「ぼくらの7日間戦争」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ぼくらの7日間戦争」のあらすじ

「ぼくらの7日間戦争」は2019年に公開された映画で、宗田理のベストセラー小説をアニメ映画化した作品となっています。

この作品は実写映画化され、舞台は1988年から約30年後の2020年の現在に置き換えて制作されています。

歴史の本に毎日没頭していた鈴原守は、幼なじみの千代野綾に好意を持っています。

ある日隣に住んでいた綾が親の都合で東京に引っ越すことになり、誕生日まで大人に見つからない場所に逃げようと提案しました。

主な出演者

監督:村野佑太 声の出演:北村匠海(鈴原守)、芳根京子(千代野綾)、宮沢りえ(玉すだれさん/中山ひとみ)、潘めぐみ(山咲香織)、鈴木達央(緒形壮馬)、大塚剛央(本庄博人)、道井悠(阿久津紗希)、小市眞琴(マレット)、櫻井孝宏(本多政彦)ほか

綾の希望により、友人を交えバースデーキャンプをする

高校2年生になった鈴原守は、1人で本を読むのが好きな内気な性格でした。

守は隣の家人でいる千代野綾に密かに思いを抱いていたのですが、なかなか気持ちを打ち明けられずにいました。

そんなある日、綾は地元の有力者である父の都合で東京に引っ越すことになり、綾は父と折り合いが悪かったことから、守は意を決して綾に大人たちに見つからない場所へ逃げようと言いました。

守は綾と駆け落ちするつもりだったのですが、綾は友人たちとみんなで過ごそうと提案してきました。

 

誕生日を地元で迎えたいという綾のため、1週間後の誕生日まで大人たちから身を隠すため、守と綾、綾の親友の山咲香織と緒形壮馬、阿久津紗希と本庄博人の6人でバースデーキャンプを開くことにしました。

この日は元々綾が引越しする予定だったのですが、守たちは閉山された鉱山跡の石炭工場を潜伏場所に決め、掃除も兼ねて工場内を探検します。

その日の夜、香織と共に荷物置き場に荷物を取りに行くことになった守は、彼女に綾のことが好きだと見抜かれてしまいます。

バースデーキャンプでマレットと出会い、工場内に閉じ込められる

香織からは「あの子を泣かせたら私が絶対許さない」と告げられました。

2人が荷物置き場に到着すると、そこは何者かに荒らされていました。

守たちは工事内でマレットという対人の少年が大人たちに追われているところに遭遇し、マレットは守たちに助けられます。

 

マレットは昨年、両親と共に来日したものの不法滞在とみなされ、両親と引き離されてしまったそうです。

自らも入国管理局に追われる身となりながらも、以前住んでいたアパートに両親が探しにくるかもしれないと信じて、アパートの見える高台の工場から見張っていたと話しました。

トラブルに巻き込まれるのを嫌がった博人は、キャンプを抜けようとしたのですが、工場の出入り口は入国管理局の人たちによって封鎖されてしまったため、守たちは工場内に閉じ込められてしまいました。

 

読書好きの歴史マニアである守は、大挙してきた入国管理局の人間たちを上手く追い払うことに成功し、歴史マニアが集うチャットグループで知り合った、タイ人の玉すだれさんと名乗る女性にマレットの件で協力してもらうことにします。

その後、綾の父は彼女が石炭工場にいることを突き止め、建設会社の社長である香織の父と社員たちを引き連れ、工場に乗り込んできました。

守は先手を打ち、入国管理局の人間たちを追い返した動画をネットにアップします。

綾に好きな人がいるかを問いただした守

工場には、動画を見たたくさんの野次馬たちが押し掛け、綾の父たちは一時撤退するしかありませんでした。

ある日、守が玉すだれさんにマレットの件で連絡を取り合っていたとき、玉すだれさんは守が綾のことを好きなことに気づきました。

玉すだれさんは綾に思い切って告白すべきだと言われ、守は綾に好きな人がいるかを尋ねます。

綾は守の問いかけに対し「いるよ」と答え、「好きになったら迷惑をかけてしまう人だから、今の関係が壊れるくらいなら、自分の気持ちに嘘をついていたい」と言いました。

 

自分ではないと悟った守は落胆し、綾のために買ったプレゼントを投げ捨てました。

一方で綾の父は、秘書である本多政彦から工場の地下に無数に張り巡らされた坑道があると報告を受け、香織の父たちに坑道を通って工場内に突入するように命じます。

本多や香織の父たちは、坑道内は落石によって道が塞がってしまっているところが多く、危険だと反対したのですが、聞く耳を持たなかった綾の父は独断で作戦を決行しました。

 

香織の父たちは工場の内部に続くエレベーターを見つけると、そのエレベーターに乗り込みました。

一方の守とマレットはもう1つのエレベーターに乗り込み、途中で香織の父たちとすれ違ってしまいます。

香織はエレベーターの操作部に残り、綾たちを逃がしたのでした。

綾から香織を助けてほしいと言われた守は、彼らを上手くかわしてエレベーターに残り込み、香織を助けました。

守たちは上空で綾の誕生日を祝った

綾の父の秘書である本多は、香織の父の証言を元に守たちの素性を特定し、綾以外全員の情報を写真付きでネットに流しました。

守たちの情報は瞬く間に広がり、友人でも知らなかった秘密まで暴露されてしまいます。

守たちは突入してきた大人たちに消火器で応戦し、大雨のおかげもあり大人たちを追い払うことに成功しました。

 

しかし、秘密を暴露された友人たちは疑心暗鬼となり、感情を爆発させて仲間割れを起こしてしまいました。

守はこれまで自分自身に嘘をつき続けてきたことを明かし、綾に告白します。

告白された綾は自分が同性愛者であることを明かし、香織が好きだと打ち明けました。

これをきっかけに仲間たちは胸に秘めていた思いを話し合い、わだかまりを解いていきました。

すると玉すだれさんから連絡が入り、マレットの両親が見つかったことや、明日の朝守たちのもとに両親を連れて行くと連絡を受けました。

 

綾の父たちは再度守たちの前に姿を現したのですが、大人たちから逃げ切った守たちは上空で綾の誕生日を祝いました。

夜が明け、玉すだれさんとの待合場所に降り立った守たちは、マレットと両親を引き合わせます。

綾は「東京に行っても、守君にもらったものは忘れない。これからはお父さんとも逃げずに向き合える」と守に感謝を伝えました。

映画ライタータイリュウの一言

ぼくらの7日間戦争を通し、仲間の大事さを感じることが出来ました。

大切な人たちを守りたい、綾の願いをかなえてあげたいという守の思いがヒシヒシと伝わり、ストーリー性などの構成も良かったと思いました。

コメント