「劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳」のあらすじ

「劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳」は、2017年に公開された映画で、大和和記のベストセラーである少女漫画を作者の画業50周年記念として映画化されました。

本編は大商時代を舞台に、おてんばで勝気な主人公の女子学生が運命の許嫁と出会い、やがて時代の荒波の人生を歩んでいく物語となっています。

主な出演者

監督:古橋一浩 声の出演者:早見沙織(花村紅緒)、宮野真守(伊集院忍)、櫻井孝宏(青江冬星)、中井和哉(鬼島森吾)、梶裕貴(藤枝蘭丸)、瀬戸麻沙美(北小路環)、伊藤静(吉次)、石塚運昇(花村少佐)、森功至(ナレーション)ほか

紅緒は許嫁との結婚に猛反発する

1918年の東京の街で、17歳の女学生である花村紅緒は父親と一緒に暮らしていました。

彼女は幼い時に母親を亡くし、男でひとつで父親に育てられ、剣道の稽古に励んでいました。

その腕前は、父とも互角に渡り合えるまでに上達していました。

そんなある日、幼なじみで歌舞伎役者の藤枝蘭丸と凧揚げに興じていた紅緒は、木に登って落下したところを偶然通りかかった陸軍少尉の伊集院忍に助けられました。

 

忍は日本人の父とドイツ人の母との間に生まれたハーフで、顔立ちも整っていました。

紅緒は父から忍が両家の祖父母が決めた許嫁と知り、結婚相手ぐらいは自分で決めたいと猛反発します。

紅緒は自分に思いを寄せてくれていた蘭丸と駆け落ちを決意するのですが、結局居酒屋にいたところを忍に連れ戻されました。

蘭丸が伊集院家の大事なお皿を割ってしまう

紅緒は親友の北小路環が忍に思いを寄せていることを知り、彼女と忍の仲を取り持てば事が済むと考えたのですが、忍は既に紅緒が好きだったため環になびくことはありませんでした。

伊集院家に花嫁修業に行くことになった紅緒は忍や叔母から歓迎を受けたのですが、伯爵である祖父は紅緒に辛く当たりました。

 

そんな紅緒を忍は優しく慰め、反感を抱いていた紅緒も次第に忍に惹かれていき、祖父もおてんばながらも健気な一面に心を開いていきました。

そんなある日、紅緒への思いを捨てきれない蘭丸が女装し、蘭子と名乗り家政婦として伊集院家に潜り込んだのですが、あっさり忍に正体を見破られてしまいます。

そんな時、蘭子は誤って大事なお皿を割ってしまい、蘭子を庇った紅緒は責任を取って伊集院家を出ていくことになりました。

忍は紅緒に告白したが、行方不明になってしまう

その頃、忍が芸者の吉次と交流を持っていることを知った紅緒は、嫉妬心を覚えていました。

結局、紅緒は実家からも追い出されてしまい、真意を確かめるべく吉次の元に向かいます。

そこで紅緒は第一次世界大戦で死んだ吉次の夫と忍がかつて友人だったこと、夫の死後、後を追って自殺を図った吉次を忍が助けたことを知りました。

 

紅緒は吉次の店に来店していた忍の上官である印念中佐とトラブルを起こし、印念の策略により、忍は東京から小倉師団へ左遷させられることになりました。

出発の前日、忍は紅緒の前に現れ、自分が不在のあいだは伊集院家の留守を託すと言って、紅緒に告白しました。

 

紅緒は自分の気持ちを正直に伝えることができず、忍が帰ってくるまで気持ちを胸に秘めておくことにしました。

忍は軍曹の鬼島森吾と知り合い、交流を深めていきましたが、雪の降る前線へ送られた忍の部隊は敵の部隊に囲まれ、鬼島は何とか脱出したのですが忍はそのまま行方不明になりました。

忍が戦死したことを知り、紅緒は気持ちを伝えられなかったことを後悔する

その後、紅緒に戦死が伝えられ、忍に気持ちを伝えられなかったことを後悔しました。

紅緒は忍の頼み通り、伊集院家を守る決意を固めたのですが、没落貴族の伊集院家は財産などなく、忍の祖父母は生活習慣を中々改められないことから、紅緒は生活費を稼ぐために働きに出ることにしました。

 

やがて吉次から小さな出版社を紹介してもらった紅緒は、女嫌いの編集長青江冬星に認められ、早速働くことになりました。

青江は何故か、紅緒だけには拒否反応を示すことはありませんでした。

1920年7月、満州国で日本軍の警備する村を馬賊が襲撃する事件が発生しました。

 

馬賊の首領が小倉師団配属の将校にして、シベリア前線の脱走兵だったという話が舞い込んできます。

紅緒はもしかしたら忍はまだ生きれいるのではないかと希望を抱き、青江の計らいで出張という名目で満州国に渡りました。

ハルピンにたどり着いた紅緒は、忍に瓜二つの人物がロシア人の女性と一緒に歩いている光景を目の当たりにしました。

映画ライタータイリュウの一言

戦死したということで、自分の気持ちを伝えられず、ずっと後悔してきた紅緒の悲しい気持ちが伝わってきました。

忍が生きているかもしれないと知り、居てもたってもいられなかった紅緒の気持ちも分かったし、ハルピンでロシア人の女性と一緒に歩いている光景を見てどう思ったのかを想像すると、泣きそうになりました。

自分が思っている事、伝えたい気持ちはすぐに相手に伝えることが大切だと思いました。

明日言おう、帰ってきたら言おうと思っていると後悔してしまうこともあると思うので、大切な言葉は恥ずかしくても言葉にして伝えたいと思いました。

コメント