「銀魂2 掟は破るためにこそある」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「銀魂2 掟は破るためにこそある」のあらすじ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、2018年に公開された映画で、週刊少年ジャンプで連載されていた大人気漫画を実写映画化した、シリーズ第2弾です。

内容としては原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーとなっていて、家賃も払えないほど追い詰められた万事屋の3人は、キャバクラにてアルバイトすることになるのですが、国を揺るがす事態が発生し、銀時たちが激闘を繰り広げるストーリーが展開されています。

主な出演者

監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、三浦春馬(伊東鴨太郎)、窪田正孝(河上万斉)、吉沢亮(沖田総悟)、勝地涼(徳川茂茂)、夏菜(猿飛あやめ)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、ムロツヨシ(平賀源外)、キムラ緑子(お登勢)、佐藤二朗(キャバクラ店長)、堤真一(松平片栗虎)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)ほか

銀時たちは金欠になり、キャバクラでバイトすることになる

金欠になり家賃も支払えない程に追い込まれてしまった銀時は、新八と神楽の3人でアルバイトをすることにしました。

何故か、お妙が働いているキャバクラで働くことになってしまい、銀時と新八は女装させられてしまいます。

そこへ江戸の性分である徳川茂茂が客として現れ、粗相が許されない中、何とか修羅場を回避します。

その後も3人のバイト先になぜか毎回将軍が訪れ、銀時たちは顔がバレないように必死で接客しました。

 

その頃、真選組の土方は誰かに吹屋のようなもので首筋を撃たれ、その日から性格が一変してしまいます。

今まで強気で怖いもの知らずだった土方は、弱気でアニメ好きのヘタレ人間に変わってしまい、敵対していた武士にも土下座をする有様になってしまいました。

さらに仲間の沖田にも迷惑をかけてしまった土方は、真選組を首になってしまいます。

箱根に向かった近藤は伊東たちに裏切られる

そんな中、真選組では参謀として伊東の存在が大きくなりつつあり、局長の近藤は人の好さから伊東を快く受け入れました。

しかし、近藤は高杉率いる反政府軍や鬼兵隊と裏で繋がっており、政府転覆を目論んでいました。

近藤はそんなことも知らず、警護として電車で箱根に向かいます。

 

これは伊東の罠で、伊東を警護していた真選組の部下たちが近藤に刀を向けました。

絶体絶命に陥ってしまった近藤の前に、沖田が現れ伊東以外の敵を全員倒します。

そこへ万事屋の銀時と新八、神楽と土方も加勢しました。

土方はヘタレになるマイクロチップを埋め込まれたことにより、性格が変わっています。

これも伊東の策略で銀時たちの鼓舞もあり、土方はかつての自分を取り戻すのでした。

土方は列車から落ちそうになった伊東を助ける

一方の警護が薄くなった江戸では鬼兵隊が将軍暗殺を目論んでおり、攻め入ってきました。

鬼兵隊を引き言っていたのは河上で、千人斬りの異名を持っていました。

待ちを散策していた徳川茂茂は河上に追い詰められるのですが、護衛をしていた松平はパトカーで江戸城に逃げ、2人を追った河上は圧倒的な強さで城の天守閣まで登り詰めます。

 

その頃、列車では土方と伊東が決着を付けようと激闘していました。

列車が橋に差し掛かったとき、鬼兵隊の爆弾によって線路が分断され、列車は宙づりになってしまいます。

伊東は片腕を失うのですが、何とか列車にしがみついていました。

土方は伊東を殺すこともできたのですが彼は伊東を助け、真選組は伊東を裏切り者としてではなく、侍として死なせようと考えました。

江戸城に戻った銀時は河上と激戦を繰り広げる

将軍の危機を知った銀時は江戸城に向かおうとするのですが、江戸からはどんどん遠ざかっていました。

すると銀時の前に平賀が猫バスのような乗り物に乗って現れ、銀時を江戸城まで連れて行ってくれました。

江戸城に着いた銀時は将軍を守ろうとするのですが、片栗虎は「この将軍はオトリで、本人は安全なところにいる」と言って去っていきます。

将軍が偽物だと知った河上は、せめて銀時の首だけでも持って帰ろうと思い、銀時に襲い掛かりました。

 

河上は「この国に、もはや守るものなどない」と言うのですが、銀時は「守るものは今も昔も変わっちゃいねーよ」と叫び、苦戦を強いられながらも河上を倒しました。

これまでに真選組の局長から将軍まで守り抜いた万事屋の銀時でしたが、家に帰るといつものように大家から家賃未払いのため追いかけ回され、日常に戻ります。

その頃、何とか一命を取り留めた河上は、高杉のもとにやっとの思いで戻ってくるのですが、心中の奥底で高杉は何かをたくらんでいるようにも見えました。

映画ライタータイリュウの一言

銀魂はアニメや劇場版、実写版などいろんな作品を見てきたのですが、最近は映像技術がアップしていることから劇場版と実写版はとても迫力があり、楽しく見ることができました。

特に銀魂の実写版はお気に入りの俳優さんも多数出演していて、キャラクターをどうやって演じているかもチェックできました。

キャストは最近人気の豪華な顔ぶれとなっていて、激闘シーンや列車で戦うシーンなどは、キャラクターのカッコいい姿が見られたのでよかったです。

実写版第1弾・第2弾は結構面白かったので、次作が製作され上映されたときは、また映画館に見に行きたいと思っています。

コメント