールやペパーミント配合のリップを使っている

乾燥を防がないどころか、刺激によって症状を悪化させてしまうんだとか!薬用リップクリームを使うのをオススメします。

● 外出時も普通のリップクリームを使っている

あまり感じられないかと思いますが、冬でも紫外線は降り注いでいるのでUVカットのリップクリームを使いましょう。UVカットタイプだけで潤いが足りない場合は、保湿タイプをぬった上からUVカットを重ねてぬるといいかも♪

 

自分では、良いと思ってやっていたという方も多いのではないでしょうか?この機会に、リップクリームの使用法を見直してみてください★

写真

ついつい……、唇が乾燥、傷ついちゃう代表的なNG習慣4

1 唇をなめたり皮をむいている

なめると唇そのものの油分が奪われてしまいます。また、皮をむくと当然ですが、唇が傷ついてしまいます。舐めるのは絶対に我慢して薬用リップクリームを塗ったり、ラップでできる唇パックをしてみてください。

2 口で呼吸している

唇が乾燥する一番の原因は、「自分の息で乾かしている」ということなのです!!つまり口で息をすることで常に唇をフーフーと乾かしていることになります。唇の乾燥を避けたい方は、なるべく、鼻呼吸を心がけるといいかもしれませんね(笑)。

3 メイクや食事の後の唇をそのままにしてる

メイクや食事の油や塩や調味料などが残っていると、その刺激によって乾燥が加速してしまいます。。。唇はできれば食事ごとに洗い、ティッシュでふくときもポンポンと優しくしてあげてください。

4 うつぶせで寝ている

実は、うつ伏せで寝ていると、無意識のうちに寝具との摩擦で唇の皮膚がこすれてしまっているのです!!でも、自分がどんな寝相で寝ているか分かりませんよね。もし、うつ伏せで寝ていても大丈夫なように、コットンやガーゼタオルなど、なるべく肌に優しい素材の布で枕をカバーしておくといいかも♪

 

自分で無意識に唇の乾燥を招いていた可能性がありますね。男性も女性の唇がカッサカサだったら、ガッカリしてしまうかも……。とくに、この時期、乾燥が続くので要注意ですよ~!!いつでも、うるおいある唇を保てるように、リップクリームの使い方とNG習慣はおさえておきましょう!!


2014/02/21 | キーワド: , , , | 記事: