「北のカナリアたち」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「北のカナリアたち」のあらすじ

「北のカナリアたち」は2012年に公開された日本映画で、湊かなえの短編集『往復書簡』に収められている『二十年後の宿題』を原作とした作品です。

北海道にある分校の小学校教師をしていた川島はるは、ある時起きた悲しい事故を機に北海道から離れてしまいます。

時が経ち、大人になった6人の教え子の中の1人が事件を起こしたことがきっかけで、はるは北海道へ戻りました。

はるがかつての教え子たちと再会する中で、事件の謎が徐々に明らかになっていきます。

主な出演者

監督:阪本順治 出演:吉永小百合(川島はる)、柴田恭兵(川島行夫)、仲村トオル(阿部英輔)、森山未來(鈴木信人)、満島ひかり(戸田真奈美)、勝地涼(生島直樹)、宮崎あおい(安藤結花)、小池栄子(藤本七重)、松田龍平(松田勇)、里見浩太朗(堀田久)ほか

かつての教え子が殺人事件を起こす

川島はるは、20年間図書館に勤めていましたが、ついにその日最後の勤務を終えて定年退職を迎えました。

しかしそんな彼女の元に、2人の刑事が訪ねて来ます。

刑事たちは、殺人事件を起こした鈴木信人という男の部屋に、はるの連絡先が残されていたと言うのでした。

 

はるは以前、北海道の離島にある分校で小学校の教師として働いていたことがありました。

鈴木信人はその時の生徒であり、はるにとっては最後の教え子だったのです。

今から20年前に、離島の分校には鈴木信人をはじめ、酒井真奈美と生島直樹、安藤結花、藤本七重、松田勇の6人が通っていました。

信人は、6人の中でもっとも年下の生徒でした。

 

その後、はるは信人について話を聞くため、真奈美の所へ行きました。

彼女は、はると久しぶりに会えたことを喜んで過去の話をしてくれました。

20年前にはるは分校へ赴任し、6人の生徒たちは合唱を教えてくれた優しいはるを慕い、学校生活を楽しむようになったのです。

しかし、真奈美は信人のことをよく知らないと言い、20年前の事故について話し始めるのでした。

行夫の死に責任を感じる生徒たち

20年前、合唱の発表会が迫っていたある日、結花が緊張のためにソロパートを歌えなくなってしまいました。

結花の気持ちをほぐすため、はると夫の行夫は生徒たちを連れてバーベキューへ行きました。

ソロパートを歌いたかった真奈美が、バーベキューの場で結花に「私がソロパートを歌ってあげる」と話したところ、結花は「私が死ねばよかったと思ってるんでしょ」と叫んで、自分で崖から飛び下りました。

 

そこで結花を助けようとした行夫は、溺死してしまいます。

真奈美は、自分が先生の夫が死ぬ原因を作った、と責任を感じていました。

はるは、真奈美から直樹の住所を聞いて彼を訪ねますが、直樹も行夫の死を自分の責任だと思い込んでいました。

当時、直樹の家は貧乏で、彼の父親は結花の母が経営する店に入り浸っていました。

 

それを苦々しく思っていた直樹が結花に当たってしまったために結花が歌えなくなり、行夫が死んだことを責めていたのです。

次に、はるは結花に会いましたが、結花も行夫の死は自分のせいだと責めていました。

さらに結花の母親は、はるが学校を辞めて北海道を出ていく原因を作った1人でした。

結花の母親は娘が溺れた時に、はるは男と会っていていなかったという噂を流していたのですが、不倫は事実だったことを結花に話します。

信人が逃亡の末転落し意識不明に

当時、脳腫瘍を患っていた行夫は余命半年と告げられ、最後の時を行夫の故郷で静かに過ごすために、はるたちは離島に戻ってきたのでした。

行夫は、はるの前では気丈に振る舞い、彼女には自分に構わず好きなことをするように、と繰り返し言っていました。

 

そんな時、はるは担当していた事件で人質を死なせて自分を責め続けている刑事の阿部と出会い、彼と深い仲になったのでした。

次に真奈美から七重を紹介されたはるは、七重が信人に再会した時に彼が「今度結婚する」と言っていたことを知ります。

七重は、20年前にはるが阿部と会っているのを目撃し、当時はショックを受けたと話します。

 

しかし自身も不倫を経験した今では、当時のはるの気持ちが理解できると言いました。

松田勇は警官になっていました。

彼は駐在所勤務中に、信人が戻って来ているかを調べるように命令を受けますが、ようやく発見した信人は、逃げる際に高い所から落ちて意識不明に陥ってしまいます。

はるは、信人を助けた勇を訪ねました。

かつての先生と教え子が集まる

はるは勇から、当時行夫が嫌いだったと聞きました。

勇が可愛がっていた犬を、行夫が木の棒で叩くところを目撃したのが、その理由でした。

はるの前では気丈だった行夫も、辛さに耐えきれなかったようでした。

20年前バーベキューを行う数日前に、阿部ははるが行夫と一緒に買い物をしているのを見てショックを受けました。

 

阿部はバーベキュー当日に島から去ろうとして、それを知った行夫は、はるに阿部の所へ行くように言ったのです。

信人が病院で意識を取り戻し、警察に事情聴取されます。

信人が勤めていた会社の社長は、日常的に妻に暴力を振るっていました。

彼女を助けるうち、信人たちは互いに惹かれ合うようになりましたが、離婚を決意した彼女に社長が暴言を吐いたことから信人と社長は揉み合った末、社長は死んでしまったのでした。

 

信人は、結婚式にはるを招待するつもりで、七重に聞いた連絡先が彼の部屋に残されていたのです。

勇は担当刑事に頼み込み、刑事は信人を移送する途中に廃校となった教室へ連れて行きました。

教室には、はるとかつての生徒たちが待っていました。

6人で合唱した後、信人は「生きていてもいいんだよね」とはるに問い掛け、はるは「いい」と答えました。

それは阿部が島を去る日に、はると交わした会話そのものでした。

信人が連行されるのを、はるたちは待っていると叫んで見送りました。

映画ライターもじゃの一言

タイトルと舞台が白い雪で覆われた北海道の離島なので、原作を読んでいない私は初め「厳しくて救いのないストーリーなのかも」と思っていました。

しかし実際は、時を超えて先生と教え子が思い合う、温かみのある物語でした。

劇中に流れる子どもたちの合唱曲も美しく、懐かしさを思い起こさせてくれます。

コメント