「ジュラシック・パーク」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「ジュラシック・パーク」のあらすじ

「ジュラシック・パーク」は、1993年に公開された映画でジュラシック・パークシリーズの第1弾として公開されました。

本編はクローン技術によって、古代の恐竜を生き返らせたテーマパークが舞台です。

テーマパークのオープン前に創設者であるジョンとアラン博士、エリー博士らがツアーとしてパーク内を体験し、恐竜たちが彼らに襲い掛かるストーリーが繰り広げられます。

主な出演者

監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:リチャード・アッテンボロー(ジョン・ハモンド)、サム・ニール(アラン・グラント博士)、ローラ・ダーン(エリー・サトラー博士)、ジェフ・ゴールドブラム(イアン・マルコム博士)、サミュエル・L・ジャクソン(レイ・アーノルド)ほか

ジョンはテーマパーク内で恐竜のクローンを作っていた

考古学者であるアラン博士とエリー博士らと共に、世界的なセレブのジョン・ハモンドが訪ねてきました。

ジョンは無人島にテーマパークを建設し、そのオープン前に是非パーク内を体験してほしいと言います。

協力してくれるのであれば研究費を出す、という条件でアラン博士とエリー博士に頼みました。

2人はテーマパークに到着し、広大な草原をジープで走っていると、巨大なブラキオサウルスがゆっくりと歩いていました。

アラン博士とエリー博士はどうやって恐竜を蘇らせたのか、とジョンに詰め寄りました。

するとジョンは得意げに「後でお見せするよ」と言い、3人はジュラシックパークの中心部にある操作室に到着しました。

そこには恐竜の卵や、バイオテクノロジーによってクローンを作る研究室がありました。

 

クローンを作ることは神の領域だとアラン博士とエリー博士は批判したのですが、ジョンは無関心でした。

操作室から外に出ると、ジョンの2人の孫とマルコム博士がいて、既に体験ツアーの準備を整えていました。

彼らはテーマパーク内を走る電気自動車に乗り、ツアーが始まります。

ツアーの途中で凶暴化したティラノサウルスに遭遇

電気自動車にはジョンの2人の孫とアラン博士、エリー博士とマルコム博士がそれぞれの車に乗り込み、2台で出発することになりました。

テーマパーク内は自然な形で恐竜を展示しているため、恐竜に出くわせるかは恐竜の気分次第です。

彼らは恐竜に出くわすことなくツアーが進んでいき、車内で恐竜の説明を行うレコーダーと恐竜が合わず、孫たちは退屈し始めました。

 

次第に天候が悪くなっていき、建設は失敗だったとマルコム博士が結論付けたとき、目の前に巨大で凶暴なティラノサウルスが檻を破って現れました。

ジョンの孫たちはパニックになり大声で叫び出し、アラン博士はわずかな隙間から車を抜け出し、ティラノサウルスを自分の方におびき寄せようとします。

しかし、アラン博士の計画は上手く行かず、マルコム博士も協力しようとして走り出した瞬間、ティラノサウルスに襲われてしまいました。

エリー博士が電気設備の回復に向かう

何とかその場から逃れたアラン博士とジョンの孫たちは、操作室に戻ろうと森の中を歩いていました。

一方のエリー博士は、ケガをしたマルコム博士と一緒に車で操作室に戻り、電気設備を戻そうと対策を練ることにしました。

恐竜たちが自由に動き回る森の中を進まなければならないということが分かり、エリー博士が行くことになります。

 

森の中では圧倒的に恐竜の方が優勢で、ティラノサウルスの他にも知能が高いハンターやヴェロキラプトルも、森の中に放たれていました。

エリー博士は何とか地図を見ながら電気設備を回復させに行くのですが、途中何度も恐竜たちに襲われてしまいます。

何とか電気設備を手動で回復させ、再び森の中を歩いてジョンたちが待機している施設に戻りました。

アラン博士たちは無事テーマパークから出ることに成功

操作室に全員が避難することができたのですが、エンジニアがわざと電気設備を破壊したため、プログラムを起動させなければならないことが分かりました。

しかし、ジュラシックパークに残っているのはプログラミングに詳しくない人たちばかりで、マルコム博士もケガを負っているため動くことができませんでした。

 

全員がパニックになっていると、そこへヴェロキラプトルが襲い掛かってきました。

頭の良いヴェロキラプトルは、自分でドアを開けて施設に入ってきます。

施設内には何匹ものヴェロキラプトルが侵入しており、アラン博士たちを襲いました。

 

ヴェロキラプトルが体をかがめ襲い掛かろうとした瞬間、ティラノサウルスが施設の壁を破り、勢いよくヴェロキラプトルに襲い掛かりました。

両者が勢いよく争っている隙を見て、アラン博士たちは間一髪で操作室から逃げ出すことに成功します。

ジュラシックパークは恐竜たちの襲撃により、オープンすることなく幕を閉じることになりました。

映画ライタータイリュウの一言

この作品は最初映画館で観たのですが、ティラノサウルスやヴェロキラプトルが、アラン博士たちに襲い掛かったときは大迫力で、恐竜の大きさや凶暴なところに恐怖を感じました。

当時のCG技術は今よりも劣っているのですが、時間が経っても技術の高い作品だと思い知らされました。

人間の愚かさを描いた壮絶なストーリー性が、見ていて楽しかったです。

コメント