Skincare

花粉トラブルを最小限に抑えるスキンケア術

やってきました、今年も花粉症シーズン。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目もかゆい……そんな症状から始まり、「肌が荒れて仕方ない!」なんていう花粉症トラブルをかかえる人も多いのでは? 今日はそんな憂うつを未然に防ぐべく、花粉症による肌荒れをおさえる生活術&スキンケア術をご紹介!

花粉対策は基本が大事!ちょっとそこまで~って、短時間の外出だってあなどるなかれ! そのちょっとが命取りになるんです! 花粉の付着を予防!外出時のワンポイント・レッスンで、花粉症トラブルを回避しまほう。

まず「花粉を寄せ付けないこと」から始まります。花粉がくっつくスキを与えない対策はコチラ!

基本その一>>>

・マスク、メガネ、帽子を有効利用する!・・・マスク装着時は、何もつけていない時に比べ、吸い込む花粉の量が1/6に軽減されることがわかっています。目の粗い布タイプより、目の細かい不織布タイプの方が花粉をとおさないのでオススメですよ!

基本その二>>>

・髪はコンパクトにまとめる!・・・「前面を徹底ガードしていても、なぜか症状が軽くならない……」という人は、意外にもコレが原因!? 髪に付着した花粉が目や鼻に入ってしまっている可能性があります。髪をおろしたままだと、それだけ花粉が付着する面積量が多くなってしまうもの。症状を改善したい人は、髪はまとめる方が◎。

基本その三>>>

・肌はパウダリーファンデーションorフェイスパウダーでカバー・・・花粉症の人は、ベイスメイクにも工夫が必要! リキッドタイプなどの油分が高いファンデーションを使用すると、花粉の付着率が高まってしまう恐れがあります。パウダリーファンデーションやフェイスパウダーなど、さらっとした使用感のもので肌をカバーしておけば、花粉がつきにくくなるのでオススメ。ただ、症状がひどい場合には、パウダーの細かい粒子が過敏になっている目や鼻を刺激してしまう恐れもあるので、自分の肌と相談しながら選んでみて!

基本その四>>>

・ウールは厳禁!洋服はスベスベした素材のものを!・・・まだ肌寒い日もあるこの時期には、なんとなくウールやモヘアなどのウォーム感ある洋服を選んでしまうこともありますよね。けれどこうした素材の洋服は、歩くたびに花粉をからめとっている恐れが! ポリエステルなど、なるべくスベスベした手触りの素材を選ぶが吉!

 

基本を心得ていても、花粉がついてしまったら・・・・・・

花粉症トラブルを抑えるスキンケアで肌を守ろう!

いくら細心の注意を払ったとしても、多少の花粉は肌に付着してしまうもの。そんな時は摩擦を避け、やさしく花粉を洗い落とすことを心がけてましょう。また、肌が乾燥してバリア機能が低下すると、花粉症の症状が悪化することもあります。この時期は保湿を何より大切にすることが重要ですよ!

まずは、家に帰ったら、メイクはすぐ落とす!

疲れて帰ってきた日などは、ついついメイクを落とさずに過ごしてしまうことってありますよね。でも、花粉が肌に付いたまま長時間過ごしていると、症状悪化の原因に。この時期は特に、「メイクは、帰宅したらすぐ落とす」ことを意識しましょう! 摩擦による肌へのダメージを防ぐ為、メイク落としはミルクタイプなどの肌なじみの良いものを選んでください。どうしてもメイクがすぐに落とせない状況の時は、やわらかめのフェイスブラシで顔周りをささっと払うだけでも違ってきます。

そして、洗顔はぬるま湯でやさしく!

熱いお湯での洗顔は肌を傷め、洗顔後の水分蒸発量まで高めてしまいます。ぬるま湯で、なるべくこすらずに洗顔しましょう。使用する洗顔料も、スクラブタイプやピーリング系などの刺激の強いものは避けた方が無難です。

洗顔後は、保湿機能の高い化粧水を!

花粉症悪化を防ぐ上で、肌の乾燥は絶対に避けたいこと。洗顔後は、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入った化粧水でしっかり保湿してください。お肌の水分補給をした後は、クリームでしっかりフタをすることも忘れずに!

最後に、肌荒れがはげしい箇所にはワセリンで集中保湿!

粘膜である唇や、鼻をかむ度に刺激される鼻周りは、乾燥して荒れてしまいがちですよね。ダメージの強い箇所には、ワセリンをたっぷり塗って保湿ケアを心がけて。

 

せっかくの春、肌トラブルを抱えながら過ごすのは避けたいものです。今回ご紹介したスキンケア術で良コンディションを保ち、花粉に惑わされない肌生活を始めましょう。

 


2014/03/19 | キーワド: , , | 記事: