「ワイルド・スピード ICE BREAK」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ワイルド・スピード ICE BREAK」のあらすじ

「ワイルド・スピード」の8作目の作品で、2017年に公開されたカーアクション映画です。

キューバでレティとハネムーン中だったドミニクの元に、サイファーという女性が突然現れ、仕事を手伝うように指示されます。

ドミニクは断れない条件を突き付けられ、何よりも大切なファミリーを裏切ってしまい、そのドミニクを取り返そうとするファミリーたちのストーリーとなっています。

主な出演者

監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:ヴィン・ディーゼル(ドミニク)、ドウェイン・ジョンソン(ホブス)、ミシェル・ロドリゲス(レティ)、ジェイソン・ステイサム(デッカード)、シャリーズ・セロン(サイファー)ほか

キューバでハネムーン中だったドミニクのものへ、サイファーが突然現れる

キューバのハバナで妻になったレティとハネムーンを兼ねて旅行に訪れていたドミニクは、買い物帰りに街で車が故障して困っている女性に話掛けられ、車を修理してあげることにしました。

しかし、その女性の本当の目的はドミニクを誘うことでした。

ドミニクは1度誘いを断ったのですが、女性はスマートフォンの画像を見せると、ドミニクは誘いに乗ると言ってその場を去ります。

 

ホブスは休職していたのですが、電磁パルスを奪還する重要任務に就くことになり、ドミニクに連絡を取ります。

ドミニクのファミリーと共にドイツへ向かい、電磁パルス砲を奪還するのですが、集合予定場所に向かっている最中、ドミニクがホブスを裏切り電磁パルス砲を奪ってしまいます。

 

負傷したホブスは地元警察に捕まり、その連絡を受けたファミリーはドミニクと連絡を取っていた人物を探そうとするのですが、通話記録の相手を見つけることができず、疑心暗鬼になってしまいます。

 

ホブスの独房の前には、以前ホブスが逮捕したデッカードの独房があり、ホブスを挑発するデッカードと言い争いをしていました。

するとノーバディの計らいで独房の扉が開き、ホブスは警備隊や囚人たちから攻撃されるのですが、脱獄するデッカードを追っていきます。

 

デッカードを追っているとノーバディの部隊に囲まれ、デッカードと共にノーバディの秘密基地へ連行されてしまいます。

秘密基地ではレティやローマン、テズやラムジーが待っていて、ノーバディからドミニクは女性サイバーテロリストのサイバーと繋がっていることを知らされます。

ドミニクとサイファーがゴッド・アイを盗む

ファミリーはドミニクから真実を聞きたいという思いと、ホブスの電磁パルス砲を取り戻したいという思い、デッカードは弟を切り捨てたサイファーへ復讐するという目的が一致して、ラムジーが作り出したゴッド・アイによってドミニクの居場所を探すことにしました。

 

ドミニクの居場所を突き止めたと同時に、ノーバディの秘密基地をサイファーとドミニクが襲撃します。

ゴッド・アイを奪ったサイファーは、レティにドミニクとの仲を見せつけるかのようにキスをしました。

 

サイファーの飛行機に戻ったドミニクは、そこで囚われている元恋人のエレナと再会しました。

エレナはレティがファミリーとして戻った際にドミニクから身を引いたのですが、その時にドミニクとの子供を身籠っていました。

囚われの身となったエレナとその息子は、分厚いガラスの向こうで触れ合うことすら許されない状態で隔離されていました。

 

ゴッド・アイを奪われ、手掛かりを失ったファミリーは、ドミニクがニューヨークにいることを突き止め、麻薬取締局が押収した車で保管庫へ行き、ドミニクを追うために設備を整えました。

ドミニクはサイファーの目を盗んで裏組織のボスであるデッカードの母親と会い、投獄されている弟の居場所を話す代わりに、サイファーを出し抜く手伝いを約束させました。

ドミニクがケースを持って逃げようとするも、デッカードに追いつめられる

ドミニクはニューヨークに来ていたロシアの国防大臣の護送車に近づき、サイファーがジェット機に乗りながらニューヨークを走る多くの自動車をハッキングして護送車を襲わせます。

そこでドミニクに、核ミサイルの発射コードが入ったケースを奪わせました。

 

ドミニクの動きを待っていたファミリーは、ラジオでこの事態を把握するとドミニクの元へ向かい、ニューヨークの街中でカーチェイスが始まりました。

1度はドミニクを追い詰めたのですが、車をクラッシュさせられてしまい、ドミニクは破損した車からケースを持って逃走します。

 

デッカードがドミニクの後を追いかけると、ドミニクはホブスが見ている前でデッカードに発砲するのですが、レティが追いつきドミニクからケースを奪って逃げました。

ドミニクはレティに発砲できないでいると、サイファーの部下がレティからケースを奪います。

 

基地に戻ったファミリーは核のボタンが盗まれたことと、デッカードが亡くなったことを告げられました。

その頃、レティを逃がしたことに怒ったサイファーは、ドミニクの前でエレナを射殺しました。

再びドミニクの手がかりを失ったファミリーは、防犯カメラからレティを脅したサイファーの部下であるコナーの顔を割り出しました。

 

そこからサイファーがデッカードの弟と、以前ラムジーを攫った犯罪組織が繋がっていることに気づき、ドミニクによってこの計画が未然に阻止されていました。

ファミリーがローズの行方を追うと、ロシアのウラドビンが浮上しました。

反政府組織が占領している軍事基地に潜水艦があることを知って、ファミリーはロシアへと向かうことになります。

ドミニクがファミリーに合流し、潜水艦を爆発させる

ファミリーとホブスが基地を見張っているとドミニクが現れます。

ドミニクは電磁パルス砲を使って潜水艦のシステムをダウンさせ、サイファーがシステムに侵入し潜水艦を乗っ取りました。

 

ファミリーは潜水艦を潜水させないように基地の乗り込み、操蛇室でサイファーを妨害する班と潜水艦内の発射装置のチップを奪う班に分かれることにしました。

サイファーに妨害されるも何とかチップを奪い、ミサイルを発射できなくすることに成功したファミリーは、基地を脱出して、潜水艦が外洋へ出ないように遮断するゲートに向かいました。

 

その頃、サイファーに殺されたはずのデッカードと、ノーバディに刑務所に入れられていた弟が乗り込み、ドミニクの息子を救出した後、ドミニクに連絡をします。

デッカードから電話を受けたドミニクはサイファーを裏切り、ファミリーの元へと向かいました。

 

ドミニクが裏切ったことで焦りを感じたサイファーは、自ら潜水艦を操り高度を上げて氷を突き破り、ファミリーを追いました。

熱追尾型のミサイルが潜水艦から発射されると、ドミニクは自らが囮となりミサイルを引き付け、ミサイルの特性を生かして潜水艦に向かい、ミサイルと潜水艦に追突させました。

 

その衝撃を受けて車から吹き飛ばされたドミニクを、ファミリーが車で壁を作り爆発からドミニクを守ります。

ニューヨークでデッカードたちと合流し、息子を手渡されます。

ドミニクは以前デッカードにファミリーを殺され、デッカードはドミニクに弟を刑務所に入れられたのですが和解することに成功し、ドミニクは集まっていたファミリーに新しいファミリーとして、「ブライアン」を紹介しました。

映画ライター「タイリュウ」の一言

潜水艦でファミリーを追っていたシーンはとても迫力があり、ハラハラしました。

いつ潜水艦と車が衝突してもおかしくない状況で、ミサイルを利用して仲間を守ったドミニクに感動しました。

コメント