「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のあらすじ

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」は、2018年に公開された映画です。

前回の事件から3年の月日が流れ、ジュラシック・ワールドにあったイスラ・ヌブラル島は、火山が活動し始めていました。

島に残った恐竜たちが危機にさらされており、恐竜たちの運命が人間に委ねられ、絶滅危惧種として保護するか、見殺しにするかの判断を下すことになります。

主な出演者

監督:フアン・アントニオ・バヨナ 出演:クリス・プラット(オーウェン・グレイディ)、ブライス・タラス・ハワード(クレア・ディアリング)、レイフ・スポール(イーライ・ミルズ)、ジャスティス・スミス(フランクリン・ウェブ)、 ダニエラ・ピネダ(ジア・ロドリゲス)、ジェームズ・クロムウェル(ベンジャミン・ロックウッド)、トビー・ジョーンズ(エヴァーソル)、テッド・レヴィン(ケン・うぃーとりー)、ジェフ・ゴールドブラム(イアン・マルコム)、B・D・ウォン(ウー博士)ほか

特別委員会で恐竜を保護すべきか検討

イスラ・ヌブラル島にある恐竜をテーマにしたジュラシックワールドが閉鎖され3年が経った頃、人間たちから解放された島では、火山活動が活発になっていました。

島に残った恐竜を巡り上院の特別委員会が開かれ、恐竜を絶滅危惧種として保護すべきか検討されていました。

 

この委員会で意見を求められた学者のイアンは、以前ジュラシックパークに関わっており、人間が手を出すべきではないと述べ、上院はこれを了承しました。

かつてジュラシックワールドの主任だったクレアは、恐竜保護団体を組識し、大噴火が迫る島から恐竜たちを救い出そうと動き出しました。

クレアはジュラシックワールドを建設したジョンのパートナーである、ベンジャミン・ロックウッドの元を訪れます。

ミルズからの依頼で恐竜を保護することになったクレア

ベンジャミン・ロックウッドは彼の孫娘であるメイジーと同居しており、クレアはロックウッド財団のミルズに、恐竜を保護するのには充分に広い土地を持っていると明かされました。

島の施設のシステムにアクセスできるクレアは、恐竜救出の委託を受けました。

ミルズから保護の依頼された恐竜の種類は11種類で、特にヴェロキラプトルのブルーを救出したいと言われてしまいます。

 

しかし、ブルーはとても凶暴で、この恐竜を扱えるのはこの世でたった1人、オーウェンだけでした。

クレアはDPGで情報分析しているフランクリン、古代生物の獣医であるジア、オーウェンと一緒にイスラ・ヌブラル島を訪れました。

島に到着するとミルズから派遣されたウィートリーが警護につき、すぐに調査を開始しました。

既に島では、小規模の噴火が至る所で起こっていました。

ミルズは捕獲した恐竜を競売にかけて金儲けを企んでいた

オーウェンはブルーの動きを察知して、1人で対面しに行きました。

すっかり野生に戻っていたブルーでしたが、オーウェンの誘導によって記憶を取り戻し始めます。

その時、一発の銃声が聞こえてブルーが倒れてしまいました。

ウィートリーとミルズは恐竜保護という名目で恐竜を捕獲し、闇で恐竜を競売にかけて儲けようと企んでいました。

 

瀕死のブルーを世話するためにジアが捕まり、多くの恐竜たちと共に大型船に乗せられました。

火山の大噴火が迫る中、クレアとオーウェン、フランクリンは船に乗り込み、身を潜めることにします。

その頃、大型船は港に到着し、恐竜たちが運ばれたのはロックウッド邸で、この場所でオークションが開かれることになりました。

 

ロックウッド邸には製薬会社や武器商人、石油王などが世界から招かれ、セレブたちが集まったことでオークションに出品された恐竜たちに、次々と高値がついていきました。

特に最も凶暴な2体を掛け合わせたインドラプトルは、試作品にも関わらず数千万ドルの高値で落札されようとしていました。

ケガから回復したブルーがインドラプトルと対決

一方のオーウェンとクレアはオークションを阻止するため、ロックウッド邸の屋敷へ忍び込んだのですが、見つかってしまい牢屋に閉じ込められてしまいます。

オーウェンが小型の恐竜を手懐けたことで牢屋の壁を壊し、牢屋から脱出することに成功しました。

その後、オーウェンはその小型の恐竜をオークション会場で放ち、闇オークションをぶち壊すことができました。

 

メイジーは最愛の祖父がミルズに殺されたことを知り、さらにミルズより祖父が亡くなった娘の代わりに、娘のクローンとして作られたのがメイジーだと衝撃の事実を聞かされます。

逃げ出したインドラプトルは暴走し、メイジーを狙って屋敷中を追ってきました。

オーウェンとクレアもこれに対抗したのですが、知識が高く凶暴なインドラプトルと倒すことはできません。

そこへケガから回復したブルーが現れ、オーウェンたちを救うかのようにブルーはインドラプトルと戦いました。

 

ブルーは見事、ガラス屋根からインドラプトルを突き落とします。

その頃、屋敷の地下牢では有毒ガスが充満して、いつ大爆発を起こしてもおかしくない状態に陥りました。

閉じ込められた恐竜たちが危機にさらされ、ゲージを開けて外に逃がすか、そのまま見殺しにするかが問われました。

オーウェンはゲージを開けたら、恐竜たちは街に放たれて大変なことになるとクレアに伝え、クレアは開閉ボタンから手を放します。

 

しかし、メイジーによってゲージが開いてしまい、「私と同じようにどんな命でも生きる権利がある」という彼女の言葉に、彼らは立ち尽くすことしかできませんです。

恐竜たちは人間の世界へ放たれ、逃げていたミルズは恐竜の餌食となりました。

オーウェンはそっと近づいてきたブルーに、「一緒に行こう」と声をかけたのですが、ブルーは街へと消えていきました。

映画ライタータイリュウの一言

ジュラシックワールドは前回までのジュラシックパーク同様、人間の欲深さが描かれていて、欲深いものほど恐竜に襲われて亡くなる人が多いと思いました。

人間の欲は醜く、自分たちのエゴで恐竜を閉じ込め、ペット化させることは残酷だと思います。

コメント