Skincare

老け手にご注意!うるおい手肌美人になる方法

携帯をいじったり、口に手を当てたり、他人に見られやすいパーツでありながら、ケアが怠りがちな手。手が老けていると、いくら顔が若々しくきれいに整えられていても、実年齢より年上に見られることも!?

手は顔よりも10年早く老ける!?

手の皮膚は他の場所に比べて真皮が薄いので、老化が早いと言われています。

何もお手入れしていない “どすっぴん”の状態で一年中外気や紫外線にさらされると、皮膚のコラーゲンが破壊され弾力を失います。その上満足なケアをしてないなら、どんどんシミ・シワ・かさつきが目立つようになってしまうのです。。。

基本の予防対策からデイリーケア、そしてスペシャルケアを知って、手肌美人を手に入れてください!

まずは老け手にならないための予防策

①洗剤を使うときはゴム手袋を着用

シャンプーや食器用洗剤に含まれる界面活性剤は手荒れの原因!

②水を使ったら、しっかり拭く

濡れたままだと手に残った水分が蒸発するときに、皮膚からも同時に水分を奪い乾燥を促します。

③日焼け止めを塗る

UVカット機能のあるハンドクリームを使えば一石二鳥♪

 

毎日使うハンドクリームは温めて塗って!

ハンドケアといえばクリーム! ですが、手の甲でごしごしって擦っている人、NGです!!

皮膚を傷つけるうえに、全体にクリームが行き届いていません。次の順番で塗ればうるおいばっちり!

①手のひらにクリームを2cmほど出し、両手で包み込むようにして温めます。こうすると伸びが良くなり、硬いままで伸ばすよりも肌への負担が減ります。

②手のひらや甲にやさしく押さえるように、クリームをなじませます。肌に浸透させるイメージで。

③手の指を組んで、指と指の間にしっかりなじませます。

④指先や爪のまわり、関節、手首にクリームをもみ込みます。最後に爪周りのツボを押して血行促進!

 時間のあるときは、スペシャルケアを!

コットンを2~3枚にさいて化粧水を含ませ、手の甲に広げて3分間パック!

その後クリームを塗る時は、手にあるツボを押しながらマッサージすると、血行が良くなってハリやツヤが出てきます。

忙しいときは顔につけた化粧水を、ついでに手につけるだけでもOK! いつもの工程にちょっと+αするだけでも、日々続けていけば美しい手に近づけること間違いなし!

家事や日常生活で大きなダメージを受けている手肌。日々のケアで美しいうるうる手肌を保ちましょう!

 


2014/03/20 | キーワド: , , | 記事: