「ゴースト・イン・ザ・シェル」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「ゴースト・イン・ザ・シェル」のあらすじ

「ゴースト・イン・ザ・シェル」は2017年に公開されたアメリカ映画で、日本のアニメ映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の実写化作品です。

舞台は、人間が機械と融合する「義体化」が当たり前になった世界です。

脳と僅かな記憶以外を全て義体化した公安9課の捜査官であるキリアン少佐は、あるサイバーテロリストの事件を捜査していました。

犯人の正体を追ううちに、少佐は記憶を取り戻していくのでした。

日本版の主人公・草薙素子に相当する人物を、『アベンジャーズ』シリーズで知られるスカーレット・ヨハンソンが演じています。

主な出演者

監督:ルパート・サンダース 出演:ミラ・キリアン少佐(スカーレット・ヨハンソン)、バトー(ピルー・アスベック)、荒巻大輔(ビートたけし)、オウレイ博士(ジュリエット・ビノシュ)、クゼ・ヒデオ(マイケル・ピット)、トグサ(チン・ハン)、ダーリン博士(アナマリア・マリンカ)、ハイリ(桃井かおり)ほか

ミラがテロリストの正体を突き止める

舞台は、人間が機械の身体を取り入れる「義体化」が普及した時代のことです。

全身を義体化させた公安9課に所属する捜査官のキラ・キリアン少佐は、正体不明のサイバーテロリストを追っていました。

そのテロリストは、脳やロボットをハッキングするのが手口でした。

 

今回の捜査は、テロリストの正体に繋がるかもしれない重要な仕事でしたが、ミラは途中でハッキングされたロボットに襲撃されます。

反撃してロボットを制したミラは、黒幕と思しき人物の言葉を聞きました。

ハッキングされたロボットに襲われたのはハンカ社の役員であり、どうやら犯人の目的は義体化を普及させているハンカ社に復讐することのようでした。

 

ミラはハッキングされたロボットに神経を繋げて、情報を得ようと試みます。

電脳世界へのダイブは危険が付きものでしたが、彼女は何とか犯人がクゼという名前だということや、クゼのロボットの改造場所を突き止めました。

ある計画に関わった博士が襲われる

ミラは仲間であるバトーと共に、クゼがいると思われる場所へ向かいますが、仕掛けられていた爆弾で2人は負傷してしまいます。

バトーは生身の目を負傷し、機械の目に取り換えることになりました。

ミラも負傷しましたが、彼女は機械の体なので比較的容易に修理ができます。

 

彼女は、機械の体を作ったオウレイ博士の許へ向かいました。

博士は、いつも危険と隣り合わせのミラが心を許す数少ない存在で、彼女を気に掛けてくれていました。

ミラと目を処置したバトーが病院を後にすると、緊急の通信が入り、暴走ロボットの解明を担当していた、ある博士が殺害されたと告げられます。

殺害された博士は研究データを握っていました。

 

その中には、とある計画の事と計画に関わっていた人物として、殺害された本人の他にオウレイ博士の名前も記されていたのです。

このままではオウレイ博士の命が危険だと判断したミラたちは、急遽彼女の許へ走ります。

案の定、博士は襲われていましたが、何とか命を助けることができました。

博士を襲撃した犯人を一人で捕まえたミラでしたが、犯人はクゼによって錯乱していました。

ミラは危険を承知しながら犯人の脳内をハッキングしてクゼの居場所を突き止め、そこへ急行しました。

ミラが知ったハンカ社の事実

クゼの居所にたどり着いたミラは、彼が大勢の人の脳内でネットワークを構築しているのを目撃しました。

しかし、その様子に驚いているうちに不意を突かれ、クゼに拘束されてしまいます。

クゼはようやくミラの前に姿を現しましたが、彼の身体はミラのようにほとんどが義体化されていたのです。

どうやらクゼはミラを知っている様子で、ハンカ社と関わらないようにと忠告しました。

 

その後、ミラはバトーたちによって助け出されますが、彼女はクゼに赤の他人とは思えない感覚を抱くのでした。

さらに捜査を進めるうちに、ミラはある事実にたどり着きます。

脳以外の体の全部を義体化できた例はミラが初で、彼女の前におよそ100人もの失敗例があったのです。

クゼはその失敗例の一人でした。

 

逃げ出したクゼがハンカ社に復讐しようとしていたのは、彼のように義体化に失敗し、その結果死んでいった仲間のためだったのです。

それを知ったミラはクゼを逃がしましたが、ハンカ社の社長は不都合な事実を知ってしまったミラの記憶を消すように、オウレイ博士に命じました。

しかし博士はミラの記憶を消さず、ある住所を教えて逃がしました。

かつての恋人との再会、そして別れ

博士に教わった住所の家には、日本人の女性が暮らしていました。

彼女には草薙素子という娘がいたのですが、1年前恋人と一緒にいる時に何者かに追われ、その後失踪してしまったのだそうです。

その女性は、娘が死んだものと思っていました。

 

ミラは素子が失踪した場所へ行き、ある記憶を思い出しました。

素子のいた場所は、今までミラの幻覚に繰り返し現れていた場所でした。

そこへクゼが現れて、ミラは自分にまつわる全ての記憶を取り戻します。

実はミラは機械の体になる前は素子であり、クゼは素子の恋人・ヒデオなのでした。

素子はヒデオと共にハンカ社の職員に捕まり、義体化された挙句に嘘の記憶を植え付けられていたのです。

 

再会を果たした2人の前にハンカ社の社長が現れ、ロボットを使って襲撃させました。

ロボットの攻撃にピンチに陥った2人を、バトーたちが助けに来ました。

仲間の手でミラは助かりますが、クゼは命を落としてしまいます。

ハンカ社の社長はミラの上司・荒巻の手で始末され、ミラは引き続き公安9課の一員として活躍を続けるのことになりました。

映画ライターもじゃの一言

元々が根強い人気のある『攻殻機動隊』なので、実写化のうえハリウッドで作られたことで、ファンからは賛否両論あった作品なのかもしれません。

しかし、アヴェンジャーズでの活躍で分かるようにアクションの得意なスカーレットヨハンソンが素子役(正確には、以前素子だったミラ役)なので、見応えは十分だと思いました。

アニメ版と比較して観ると面白いですよ。

コメント