「ジュラシック・ワールド」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「ジュラシック・ワールド」のあらすじ

「ジュラシック・ワールド」は、2015年に公開された映画で、スティーブン・スピルバーグ監督が手掛けた大ヒット映画です。

この作品はジュラシック・パーク4作目として公開され、体感型のジュラシック・パークシリーズの新たな続編として制作されました。

前作であるジュラシック・パーク3からは14年が経過しているため、話題性の高い作品となっています。

主な出演者

監督:コリン・トレボロウ 出演:クリス・プラット(オーウェン)、ブライス・ダラス・ハワード(クレア)、ビンセント・ドノフリオ(ホスキンス)、タイ・シンプキンス(グレイ)、ニック・ロビンソン(ザック)ほか

ザックとグレイは旅行を兼ねて、ジュラシックワールドに遊びに行く

ジュラシックパークで起こった事件から22年が経過し、島はイスラヌブラという会社が購入しました。

その島は新たなテーマパーク「ジュラシックワールド」として再建され、1日に2万人を超える来場者が訪れ、世界でも人気のテーマパークとなりました。

兄弟のザックとグレイは叔母のクレアが主任を務めていたこともあり、旅行を兼ねて遊びに行くことにします。

 

ジュラシックワールドに入った彼らは、ワールドの壮大さに興奮していました。

クレアはザックとグレイを連れてテーマパーク内を案内しようと思っていたのですが、仕事が忙しくなったため、アシスタントにテーマパーク内を案内してもらうことにします。

ジュラシックワールドでは遺伝子学者であるウー博士の下、驚異的な遺伝子操作で新型の恐竜「インドミナス・レックス」を作っており、その1つが隔離エリアで飼育されていました。

オーウェンの前に突然インドミナス・レックスが現れる

恐竜の飼育員であるオーウェンは、4つのラプターを懐かせていたのですが、ラプターを軍事利用しようと企むパークと対立することになりました。

ジュラシックワールドのオーナーであるサイモンは、オーウェンにインドミナス・レックスの凄さを見せつけようとするのですが、恐竜は姿を隠していました。

 

オーウェンは特定の知識があるインドミナス・レックスを脅威とみなし、クレアに警告します。

その後、オーウェンは姿を見せないインドミナス・レックスが区域から脱出したことを突き止めます。

オーウェンが区域に入ろうとするとインドミナス・レックスが姿を現したため、オーウェンは慌てて区域から脱出しようとしました。

インドミナス・レックスは知的だったため、人間に自分たちが逃げたと思わせ、捕食しようとしていました。

ザックとグレイ兄弟は禁止区域内に入ってしまう

その後、インドミナス・レックスは島の奥へと逃げだし、事態に危機感を感じたパークは特殊部隊にインドミナス・レックスを探してもらうことにします。

しかし、兵士たちは周囲にカモフラージュしていたインドミナス・レックスに気づかず、全員がインドミナス・レックスの餌食となってしまいました。

 

一方のザックとグレイ兄弟が禁止区域の中に入ると、彼らの前にインドミナス・レックスが現れます。

彼らは必死になり恐竜から逃げたのですが、滝の下へと落ちてしまいます。

滝の下に落ちたザックとグレイ兄弟は、旧施設の中に入り保管してあったジープを起動させ、無事パーク内に帰還しました。

その頃、オーウェンとクレアは彼らを取り戻すため、ジュラシックワールド内に入りました。

巨大恐竜同士を戦わせ、ティラノサウルス・レックスが勝利する

そんな中、兵士たちはインドミナス・レックスをヘリコプターで追跡するのですが、ヘリコプターはディモルフォドンやプテラノドンなど翼を持った恐竜が飼育されている施設へと落下してしまい、壊れた窓から大量の恐竜がパークへ向けて飛び立ちました。

ディモルフォドンやプテラノドンはパーク内にいた人々を襲い、アシスタントも殺されてしまいます。

 

オーウェンとクレアがパークに戻ると、ザックとグレイ兄弟を発見し、行動を共にすることにしました。

警備主任であるパークは、以前から兵器としてラプターをインドミナス・レックスの捕獲に使おうと考えていました。

その方法にオーウェンも従うことになり、オーウェンはラプターを使ってインドミナス・レックスを探しました。

オーウェンたちはついにインドミナス・レックスを発見したのですが、ラプターとインドミナス・レックスが交信して人間を襲い出します。

 

パークはラプターによって殺されてしまい、ウー博士はどさくさに紛れて自分の研究成果をしまうと、ヘリコプターに乗って島を後にしました。

オーウェンはラプターを再び調教し、インドミナス・レックスを攻撃しました。

その時、クレアは危険を承知でパークに隔離されているティラノサウルス・レックスをおびき寄せ、インドミナス・レックスと戦わせます。

 

ティラノサウルス・レックスとインドミナス・レックスの戦いは、ティラノサウルス・レックスが勝利し、湖に近づいたインドミナス・レックスは、この場所に生息している巨大恐竜モササウルスに食べられてしまいました。

全てが終わり、生き残った人々は救助され、ザックとグレイ兄弟たちは無事に両親と再会しました。

オーウェンはクレアと抱き合い、その頃、誰もいなくなったジュラシックワールドでは、ティラノサウルス・レックスが咆哮をあげていました。

映画ライタータイリュウの一言

ジュラシックパークシリーズは見たことがない恐竜が鮮明に描かれていて、迫力があって面白いといつも感心させられます。

恐竜に襲われたときの恐怖も感じられ、巨大恐竜同士のバトルも激しかったです。

コメント