「ハイキュー!!コンセプトの戦い」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ハイキュー!!コンセプトの戦い」のあらすじ

青葉城西を倒した鳥野高校は、次に迎えた白鳥沢学戦との決勝を迎えていました。

しかし白鳥沢学園には、全国でもトップ5に入る牛島という最強の選手がいます。

牛島の強烈スパイクは誰にも止められません。

果たして鳥野高校はどんなプレイで白鳥沢学園に立ち向かっていくのか、影山と日向の変人速攻はいつ出てくるのか、最後の最後まで見逃せないそんな両者とも譲らない闘いとなっています。

主な出演者

監督:満仲勧 声優:村瀬歩(日向翔陽)、石川界人(影山飛雄)、日野聡(澤村大地)、入野自由(菅原孝支)、林勇(田中龍之介)、細谷佳正(東峰旭)、岡本信彦(西谷夕)、内山昂輝(月島蛍)、斉藤壮馬(山口忠)ほか

元強豪校だった鳥野高校バレー部に日向と影山が入部してくる

宮城県にある鳥野高校バレー部は、かつて「小さな巨人」の異名を持つエース選手が存在しており、県内でも屈指の強豪校として有名でした。

しかしチームを率いていた監督が引退してしまい、バレー部は弱体化していきます。

そして鳥野高校は、今では『落ちた強豪、飛べない鳥』などと言われるようになっていました。

 

そんなある日、元強豪校であった鳥野高校のバレー部に新入部員が入部していきます。

それがずば抜けた身体能力を持つ日向翔陽と、天才的な技術力をもつ影山飛雄でした。

二人は入部当初、お互いの力を認め合えず反発ばかりしていました。

 

しかし、お互いの能力を生かしたプレーをすることが大事だと知り、『変人速攻』というコンビネーション技を取得していきます。

すると強調性のなかった影山でしたが、日向とコンビを組むことでバレーに必要な強調性を身に着けていくのでした。

そんな二人のコンビネーション技は、ライバル校からも恐れられるようになっていました。

 

そして春の高校バレー宮城県予選を目前に控えた影山と日向は、ライバル校である白鳥沢学園高校三年の牛島若利に、ランニングの途中で遭遇します。

二人は強豪校である白鳥沢を偵察するため、牛島の後をつけて白鳥沢学園に潜入しました。

 

牛島は予選突破を信じて疑いませんでした。

その態度を見た日向と影山は、牛島に宣戦布告します。

そして予選突破を信じる牛島は、二人の挑戦を受け入れるのでした。

青葉城西に勝ち、白鳥沢学園との決勝を迎える

いよいよ春の高校バレー宮城県予選を迎えた鳥野高校は、因縁のライバルであった青葉城西高校を見事に打ち破り、強豪校である白鳥沢学園との決勝を迎えていました。

白鳥沢学園には、全国でもトップクラスでベスト5に入る牛島がいます。

 

白鳥沢学園はこの牛島の力を100%発揮すること、何よりも牛島を輝かせることに重きを置いていました。

一方の鳥野高校は個々の力では牛島には到底かなわないものの、チーププレイを得意として全員が一丸となって戦う、というチームでした。

すなわち鳥野高校と白鳥沢学園は、全くコンセプトが違うのです。

 

そしてとうとう全国出場をかけた決勝戦が始まりました。

鳥野高校は、序盤から牛島の強烈なスパイクに翻弄されます。

牛島は左利きで右利きの選手とはボールの回転が反対にかかるため、どうしてもボールを捉えにくいのです。

鳥野のブロック陣とリベロの西谷は連携し、なんとか牛島の強烈スパイクに適応しはじめていました。

 

牛島だけでなく、鳥野高校をもう一人苦しめている選手がいます。

それがずば抜けた天性の勘を持ち、その読みの鋭さを生かしたブロックを得意とする天堂覚でした。

天堂は鳥野高校の点取り屋である影山と日向の「変人速攻」も、難なく捕らえていきます。

しかし両校とも譲らずに試合は続いていきます。

第二セット、月島が牛島の強烈スパイクをブロックする

なんとか白鳥沢学園についていく鳥野高校、牛島の強烈スパイクと天堂のブロックにより、試合は白鳥沢学園が優勢になっていました。

日向は持ち前のスタミナを生かし、天堂を左右に大きく走らせます。

 

そしてその隙をついて点を取ることに成功します。

牛島を輝かせる個を大事にする白鳥沢学園と、チームが団結して戦う鳥野高校、僅かな差となり試合は続行します。

影山と日向だけでなく、特に目立って活躍していたのが月島蛍でした。

 

月島は、チームの中でも最も高身長で、その観察眼を活かしたブロックを得意とする選手でした。

今までバレーを楽しめずにいた月島でしたが、実は試合の序盤から牛島に罠を仕掛けていました。

牛島の強烈スパイクを拾うことで精一杯だった鳥野高校でしたが、その様子をじっと観察していた月島が遂に牛島のスパイクをドンピシャでブロックします。

 

そしてなんと鳥野高校が、第二セットを取り返したのでした。

これには白鳥沢の選手たちはもちろん、会場内にいた観客たちも皆驚きを隠せませんでした。

この牛島からスパイクをブロックした経験が、月島がバレーに大きくハマった瞬間になったのでした。

途中、月島の怪我による途中退場にも負けず白鳥沢学園に打ち勝つ鳥野高校

月島のナイスファイトに刺激され、日向もその跳躍力とスタミナで果敢に敵の攻撃をブロックをして得点を取っていきます。

覚醒し、ブロックの要となっていた月島が怪我により、途中退場するという波乱が起きます。

メンバーたちは、今まで見たこともないような悔しさを噛みしめていました。

 

烏野高校監督鵜飼コーチの「バレーは常に上を向くスポーツだ!下を向くな!」という言葉に励まされ、選手たちは顔を上げます。

するとそこへ、退場していた月島が戻ってきて、再び試合に復帰することになりました。

メンバーたちは月島の復帰によって勢いを取り戻し、遂に牛島の圧倒的なスパイクをかわし、最後には5人全員でアタッカーとなりながら、同時多発シンクロ攻撃をしかけて、見事に白鳥沢学園に打ち勝つのでした。

鳥野高校は全国大会への切符を手にし、奇跡ではなく日々の努力から勝利を勝ち取ります。

 

一方の白鳥沢学園では、牛島が後輩たち一人ひとりに今後の課題を言い渡していきます。

そして一年生でありながら、次期エースとして期待されていた五色だけは、自分の課題の多さに痛感し悔いていました。
しかし尊敬する大先輩の牛島から「頼む」と一言だけ言われ、こんな自分が認められた喜びと、もう牛島とは一緒に同じコートに立てない悔しさから涙を流すのでした。

映画ライターMRMの一言

牛島の強烈なスパイクを輝かせるため、チーム全員が牛島の力を100%発揮することに重きを置いた個のプレーを得意とする白鳥沢学園と、一人ひとりの力はそこまで強くないものの団結力のあるチームプレイが特徴の鳥野高校の、白熱した試合となりました。

バレーはやはり、一人の力がどんなに強くてもチームプレイが大切であることを、改めて感じさせられた作品でした。

これから益々強くなっていく鳥野高校、どんな成長を見せてくれるのか楽しみです。

コメント