「ソウ4」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ソウ4」のあらすじ

「ソウ4」は2007年公開のアメリカ映画で、理不尽な殺人ゲームに巻き込まれた人間たちの顛末を描いたサイコスリラーシリーズの第4弾です。

前作の『ソウ3』と、ほぼ同時期の物語が展開されます。

猟奇的な連続殺人鬼ジグソウが死亡した後、解剖された彼の遺体の中からカセットテープが出てきました。

連絡を受けた刑事ホフマンがそのテープを再生すると、ゲームは終わっていないという彼のメッセージが聞こえてきます。

一方で、これまでジグソウの事件捜査に関わって来たSWAT隊長のリッグは、行方不明になっている同僚のエリックを独自に探していました。

主な出演者

監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル(ジグソウ)、スコット・パターソン(ストラム捜査官)、ベッツィ・ラッセル(ジル)、コスタス・マンディロア(ホフマン刑事)、リリク・ベント(ダニエル・リッグ刑事)、アシーナ・カーカニス(ペレーズ捜査官)ほか

既に始まっている新たなゲーム

刑事アリソン・ケリーの遺体は、連続猟奇殺人鬼・ジグソウの殺人ゲームが行われた現場に転がっていました。

同僚だったアリソンの無残な姿に、叩き上げ刑事でSWAT隊長のリッグは驚愕を隠せませんでした。

彼とホフマン刑事が現場を見ていると、そこへFBI捜査官のストラムとペレーズがやって来て、捜査に加わります。

 

しかし、すっかり動揺しきっているリッグはしばらく休むように言い渡されますが、彼はアリソンと同じく連れ去られたエリック刑事の行方が気になっていました。

アリソンの遺体は上から吊るされていました。

リッグには、脳腫瘍で瀕死状態にあるジョンや比較的華奢な体格のアマンダに、そんな大仕事ができたのかという疑問が浮かびます。

彼は密かにジグソウの後を継いだ第3の人物が、ゲームを行っている可能性も考えました。

リッグは独自に捜査を始め、まず手始めにかつてジョンと結婚していた女性・ジルに会いに行くことにしました。

リッグもゲームに参加させられる

弁護士のアートとトレバーは、一緒に殺人ゲームに巻き込まれた末に、トレバーが死亡してしまいました。

次の殺人ゲームは既に始まっていたのです。

一方のリッグは、ジルからジョンの過去について聞きました。

麻薬中毒患者の再生施設に勤めているジルは、かつてジョンとの間に子どもを妊娠しましたが、狂暴化した患者に暴行されたため、その子を亡くしたと言います。

 

その上、ジョンには脳腫瘍が見つかり、彼は悲しみと共に怒りを募らせるようになったのでした。

ジルの話を聞いた後、帰宅したリッグは疲れて眠ってしまいます。

しかし、目覚めると知らない人間が目の前にいて、何者かに連れ去られてしまいました。

ついにゲームの参加者になってしまった彼の眼前に、既に捕えられていた同僚刑事のホフマンとエリックの映像がありました。

 

画面の向こうにいるジグソウは、リッグにこれから登場する人間たちを助けるかを問いました。

初めに出会った金髪の女性を何とか助け出すリッグでしたが、彼女は少女の売春を斡旋しており、罪がバレたことにより、リッグを包丁で刺そうとします。

しかしリッグは、反対に彼女を殺害してしまうのでした。

再会したエリックが罠で死亡

リッグは次にモーテルの汚い部屋にたどり着きますが、そこには一人の男がいました。

男は婦女暴行犯で、その部屋には乱暴された女性たちの惨たらしい写真が置かれています。

リッグは彼に詰め寄り、あらかじめ用意されていたゲーム用の部屋へ押し込め、彼を殺害しました。

 

さらに進んでいくと学校へ行き着き、他のゲームの参加者である男女が串刺しにされていました。

男女はリッグの顔見知りの夫婦で、妻は夫の暴力に悩んでいる女性でした。

彼女にもゲームの試練が課され、夫を見捨てて自分だけが生きようとした結果、自分も串刺しになったようでした。

 

彼女に助けを求められましたが、リッグにはどうすることもできず、先へと進みます。

リッグは、他の参加者を救うことができませんでしたが、ようやく最後のゲームの舞台であるエリックとホフマンが閉じ込められている部屋まで到着しました。

しかしリッグが部屋の扉を開けた途端、ブロックが落ちてきてエリックの頭を直撃します。

ホフマンがジグソウの後継者だった

一方のリッグを疑っていたFBIのストラムとペレーズは、彼の部屋でジグソウのメッセージを見て、ゲームの会場に乗り込んで来ました。

ところが、ジグソウが用意していた爆弾にやられてしまいます。

リッグはエリックやホフマンのいる部屋に入った後、弁護士のアートと鉢合わせをしました。

 

トレバーと一緒にゲームの参加者となったアートでしたが、何とか生き残っていたのです。

彼には、ある試練が課されていました。

それは制限時間まで、この部屋に誰も来なければエリックとホフマンを無事に返してくれる、という賭けでした。

しかしリッグが乗り込んできたことで、アートはゲームをクリアーできませんでした。

 

リッグがドアを開けた時にエリックは絶命してしまい、それを見たアートはリッグを銃で狙います。

リッグも負けずに銃で応戦してアートを撃ち殺しましたが、彼自身も撃たれて危険な状態でした。

残されたホフマンも危ないところでしたが、リッグは何と彼が自由に起き上がるのを目にするのでした。

 

ホフマンが「慎重になれと言っただろう」とリッグに投げかけた言葉は、彼のゲームの初まりにルールを告げた、あの声だったのです。

ジョンの遺体の解剖時、中から出てきたカセットテープを再生したホフマンは、「ゲームは終わっていない」という彼からのメッセージを聞いていました。

映画ライターもじゃの一言

本作は前作『ソウ3』とおよそ同じ時期の話だということですが、ホフマン刑事がいつからジグソウの後継者として動いていたのかが、少し分かりにくかったです。

前作の参加者の仕掛けを彼がしていたと考えると、「そんな前から!?」と驚いてしまいました。

しかし、ここで2作目で拉致されたエリックが登場し、活躍するのかと思いきやあっさり巻き込まれて亡くなってしまったのが少し残念でした。

コメント