「フレディVSジェイソン」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「フレディVSジェイソン」のあらすじ

「フレディVSジェイソン」は、エルム街の悪夢シリーズのフレディ・クルーガーと、13日の金曜日シリーズのジェイソン・ボーヒーズが共演するクロスオーバー作品です。

フレディの惨劇から10年、平和の訪れたエルム街、しかし再びフレディがエルム街に恐怖をもたらすために戻ってきました。

しかも、13日の金曜日のジェイソンを蘇らせてです。

主な出演者

監督:ロニー・ユー 出演者: フレディー・クルーガー (ロバート・イングランド)、ジェイソン・ボーヒーズ (ケン・カージンガー)、ローリー・キャンベル (モニカ・キーナ)、ウィル・ローリンズ (ジェイソン・リッター)、キーア (ケリー・ローランド)、ギブ (キャサリン・イザベル)ほか

エルム街に再び悪夢が訪れる

フレディ・クルーガーは、かつてのエルム街で連続殺人事件を起こしました。

幼い少女を狙って殺害したのですが、精神鑑定の結果無罪になります。

遺族は怒り、フレディは住居ごと生きたまま焼き殺されました。

しかしフレディの魂は残り、夢を利用して殺人を繰り返します。

ただフレディの力は夢の中だけで、現実世界に出てくると弱体化してしまいます。

しかも、フレディのことを知っている人の夢にしか操れないのです。

 

エルム街の人たちは、その子どもたちに緘口令を敷き、記憶にフレディが残らないようにしました。

そのためフレディの存在が封印され、彼は活躍の場を失います。

そこでフレディは、13日の金曜日のジェイソンを蘇らせることを思いつきました。

ジェイソンはナタを武器に、現実の世界で殺人を繰り返します。

ほぼ不死身で湖の底に沈められていますが、活動を停止するだけで生きています。

フレディはジェイソンの夢に入り込み、復活させました。

 

現在のエルム街1428番地には、ローリーが住んでいます。

その日も若者たちが集まり、パーティーを楽しんでいました。

しかしそのパーティーが悪夢の始まりだったのです。

まずトレイが、ジェイソンの鉈で殺されてしまいます。

事情聴取の過程でフレディのことを知ってしまうローリーですが、それが悪夢への始まりでした。

繰り返される殺人

ローリーは事情聴取の最中にうたた寝をしてしまい、早速悪夢を見ました。

目を潰された少女が、「フレディが戻ってくる。みんなに伝えてあげて」と言うのです。

聴取を受けていた友人のブレイクも、玄関ポーチでうたた寝をしてしまい悪夢を見ます。

目覚めると、ブレイクの父親はジェイソンに殺されていました。

直後ブレイクも殺されてしまいます。

 

ローリーの恋人ウィルはローリーの父親キャンベルが母親を殺害していることを目撃してしまい、その事実を隠すために、キャンベルが病院長を務める精神病院に強制入院させられてしまいます。

兄を殺されたマークはフレディのことを知っているため、精神病院に入れられていました。

しかしローリーの家で起きた殺人事件をニュースで知ったウィルは、病院を抜け出します。

翌日、ローリーはトレイに続き、ブレイクとブレイクの父親も殺害されたことを知るのです。

そして警察は、犯人はブレイクだと思っています。

2人の殺人鬼の存在

その夜、トウモロコシ畑の真ん中で若者たちが集まり、パーティーを開いていました。

名前が広まったことにより力を取り戻したフレディは、ギブを殺すことを計画します。

しかしジェイソンに先を越されてしまうのです。

さらにパーティー会場で派手に暴れ、若者たちを惨殺しました。

復活を果たしたフレディは不安を募らせます。

何故ならそこは、ジェイソンの独断場だったからです。

 

殺人を繰り返すことで力を蓄えるフレディは、先にジェイソンに殺されてしまっては、力を蓄えることができないのです。

なんとかパーティー会場を抜け出したローリーは、疑問を持ちます。

夢で見た人物とジェイソンが違うからです。

ローリーは、この殺人事件について仲間で集まって話し合っていました。

そこへスタッブス刑事が現れ、ジェイソンの話をします。

 

ローリーはフレディのことを知っていたので、今回の殺人事件は2人の殺人鬼が関わっていることに気がつきます。

ウィルが、病院ではヒプノシルという薬で夢も見ずに眠っていたというので、病院へ潜入することにしました。

しかしフレディが先にフリーバーグを操り、ヒプノシルを捨ててしまいました。

病院にジェイソンが現れ、また殺害を始めます。

これによってスタッブス刑事とフリーバーグが死亡してしまいました。

フレディVSジェイソン

もはやフレディはジェイソンが必要ではなくなりました。

そこでジェイソンの夢で戦うことにしました。

しかし不死身のジェイソンはなかなか死にません。

眠るジェイソンを利用しようと考えたローリーたちは、フレディとジェイソンを戦わせようと考えます。

ジェイソンのテリトリーであるクリスタルレイクに、ジェイソンを連れて行きました。

 

ローリーが囮になり、夢の中でフレディをつかまえる作戦でした。

しかしフレディの夢に捕まり手こずります。

そしてそこで真実を知るのです。

ウィルから、ローリーの父親が母親を殺したと聞いていたのですが、本当はフレディが母親を殺していたのです。

その時ローリーの夢にフレディが移動したため、ジェイソンが目覚めました。

そしてみんなを襲い始めます。

 

その時ローリーが目覚めます。

ローリーが目覚めたことで、フレディも現実世界に戻ってきました。

現実世界ではフレディは弱いのです。

ローリーはガソリンを巻いてプロパンを爆発させ、ジェイソンとフレディは爆発炎上して吹き飛ばされました。

しかし死んだと思っていたフレディが、また現れます。

背後からジェイソンがフレディの胸を刺し、ローリーが首をはねました。

そしてジェイソンは湖に落ちていきました。

映画ライターkokoの一言

人気映画の「エルム街の悪夢」と「13日の金曜日」が夢の競演をした「フレディVSジェイソン」は、人気の殺人鬼同士なのでガチャガチャになるのかと思いましたが、予想外に面白かったというか楽しめました。

予備知識がなくても、一通りの説明はあるので初見でも大丈夫です。

コメント