「耳をすませば」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アニメ映画

「耳をすませば」のあらすじ

中学3年生の月島雫は、読書が大好きな少女です。

周りの同級生たちは受験勉強や将来の夢を見つけているが、雫は図書館で本を読み続けていました。

雫はいつも借りている本の貸し出しカードに、「天沢聖司」と名前が書いてあることに気づきます。

雫はこの人はどんな人なんだろう、と次第に気にするようになります。

聖司はヴァイオリン職人を夢見ている少年です。

雫は聖司の生き方に心を動かされて小説を書き始め、自分の将来について悩みます。

主な出演者

監督:近藤喜文 声の出演:月島雫(本名陽子)/天沢聖司(高橋一生)/西司郎(小林桂樹)/バロン(露口茂)/月島靖也(立花隆)ほか

バロンと聖司との出会い

中学3年の月島雫は、本を読むことが大好きな少女です。

彼女が借りる本を、いつも自分の前に借りている「天沢聖司」に興味を持ちました。

翌日、「カントリー・ロード」の訳詞を友人の原田夕子に聞かせますが、雫はその内容に納得することができませんでした。

 

一方の夕子は、他のクラスの男子からラブレターをもらったと打ち明けます。

しかし、夕子は野球部の杉村という少年に恋をしていたのです。

そこに当然彼が現れて、夕子は恥ずかしくてその場を去ってしまいます。

座っていたベンチに図書館の本を忘れてしまい、戻ってみると知らない少年が本を読んでいました。

彼は本を返しましたが雫の訳詞を読んでおり、軽く嫌味を言われます。

雫は「いやなやつ」と怒りました。

 

翌朝、図書館に勤める父にお弁当を届けるために出かけた雫は、電車の中で大きな猫に出会います。

猫を追いかけると、「地球屋」という店の前に来ていました。

中にはいろいろな品があり、猫の人形に心惹かれます。

店主にからくり時計を見せてもらいましたが、用事を思いだし、急いで図書館へと向かいました。

そこへ自転車に乗った少年が、忘れたお弁当を届けてくれたのです。

天沢聖司の印象がガラリと変わる

新学期になり、「天沢聖司」に興味心身の雫は教師に情報を聞き出そうとしましたが、あっさりと分かりそうになり逃げてしまいます。

廊下で少年とすれ違いましたが、無視されて嫌なやつだと腹を立てました。

その日の夜、夕子に呼び出された雫は、彼女が杉村から告白の答えの催促をされたことにショックを受けたことを相談されました。

 

翌日、夕子は欠席しているときに、杉村から雫が告白されてしまいました。

気分の晴れない雫は猫の人形が見たくなり地球屋へ向かいますが、店は閉まっていました。

すると店主の孫だという少年が現れ、店を開けてくれます。

少年のもとへ行くと、彼はヴァイオリン職人を目指していたことを知ります。

 

少年は雫にカントリー・ロードを歌わせ、自分は演奏し始めました。

店主たちが帰宅してきて仲間に加わります。

そして少年の名前が「天沢聖司」だと知った雫はショックを受けましたが、彼の大きな夢を聞いて印象が変わりました。

聖司との別れと小説の完成

翌日、聖司に呼び出された雫は、彼がバイオリン製作の修行にイタリアに行くことを打ち明けられます。

夢に進む聖司に対し、雫は進路も決まらない自分に劣等感を感じます。

そこで自分がどこまでやれるか試すために、猫の人形通称バロンを主人公として、小説を書くことにしました。

あるとき図書館で小説の準備をしていると聖司が現れ、翌日イタリアへ行くことを聞かされます。

 

その帰り道で、互いに頑張ることを約束しました。

その後、受験生であるにも関わらず常に小説のことばかり考えていた雫は勉強がおろそかになり、成績を落としてしまいます。

そのことで姉と大喧嘩をする雫ですが、父の後押しのおかげで小説をやりとげて良い、と許可が下りました。

 

なんとか書き上げた小説を、雫は地球屋の主人に読んでもらいます。

主人は小説を書き上げた雫に、優しい言葉をかけました。

その後、主人にうどんをごちそうになりながら雫はバロンの話を聞きます。

それが雫の小説と、とても似ていると感じました。

帰宅して雫は母親に受験生に戻ることを宣言しました。

聖司の帰国と2人の約束

翌朝早く雫は目が覚め、ふと外を見ると、そこにはまだイタリアにいるはずの自転車に乗った聖司がいました。

彼は帰国を内緒で1日早め、雫のもとを訪ねてきたのでした。

慌てて外へ出てきた雫に上着をかけてあげて、聖司は自転車に乗せ、秘密の場所へ連れていきます。

 

急な坂を雫を乗せたまま登ろうとするが、「荷物になる気はない」と宣言した雫に負け、聖司は後ろから押して前へ進んでいきます。

聖司は、朝日に照らされた街を見下ろせる高台へ案内しました。

そこで聖司は、雫に自分が一人前のヴァイオリン職人になったら結婚して欲しい、と告白します。

そして聖司の告白の言葉に、雫は「うん」と小さく頷き「そうなったらうれしい」と返事をしたのでした。

映画ライターsakuraの一言

2人のまっすぐな恋に感動しました。

雫の将来に悩む姿や夢がある人への劣等感は、なんだか懐かしいなと思いました。

雫の心の成長や動き方が見どころだと思います。

コメント