Skincare

“表面ベタベタ、中はカラカラ”の夏の砂漠肌問題

肌が乾燥するのは冬だけって思ってない??

そんな間違った思い込みから、実は夏に肌の乾燥が

進行しちゃう危険性があるんです。

というのも、日本の夏は気温も湿度も高いから、

汗や皮脂が乾かず、肌は常にベタベタ。

一見肌は潤っているように感じる季節ですが、

本当は肌の乾燥を引き起こしやすい時期なんです。

エアコンや強い日差しによって水分が奪われるのはもちろんですが、

大量に汗をかくことも、皮脂膜を流してしまうので肌内側の乾燥につながります。

そして、ベタつきを気にして、さっぱりケアや強力クレンジングを

している方も多いのでは? 肌の乾燥は、シワやたるみの大きな原因です。

夏の終わりに後悔しないためにも、効果的な乾燥肌対策法を4つ紹介します!

1、水分と油分のバランスを整えること

“表面はベタベタ、内側はカラカラ”のような状態を改善するためには、

肌の水分と油分のバランスを整えることが一番!

「汗でべたつくから」といって、水分を補給するだけでは、

どんどん蒸発していって、かえって乾燥を招いてしまいます。

たっぷりと化粧水を使用した後は、適度な油分でフタをすることが大切です!

こってりクリームまでいかなくても、さらっとした乳液や

ジェル状のものならベタつきもあまり気になりませんよ。

2、角質ケアでゴワつきにさよなら!

強い紫外線を浴びると、肌を守るための反応で、

皮膚を厚くしようと、角質を溜めこんでしまいます。

つまり、余分な角質が溜まるということです。

古い角質がたまると肌がゴワついてしまい、

せっかくのスキンケアが浸透しにくくなってしまいます。

厚くなってしまった余分な角質を取り除いて、

肌をクリアな状態にして、ケアしてあげてください。

具体的には、拭き取り化粧水やピーリングコスメでの

角質ケアがおすすめです。ブースター(導入美容液)プラスして、

そのあと使用するアイテムの浸透を高めるのもいいですね。

3、洗いすぎが砂漠化の原因に!?

夏の海やイベントでは派手なアイシャドウや

ウォータープルーフコスメの出番が多くなるもの!

そんな日は、一気に落とせるオイルタイプの

クレンジングを使う方も多いのでは?

しかし、洗浄力の高いアイテムは使い方を間違えると、

肌に必要な油分まで落としてバリア機能が低下させているかも。

濃いアイメイクなどには専用リムーバーを使い、肌全体には

マイルドなミルクタイプやクリームタイプのクレンジングに変えましょう。

肌のバリア機能を守りつつ、メイクをしっかり落とすのが

正しいクレンジング方法です。

4、崩れやすい夏場はケータイコスメで美肌キープ

メイク直しの際に、あぶら取り紙やクレンジングシートを使っていませんか?

皮脂を取り除き過ぎると、かえって皮脂の分泌が増える場合があります。

外出先でメイクを落とすときは、綿棒やティッシュに乳液を染み込ませて、

やさしくふき取りましょう。最近では、ミスト状の美容液など、

進化した乾燥対策用のケータイコスメが発売されているので、

ぜひ一緒に活用したいアイテムです!

 

いつものケアから以上のことにシフトするだけで、

肌の乾燥をだいぶ防ぐことができます。

外側からのケアだけでなく、日頃からこまめに水分補給をしたり、

食べ物にも気をつかいましょう。

夏には、ビタミンと良質な油分が含まれるアボガドや、

リコピンが豊富なトマトなどは積極的に摂取したいものですね。

砂漠化知らずな潤い肌で、暑い夏を乗り切りましょう!


2013/07/22 | キーワド: | 記事: