「ワイルド・スピード EURO MISSION」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ワイルド・スピード EURO MISSION」のあらすじ

「ワイルド・スピード」の6作目にあたる作品で、2013年に公開された映画です。

本作には、ミッドクレジットシーンで「X3 TOKYO DRIFT」のシーンが別視点で描かれています。

前作の「MEGA MAX」でブラジルの犯罪王から大金を手に入れ、自由気ままな生活を送っていたドミニク・ファミリーは、死んだはずのレティが生きていることを知り、国際的犯罪組織と戦いを繰り広げていきます。

主な出演者

監督:ジャスティン・リン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・リュダクリス・ブリッジス(テズ・パーカー)、ガル・ガドット(ジゼル・ヤシャール)、サン・カン(ハン・ルー)、エルサ・パタキー(エレナ・ネベス)、ジョン・オーティス(アルトゥーロ・ブラガ)、ルーク・エヴァンズ(オーウェン・ショウ)ほか

ドミニク・ファミリーはレイエスから手に入れた大金で優雅に暮らしていた

前作でレイエスから大金を手に入れたドミニクとファミリーは、それぞれ自由気ままな生活を送っていました。

ブラジルに留まったドミニクはエレナと交際を開始して、ドミニクの妹ミアはブライアンとの間に子供を授かります。

ミアの夫となったブライアンは、病院までの道のりを猛スピードで走っていきました。
ミアは男の子を出産し、ブライアンは我が子に「ジャック」と名付けます。

 

その頃、モスクワでは軍隊が何者かに襲撃され、データチップが盗まれてしまいました。

その後に犯人グループの1人が検挙され、データチップを盗み出した黒幕が国際犯罪組織のオーウェンであることが判明します。

 

以前からこの組織を追っていたホブスは、過去の因縁があるドミニクの元を訪れ、国際犯罪組織を壊滅させる手助けをしてほしい、と協力を要請しました。

ドミニクはその申し出を断ったのですが、ホブスは1枚の捜査資料をドミニクに提示します。

すると、そこには死んだはずのレティが写っていました。

ドミニクが死んだはずのレティと再会

ドミニクは真相を明かすため、これまでの犯罪経歴を消してもらうことを条件にホブスに協力し、ブライアンや世界中に散らばっていたファミリーをロンドンに集めました。

国際犯罪組織のボスであるオーウェンの目的は、モスクワで強奪したチップや軍事部品などを使って、軍の通信網を24時間遮断する特殊装置、ナイトシェードという装置を完成させることでした。

 

ある日、オーウェンのアジトを突き止めたドミニクたちは、そのアジトに向かったのですが、ドミニクたちの動きを察知していたオーウェンは、自分のアジトを破壊して逃走してしまいます。

ドミニクたちはその後を追ったのですが、逃げられてしまいました。

 

その最中にドミニクは1台の車を捕まえますが、その中から出てきた女性は、かつてドミニクの恋人で死んだはずのレティでした。

動揺するドミニクにレティは突然銃を向けて発砲し、その場から姿を消してしまいます。

レティは事故の影響で全ての記憶を失う

レティは以前とは全く別人のようで、変貌してしまったレティの姿に麻薬王ブラガの影を見たブライアンは、ロサンゼルスの刑務所でブラガが服役しているかを聞くため、囚人に成りすまして刑務所に侵入しました。

 

看守を買収して堂々と刑務所に君臨しているブラガは、自分の手下たちにブライアンを襲撃させますが、返り討ちにされます。

その時にブライアンはブラガからオーウェンに関する情報を聞き出します。

以前、FBIの捜査官だったブライアンに協力したレティは、ブラガの組織に潜入したときに用済みとして殺されそうになったこと、車の事故に巻き込まれたが、辛うじて一命を取り留めたことを知りました。

 

レティは事故の影響によってファミリーのことや、恋人であるドミニクのことさえも忘れてしまったことを知り、ブラガの手引きで記憶を失ったレティはオーウェンに引き合わされ、手下として利用されていました。

 

その頃、ドミニクとホブスはオーウェンに改造車両を提供したディーラーを突き止め、レティやその部下数名と銃撃戦の末、2名を仕留めたのですが、レティには逃げられてしまいます。

オーウェンのアジトに戻ったレティは、部下の死を全く気にも留めないオーウェンの姿に不信感を抱きました。

 

ドミニクはレティを取り戻すため、あえてレティにカーレースの勝負を挑みに行きました。

その際にドミニクはレティに自分たちは仲間だということ、愛し合っていたことを伝えるとレティは激しく動揺し、その場を去ってしまいます。

ドミニクはファミリーにレティを迎え、エレナとの別れを決意する

ドミニクファミリーは刑務所に潜入していたブライアンと合流し、オーウェンを止めるべく基地へと向かいました。

しかしオーウェン一味は戦車を投入し、一般車両を巻き込む激戦となります。

 

その際ドミニクはレティを救出しに行くのですが、オーウェンはミアを人質に取り、ドミニクらにパーツを渡すよう要求してきます。

パーツを手に入れたオーウェンは自分の手下であるライリーと一緒に基地の輸送機を強奪し、逃走を図りました。

 

ドミニクとファミリーは懸命に追跡し、ライリーを殺して輸送機内部に入り込むと、ミアを救出することに成功します。

ドミニクはオーウェンと激戦を繰り広げ、彼を滑走路に下へ放り投げました。

 

ジゼルは自分の命と引き換えにドミニクらを逃がし、間一髪で炎上する輸送機から脱出することができました。

パーツを奪還し、オーウェンの野望を阻止したドミニクとファミリーは、ホブスとの約束通り全ての罪を抹消してもらい、晴れて自由の身となります。

 

ドミニクは改めてレティをファミリーとして迎え入れ、エレナはドミニクから身を引くことを決意します。

オーウェンとの激戦を繰り広げていた最中、ジゼルを失ったハンは、兼ねてから彼女と約束していた東京に一人で向かうことを決心しました。

映画ライター「タイリュウ」の一言

最後のドミニク、そのファミリーがショウと激戦を繰り広げている最中、ハンを守るために自分の命を差し出したジゼルの姿に感動しました。

彼女を失ったときのハンやファミリーはとても辛そうで、涙なしには見られない作品でした。

ハンが東京に向かったことで、再びファミリーが世界に散らばってしまいましたが、今後のストーリーにも期待が高まりました。

コメント