「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のあらすじ

「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」は、1997年公開の映画になり、ジュラシック・パークシリーズの第2弾として公開されました。

マイケルクライストン原作のSF小説を基に、1993年に公開されたジュラシック・パークの続編となっています。

本編では前作の事件から4年が経過し、金儲け目的で捕獲された恐竜たちが大暴れするストーリーです。

主な出演者

監督:スティーブン・スピルバーグ 出演・キャスト:ジェフ・ゴールドブラム(イアン・マルコム)、ジュリアン・ムーア(サラ・ハーディング)、ピート・ポスルスウェイト(ローランド・テンボ)、アーリス・ハワード(ピーター・ルドロー)、リチャード・アッテンボロー(ジョン・ハモンド)ほか

ジョンはサイトBの調査をイアンに依頼する

ジュラシックパークの事件から4年の月日が経過し、事件の当事者のひとりだった数学者イアンは、インジェン社の会長であるジョンに呼び出されました。

ジョンに呼び出されたイアンは、ある依頼を受けることになります。

事件の舞台となったジュラシックパークは通称「サイトA」と呼ばれ、実はもう1つ恐竜たちを孵化させて飼育している「サイトB」が存在しているというものでした。

 

事件後はサイトA・Bともに閉鎖されていたのですが、恐竜たちは今もなおサイトBで生き延びていて、繁殖しているという話をされます。

イアンはそのサイトBの調査を依頼され、最初は断ったのですが、イアンの恋人であるサラが既にサイトBの調査のため潜入していることを知り、イアンはあくまでもサラの救助を目的としてジョンの依頼を引き受けることにしました。

イアンは仲間と共にサイトBに向かう

ジョンの甥のピーターは、今やインジェン社の社長に登り詰め、会社を立て直すためにジュラシックパークを再建し、恐竜をビジネスに利用できないかと企んでいました。

イアンはカメラマンで自然保護運動をしているニックと、フィールド用装備のエキスパートであるエディ、密かに潜り込んでいたイアンの娘のケリーと共に、サイトBに向かうことにしました。

 

ニックとエディ、ケリーの3人はサイトBにてサラと合流します。

サイトBでは4年前のジュラシックパーク同様、恐竜たちがゆっくり歩いていて、おびただしい数の恐竜が生息していました。

ジョンの指示により恐竜の捕獲を阻止する

サイトBにて調査を行っていたイアンたちとは別に、ルドロー率いる大部隊がサイトBに上陸しました。

彼らはハンターのテンボを筆頭に次々に恐竜たちを捕獲し、金儲けをしようと目論んでいます。

ジョンから恐竜の捕獲を阻止する指令を受けていたニックは、ルドローのキャンプに潜入して捕らえられた恐竜たちを檻から解放していました。

 

一方のサラとニックは、傷ついたティラノサウルスの子供をトレーラーに運び込み治療していたのですが、突然怒り狂ったティラノサウルスの両親が襲い掛かってきました。

ティラノサウルスに襲撃されたエディは犠牲となってしまい、イアンたちはサイトBにある本部地区の通信センターを目指すことにします。

その間にも恐竜たちはサイトB内を暴れまわり、次々とハンターたちが餌食になっていきました。

母親のティラノサウルスとその赤ちゃんはサイトBに送り返される

恐竜に見つからないように、何とか本部地区にある通信センターにたどり着いたイアンたちは、救援部隊のヘリコプターによって助け出されました。

ルドローはティラノサウルスの赤ちゃんを囮にして、母親のティラノサウルスを誘い出し、捕獲して貨物船に積み込みます。

貨物船はサンディエゴに向けて出航したのですが、輸送中にティラノサウルスに打った麻酔が切れてしまったため、サンディエゴに上陸して暴れ狂った母親のティラノサウルスは、そのまま街に移動して大暴れしました。

突然恐竜が現れたことで街はパニック状態に陥り、多くの人が犠牲となってしまいます。

その後、イアンとサラは郊外にあるジュラシックパークにて保護されている、ティラノサウルスの赤ちゃんを連れ出すことに成功しました。

 

イアンとサラは保護されていたティラノサウルスの赤ちゃん使って、母親のティラノサウルスを港へと誘き寄せようとするのですが、その途中でルドローがティラノサウルスに捕まってしまい、餌食となります。

するとサラが母親のティラノサウルスの首筋に麻酔を打ち込み、ティラノサウルスの親子は再び、サイトBに送り返されることになりました。

その後、サイトBは人間の手が触れないように保護されることになりました。

映画ライタータイリュウの一言

ロスト・ワールド ジュラシック・パークも、前作の「ジュラシックパーク」と同様、お金儲けのために恐竜を捕獲しようとした愚かな人間が恐竜の餌食となり、悪いことを考えた者には天罰が下ることを思い知らされました。

人間はいかにお金儲けのために汚いことをしているのか、自分たちの欲のために動いたいるかを知りました。

恐竜が襲い掛かるシーンや街中で大暴れするシーンはとても迫力があり、街を守ろうとティラノサウルスの赤ちゃんを檻から救出し、港で麻酔を打ったイアンとサラは救世主のような存在に見えました。

送り返されたティラノサウルスやサイトBで繁殖し続ける恐竜たちを思うと、少し恐怖でもありました。

コメント