「ハイキュー!!才能とセンス」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ハイキュー!!才能とセンス」のあらすじ

かつて「小さな巨人」を有し、全国にその名を轟かせていた強豪チーム鳥野高校バレー部。

今回はインターン予選で負けてしまった過去を持つ、青葉城西高校とのリベンジをかけた試合ということで最後まで見逃せない展開になっています。

日向と影山のコンビネーション技や山口の闘志を燃やした試合、最後は一体どんな結果が待っているのか、ボールを繋ぐ一人ひとりの思いが詰まった白熱の試合となっています。

主な出演者

監督:満仲勧 声優:村瀬歩(日向翔陽)、石川界人
影山飛雄)、日野聡(澤村大地)、入野自由(菅原孝支)、林勇(田中龍之介)、細谷佳正(東峰旭)、岡本信彦(西谷夕)、内山昂輝(月島蛍)、斉藤壮馬(山口忠)ほか

鳥野高校バレー部に日向と影山が入部してくる

宮城県にある鳥野高校のバレー部は、かつて「小さな巨人」という異名を持つ天才選手が在籍していたことから、県内でも有数の強豪として名を馳せていました。

しかし、当時チームを監督していた鵜飼監督が引退したことで鳥野高校バレー部は、弱体を辿り今では「飛べない鳥」と揶揄されてしまうのでした。

 

しかし、そんな鳥野高校バレー部に一年生の日向翔陽という新入生が入部していきます。

日向はバレーは初心者でしたが、優れた身体能力を持っており「小さな巨人」に憧れて、この鳥野高校のバレー部に入部してきたのです。

そしてもう一人、天才セッターと呼ばれる影山飛雄も入部してきました。

 

バレーは初心者だった日向と、完璧主義の影山は入部当初、反発しあっていたものの、お互いの特性を認め合うことで二人にしかできないコンビネーション技を取得していきます。

それが『変人速攻』と呼ばれる二人の特別な技で、他校からはもちろん、ライバル校から恐れられるようになりました。

春の高校バレー宮崎予選大会の日

そんなある日、鳥野高校バレー部は他の強豪校たちと一緒に行われる合同合宿に参加します。

この合宿には、かつて強豪と恐れられた鳥野高校バレー部を導いていた鵜飼監督も加わり、行われました。

チームのメンバーたちは、お互いを刺激し合いながら成長を遂げていきます。

 

そしていよいよ春の高校バレー宮城予選大会の日を迎えました。

他の部員たちもかつて強豪として恐れられていた鳥野復活を目指し、念願のインターハイ出場のために努力を惜しまずに練習を重ねてきました。

そして数々の激戦をくぐりぬけ、とうとう鳥野高校はこの日を迎えたのです。

 

準決勝の対戦相手は、前回惜しくもインターハイ予選で惜しくも敗れてしまった青葉城西高校でした。

この時の試合で、鳥野高校はマッチポイントまでなんとか追いついたものの、日向の最後の攻撃がブロックされてしまったことで敗退してしまったのです。

鳥野高校は、この青葉情勢との相性の悪さを感じながらも、リベンジへと闘志を燃やすのでした。

 

青葉城西高校は、県内でもトップクラスの超強豪校の一つとして有名でした。

強豪中学から進学してくる生徒も多く、攻撃だけでなく守備の面でも能力の高いメンバーが集まっていました。

その中でも、特に三年生の及川徹は高い技術力を持っており、影山の中学の先輩でもありました。

部員たち一人ひとりの特性を活かした臨機応変な攻撃的戦術が、青葉城西高校の強さの秘訣となっています。

天才セッターと呼ばれる影山でさえも恐れる存在、それが及川だったのです。

序盤から猛攻撃を仕掛けるも、青葉城西にブロックされ苦しめられる

そしていよいよ試合が始まりました。

超攻撃型の鳥野高校は、日向と影山のコンビネーション技である「変人速攻」を中心に、試合序盤から攻めていきます。

しかし及川のビッグサーブや、松川による変人速攻をブロックされてしまいます。

 

さらに京谷の超攻撃的なスパイクによって青葉醸成高校から猛攻撃を受け、徐々に苦しめられていきます。

そんな中、鳥野高校のベンチに控えていた山口がピンチヒッターとして投入されます。

山口は、インターハイ予選で緊張に飲まれたせいか無難なサーブを打ってしまい、それが鳥野高校敗北へ繋がってしまった過去を持っていました。

 

それから山口はチームのために、何とか点を取ろうとひたすらサーブ練習を続けていました。

そして今回、青葉城西との対戦でチームのために一点でも多く取る、という闘志を燃やしていた山口は、青葉城西を相手にサービスエースを取り続けるのでした。

 

鳥野高校は、山口をピンチヒッターとして迎えてからサーブ権を青葉城西にわたすことなく、ゲームは最終戦を迎えました。

そして鳥野高校は、合宿で磨いたシンクロ攻撃やフェイント攻撃、影山と日向の変人速攻など、それぞれができる技を駆使して、今自分たちが持っている力を最大限に発揮して闘いました。

マッチポイントを迎え、試合終了となる1点を勝ち取った鳥野高校

試合はマッチポイントを迎えていました。

鳥野高校は、メンバー全員で繋いだボールを影山に託します。

セットアップから変人速攻を仕掛ける影山でしたが、惜しくも青葉城西に読まれてしまいます。

これはインターハイ予選の時と全く同じ流れでした。

 

しかし、今日の日向は違いました。

相手のブロックを見極め、最後にブロックアウトをして鳥野高校は自らの力で最後に勝利を勝ち取ったのでした。

最終セットで試合終了となる1点を勝ち取った鳥野高校は、ようやく因縁の相手であって青葉城西を破ったのです。

 

しかしゆっくりしている暇はありませんでした。

次に待ち受けているのは、青葉城西でも打ち破ることができなかった白鳥沢学園との戦いが待っていたからです。

青葉城西の三年生は、この試合をもって部活引退となります。

 

及川が部員を呼び止め、三年間共に戦ってくれたことに感謝を意を表すと、3年生は全員で涙するのでした。

その中でも及川と幼馴染で阿吽の呼吸と呼ばれた岩泉は、及川にこれからもバレーを探求してほしいと言います。

もしこれから敵として戦うことがあれば、その時は全力で戦おうと拳をぶつけ合いながら約束するのでした。

映画ライターMRMの一言

何としてでも勝利するという鳥野高校のバレー部全員の思いが、「勝利」という一つの目標を叶えた試合となりました。

途中で、山口がピンチヒッターとして投入され雰囲気が大きく変わった鳥野高校、過去にチームを敗北へと導いてしまった山口の過去があったからこそ、闘志を燃やして戦えた闘いになったと思うと全ての試合に意味があるのだと思いました。

鳥野高校の今後の活躍に期待したいです。

コメント