「ワイルド・スピード SKY MISSION」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のあらすじ

「ワイルド・スピード」の7作目にあたる作品で、2015年に公開されました。

ストーリーとしては「ワイルド・スピード EURO MISSION」の直後となっていて、ドミニク・ファミリーは前作で対決した国際犯罪組織のデッカードと再対決をして、ゴッド・アイも絡み東京やロンドン、ロサンゼルスや空などを股にかけて、死闘を繰り広げる作品となっています。

主な出演者

監督:ジェームズ・ワン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・リュダクリス・ブリッジス(テズ・パーカー)、ナタリー・エマニュエル(ラムジー)、カート・ラッセル(ミスター・ノーバディ)、エルサ・パタキー(エレナ・ネベス)、ジャイモン・フンスー(モーゼ・ジャカンディ)、トニー・ジャー(キエット)、ロンダ・ラウジー(カーラ)、ルーカス・ブラック(ショーン・ボズウェル)、ルーク・エヴァンズ(オーウェン・ショウ)、コディ・ウォーカー(ブライアン・オコナー(代役))、カレブ・ウォーカー(ブライアン・オコナー(代役))、ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)ほか

デッカードがホブスのオフィスを襲撃、パソコンを奪って逃走

前作でドミニクやファミリーとの死闘に破れ、意識不明の重体を負って入院していたオーウェンの元へ、実の兄であるデッカードが見舞いに訪れていました。

デッカードはオーウェンの復讐を誓い、アメリカ外交保安部のホブスのオフィスを襲撃し、パソコンからドミニクやファミリーの情報を奪って逃走しました。

 

その頃、かつての恋人レティを取り戻したドミニクは、彼女の記憶を取り戻そうと試みていました。

記憶が一向に戻らないことを悩んだレティは、誰にも告げずにドミニクの元を去ってしまいます。

 

一方のブライアンはミアと息子のジャックと共に穏やかな生活を送っており、ミアにはこの時に新たな命をお腹に宿しています。

しかし、いまだに激しい戦いの日々に未練があるブライアンに打ち明けられずにいました。

ドミニクはファミリーを守るため、ハンの仇を討つために戦う

その後、ドミニクのロサンゼルスの自宅に東京から郵便物が届き、見知らぬ男から電話がかかってきました。

その時に郵便物に仕掛けられていた爆弾が突然爆発し、ドミニクは何とかその場を脱出したのですが、自宅は粉々に吹き飛ばされてしまいます。

 

丁度その頃、東京で生活を送っていたドミニクのファミリーであるハンは、デッカードが事故に見せかけて殺害してしまいます。

デッカードとの銃撃戦で負傷したホブスは、ドミニクを呼んでデッカードの情報を伝えました。

デッカードは元々英国の特殊部隊の一員で、秘密諜報機関の一員でもあったため、政府から用済みとして消されそうになり、返り討ちにして逃げていることを知りました。

 

ドミニクはファミリーを守り、ハンの仇を討つためデッカードと戦うことを決意して、ミアとジャックをドミニクの友人マンドの元に避難させ、ブライアンはドミニクと共に戦うと決断します。

ドミニクは東京に行き、ハンの弟子となったドリフトキングのショーンとレースをして、ドミニクが勝利した後、ショーンからハンの遺品である十字架のペンダントを受け取り、アメリカに戻って葬儀を行いました。

 

その時、デッカードの姿を目撃したドミニクは、彼の後を追い地下駐車場で激突します。

そこに秘密組織の特殊部隊が現れ、デッカードはその隙に逃走してしまいます。

 
秘密組織の長ミスター・ノーバティはドミニクに対し、世界中の情報機関をハッキングしてデータを入手し、対象の人物が世界樹のどこにいてもすぐに見つけられる監視プログラム「ゴッド・アイ」の話を持ち掛けられました。

ゴッド・アイを開発したラムジーは、モーゼという男が率いる民間軍事組織に捕らえられていて、ノーバディはラムジーを救出したら「ゴッド・アイ」を使って、デッカードを倒す協力することを約束しました。

ドミニクが世界中に散らばったファミリーを集結させる

ドミニクはさっそくドミニクやローマン、デスなどの世界中に散らばったファミリーを集結させ、アイゼルバイシャンに乗り込み、飛行機からスカイダイビングしてジャカンディの車両部隊を急襲しました。

ドミニクたちはデッカードに邪魔されながらも、何とかラムジーを救出したのですが、装置はなく既にアブダビにいるラムジーの友人サファーの元に送られた後でした。

ドミニク達はアブダビに向かったのですが、「ゴッド・アイ」はヨルダンの王子に既に売られた後でした。

 

ドミニクたちは王子が主催するパーティーに潜入し、王子のボディーガードやデッカードの妨害を受けながらも、ゴッド・アイが装着されたハイパースポーツを奪いました。

奪ったハイパースポーツで2棟の高層ビルを突き破り、車は大破してしまったのですが、ゴッド・アイを手に入れることに成功します。

 

ドミニクたちはノーバディ率いる特殊部隊と共にデッカードの潜伏先を急襲し、デッカードがジャカンディと手を組んだことで形勢は逆転してしまいます。

その戦いでノーバティは負傷し、特殊部隊は壊滅させられ、ジャンカディにゴッド・アイを奪われてしまいました。

 

ゴッド・アイが奪われたことで、自分たちの動きが筒抜けになったドミニクたちは、ロサンゼルスで決着をつけることを決め、ラムジーにゴッド・アイをハッキングさせて無効化する作戦を立てました。

 
しかし、ゴッド・アイをハッキングするためには至近距離まで近づく必要があったため、ドミニク以外のファミリーは車から車へとラムジーを乗り移らせ、ドミニクはデッカードと一騎打ちで決着をつける作戦を考えます。

ドミニクとデッカードが立体駐車場で激戦を繰り広げる

作戦の前、ブライアンはミアに電話をした際に2人目を妊娠していることを知らされます。

必ず生きて帰ることを強く決意したブライアンは、ドミニクたちと共に決戦に向かいました。

ジャンカディはファミリーを抹殺するためドローンを投入し、ファミリーがハッキングように使っていた電波塔が破壊されてしまいます。

 

市街地での決戦は現地警察も巻き込み大騒動へと発展します。

ブライアンはジャンカディの部下を倒して、ハッキング用の携帯電話の中継アンテナを確保すると、病院を抜け出したホブスがやってきてドローンを破壊して、ゴッド・アイの無効化に成功しました。

 

その頃、ドミニクはデッカードと立体駐車場で激しい激戦を繰り広げており、そこへデッカードを見限ったジャカンディがヘリコプターで襲撃し、立体駐車場を崩落させました。

デッカードは崩落に飲み込まれ、ドミニクはチャージャーを駆ってヘリコプターに近づき、デッカードが持っていた手榴弾入りの鞄に引っかけました。

ホブスはその鞄をめがけて発砲し、ヘリコプターはジャンカディを乗せたまま爆発して墜落します。

 

ドミニクはチャージャーごと瓦礫に突破していき、昏睡状態に陥ってしまいます。

仲間たちが賢明に救命処置を行い、記憶を取り戻したレティがドミニクに語り掛けると、ドミニクは意識を取り戻しました。

 

その後、平穏な日々に戻ったファミリーは砂浜で寛いでいたとき、ミアやジャックたちと親子の時間を過ごすブライアンの姿を目の当たりにします。

ブライアンの居場所はファミリーではなく、家族であることに気が付きました。

 

チャージャに乗って一人で帰ろうとするドミニクに、ブライアンはスープラで追いかけます。

これまでの思い出を噛みしめるように並走し、分岐点に差し掛かったところで、それぞれの道へと走っていきました。

映画ライター「タイリュウ」の一言

スカイミッションというタイトル通り、車で空を飛ぶシーンがありとても迫力が感じられて面白かったです。

ワイルドスピードは新作になればなるほど面白みが増すので、今後の作品にも期待したいと思っています。

コメント