「ソウ2」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ソウ2」のあらすじ

「ソウ2」は2005年に公開されたアメリカ映画で、前年大ヒットになったサイコスリラー映画『ソウ』シリーズの第2作目です。

ジグソウという謎の男は、命を粗末にする人間たちを理不尽なゲームに巻き込み惨殺していました。

刑事のエリックは、ある時情報屋の男が無残に殺されている現場に呼ばれました。

捜査の末ジョンという男を逮捕しますが、彼は既に8人の男女を捕えており、しかもその中にはエリックの息子・ダニエルもいたのでした。

主な出演者

監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル、ドニー・ウォルバーグ、ディナ・メイヤー、リリク・ベントほか

ジグソウのゲームが再び動き出す

情報屋のマイケルは、気が付くと知らない暗い部屋の中にいました。

座っている彼の首には時限式で作動する殺人の罠が付けられており、パニックを起こしたマイケルは必死に外そうとしますが、失敗して無残な死を遂げてしまいます。

 

同僚の刑事アリソンに呼ばれたエリックは殺人事件の現場へ駆け付けますが、被害者は彼が利用している情報屋マイケルで、見るも無残に殺されていました。

同時期に、ジグソウという謎の男が起こした猟奇的な殺人事件が世を騒がせていました。

ジグソウは末期のがんを患った老人で、自分が死にかけているのに元気なはずの他人が命を粗末にしていることに怒りを感じています。

 

彼はそうした人間たちを集め、理不尽な殺人ゲームに巻き込んでいたのです。

事件現場には、そのジグソウからエリック宛のメッセージが残されており、マイケルの遺体がかぶっているデスマスクには、どこかの住所が書かれていました。

その住所がジグソウの潜伏先だと推理したエリックは、SWATと共にそこへ乗り込みます。

エリックの息子ジョンもゲームの参加者

エリックはSWATと一緒にジグソウのいる廃墟へ向かいますが、そこには多くの罠が仕掛けられており、隊員が次々に倒れていきます。

そんな中、何とかジグソウの元へ辿り着いたエリックは、ジグソウことジョン・クレイマーという老人を逮捕しました。

ジョンは2時間エリックと話をしようと持ち掛け、モニターを指差します。

 

モニターには、ジグソウのゲームに強制参加させられた8人の男女が映っていました。

しかも参加者の中には、エリックの息子・ダニエルの姿もありました。

エリックには離婚歴があり、妻と別れた時にダニエルとも喧嘩別れして、そのまま生き別れ状態になっていたのでした。

息子の閉じ込められている場所が分からない以上、エリックはジョンと話をするしか選択肢がありません。

 

エリックは息子を助けるためジョンと話をしますが、彼ははぐらかすばかりで有益な情報が中々得られません。

8人の中には、かつてジグソウのゲームから生き残ったアマンダも混じっており、素早くテープレコーダーを発見した彼女は、ジグソウにゲームのルールを尋ねました。

明らかになる参加者8人の共通点

ここから無事に出るためには、参加者が協力し合って2時間以内に解毒剤を入手する必要がありました。

既に密室の中には遅発性の毒ガスが少しずつばら撒かれていたため、解毒剤の入手が間に合わなければ参加者は残らず死んでしまうと言うのです。

参加者の8人は、薬物中毒者や麻薬ディーラー、ギャング、放火犯など、誰もが前科を持つ人間たちでした。

 

お互いを警戒し合い、蔑む者もいました。

その後、ジグソウの仕掛けた罠で参加者の一人が殺されたことで、参加者はパニックを起こしてしまいます。

協力するどころか、それぞれが身勝手な行動をとり始めました。

参加者にはそれぞれに試練となるゲームが用意されており、クリアすることで解毒剤が手に入る仕掛けになっていました。

 

拳銃や焼却炉など、ジグソウの罠で一人また一人と参加者が亡くなり、自分が助かるために他の参加者を手にかける者も出てきました。

さらに虚弱体質のローラという参加者は、2時間のリミットが来る前に毒が回り、命を落としてしまいます。

そのうちにダニエル以外の参加者が皆、エリックから無実の罪を着せられた人々だと判明します。

アマンダがジグソウの協力者だった

ダニエルが自分たちを有罪に仕立てた刑事の息子だと分かり、彼は参加者の一人であるザビエルから狙われてしまいます。

残忍で身勝手なザビエルは、これまでもアマンダに注射器だらけの部屋から鍵を探させたり、ジョナスを殴り殺したりしていました。

 

途中でザビエルは、脱出には参加者のうなじに付けられた番号を集める必要があることに気付いていたこともあり、生き残ったアマンダとダニエルを殺そうとします。

2人は逃げ回りますがザビエルに追い付かれ、アマンダを殺そうとした彼を返り討ちにしました。

一方のエリックはすっかり頭に血が上り、ジョンを殴り付け、ジョンは「ゲームオーバーだ」と言い、エリックをダニエルの監禁場所へ案内します。

 

屋敷に辿り着いたエリックは奥の部屋まで入っていきますが、そこで何者かに襲われて気絶してしまいます。

しばらくして彼が目覚めると監禁されており、手近にあったカセットテープで、アマンダの口から衝撃の事実が語られるのでした。

 

これまでモニターに映っていたのは録画で、ジグソウのゲームはとうに終わっていました。

ジグソウに心酔したアマンダは、彼の後継者として協力していたのです。

ダニエルはジョンの金庫から無事に発見され、エリックは次のゲームの被験者にされるのでした。

映画ライターもじゃの一言

参加者が無残に亡くなるシーンは思わず目を覆いたくなりましたが、最後のどんでん返しには驚きました。

初め前回のゲームの生還者であるアマンダが、どうしてまたこのゲームに参加しているのだろうと疑問に思っていましたが、「まさかそんな絡繰りだったとは」という感じです。

黒幕なのに、注射器だらけの穴に放り込まれて鍵を見つけるなんて、アマンダは共犯ですが考えるだけでぞっとしますね。

コメント