「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」のあらすじ

「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」は、2013年に公開された映画で、週刊少年ジャンプで連載されていた大人気アニメシリーズ「銀魂」の劇場版2作目として公開されました。

さらに週刊少年ジャンプとしては45周年を迎えたこともあり、記念すべき作品となっていて、作者である空知英秋先生がストーリーを手掛けています。

主な出演者

原作:空知英秋 声優:杉田智和(坂田銀時)、阪口大助(志村新八)、釘宮理恵(神楽)、千葉進歩(近藤勲)、中井和哉(土方十四郎)ほか

映画泥棒によって5年後の江戸に連れていかれる

万事屋は依頼を受け、映画館で映画泥棒を捕まえようと、新八と神楽、銀時の3人が映画館内を見回っていたとき映画泥棒を見つけました。

すると映画泥棒によって、突然銀時は5年後の世界へ連れていかれてしまいます。

江戸の街は5年でそうなったとは思えない程荒廃していたため、銀時は混乱しました。

 

ウイルスが広まった江戸では多くの人が別の惑星に移り住み、今江戸の街に残っているのは貧困者やごろつき、さらに混乱によって政府を転覆させようと目論む攘夷浪士たちくらいでした。

映画泥棒の情報によると、未来の銀時は行方不明となっているらしく、映画泥棒は本来ここにいてはいけない過去の人間である銀時に、他の人には別人に見える装置を付けました。

 

混乱していた銀二が映画泥棒を問い詰めると誤って頭部を破壊してしまい、映画泥棒は動かなくなってしまいます。

銀時は状況がよく分からず途方に暮れていると、追い打ちをかけるようにゴロツキが現れ、銀時に襲いかかろうとしました。

そこにとんでもなく強い力を持った2人の人間が現れ、その2人は成長して見た目も随分変わった新八と神楽でした。

銀時はヒントを元に処刑所を訪れる

銀時が持っていた「洞爺湖」と書かれた木刀を手にした新八は、「万事屋新八っさん」として乱れた町の頼れる存在となっていました。

美女に成長した神楽は「万事屋グラさん」として、新八と江戸の治安を守ろうとしていました。

銀時は他人から別の人に見えるようになっていたため、銀時ではなく「珍さん」と名乗り、映画泥棒に与えられたヒントをもとに平賀源外の居場所を尋ねます。

 

映画泥棒から教えられた場所は処刑所で、源外を始め混同や桂までも処刑されようとしていました。

そこに土方率いる真選組と桂の相棒であるエリザベスがやって来て、呆気にとられている銀時をよそに彼らは処刑されそうになっていた人々を助けて逃亡します。

その後、救出成功のお祝いとして開かれた宴の場で、銀時は今江戸がどのような状況になっているのかを知りました。

 

新八の姉であるお妙は白詛によって病床に臥し、末期の状態だと聞かされます。

未来の銀時は白詛の存在を知り、何とか動こうとしていたようですが、その途中で行方不明になっていました。

目が良く見えなくなっていたお妙は、珍さんを銀時と間違えたことから、突然現れた銀時は彼らに受け入れられたのでした。

倒したと思っていた魘魅が生きていることが発覚する

江戸の街を調べていく中、ウイルスが広がった原因は攘夷戦争時代に銀時が戦った敵であることが分かります。

しかし、その敵は確かに倒したのですが、その際に魘魅に寄生されていました。

そのことを知った銀時は魘魅を探すことにします。

探し出した魘魅は銀時本人で、肉体は魘魅に支配されていました。

すべてを悟った銀時は世界を元通りにするため、過去へ飛ぼうとしました。

 

未来の自分に役目を託された銀時は、引き留める新八や神楽を置いて、タイムマシーンで過去の攘夷戦争時代へと向かいます。

過去の銀時を殺したことで、未来は何事もなかったかのように平和を取り戻していました。

荒廃した世界はなくなっており、銀時の存在もなかったことになります。

銀時を探すため街中を走り、やっとの思い出万事屋まで戻ったのですが、万事屋はありませんでした。

新八と神楽は絶望するのですが、この2人の中の銀時の記憶もなくなってしまいました。

銀時は仲間たちと共に魘魅を倒した

自分が何故ここにいるのかと困惑している2人の前に現れたのは映画泥棒で、魘魅に支配された未来の銀時によって、過去の自分を消す使命を受けていた映画泥棒は、タイムマシーンで銀時と一緒に攘夷戦争時代へ行き、そこで銀時の消滅を見届けた後、10年以上をかけて記憶を持ち続けていました。

今、銀時の存在を知るただ1人の映画泥棒の正体はロボットのままで、過去に戻って銀時が刺したのは白夜叉ではなく、過去に来て変装していた仲間でした。

 

銀時は未来から来た仲間と、攘夷戦争時代の仲間である桂や高杉、坂本や白夜叉と共に魘魅を倒します。

魘魅が寄生する前に殺せたため未来は大きく変わり、役目を終えた未来の仲間たちは1人、また1人と姿を消していきました。

そして現代へ戻った銀時は、いつも通りの日常に戻ることができました。

映画ライタータイリュウの一言

劇場版の1作目と同様、内容はとても面白かったです。

でも過去や未来などいろんな時代に行って、コロコロと情景が変わったので途中訳が分からなくなることもありました。

コメント